目標を設定する|看護師転職お役立ちガイド | 看護師の求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】≪公式≫

サイト内の現在位置

目標設定の仕方や履歴書・職歴所の書き方、面接の質問集に円満退社の秘訣など、転職活動を成功させるために大切なポイントを、ステップに沿ってお伝えします。

看護師の転職の目的や方法にはどんなものがある?

転職活動を進めるにあたって、最初に明確にしておきたいのは「なぜ転職をするのか」という「目的」です。目的があやふやでは、転職先を絞り込むことも、面接で効果的な自己アピールをすることもできません。

また、「どうやって転職活動をするのか」という「方法」を知っておくことも大切です。特に、初めての転職活動では、「転職活動とはどうやって進めていくものなのか」「最初に何をすればいいのか」という取っ掛かりからしてわからないというケースが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職活動に際して、最初に考えておきたい「目的」や「方法」から活動の具体的な進め方、気を付けるべき点まで、失敗しない転職準備のすべてをご紹介します。

目次

最初は誰でも、漠然とした悩みから転職を考えるもの

転職は、「今よりもいい環境」を求めてするものです。何をもって「今よりいい」とするかは人それぞれですが、看護師の転職のきっかけになりやすい悩みをいくつか挙げてみましょう。

・夜勤あり休日出勤ありの勤務で、体調を維持できない
・一人あたりの仕事量が多い上、人数が少ないので休みが取りにくく、体力が持ちそうにない
・患者さんの命を預かっているという緊張感で精神的に追い込まれている
・勉強会や委員会が多く、プライベートな時間が削られる
・結婚を視野に入れたキャリアが描けない
・残業や夜勤が多く、育児と両立できない
・人間関係がうまくいかない

もちろん、悩みではなく「キャリアアップしたい」という思いをきっかけに転職を考える人もいますが、転職市場にはそれほど多くありません。スキルを磨いて指導的な立場をめざしたり、専門看護師・認定看護師としてスペシャリストをめざしたりといった一般的なキャリアプランであれば、ひとつの病院に勤め続けていたほうが実現しやすいからです。あるとすれば、「より専門的な看護スキルを身に付けたいから、希望する診療科に特化している病院やクリニックへ転職する」というパターンですが、こうしたケースでは「自分が何に悩み、どうしたいのか」が最初からはっきりしているため、スムーズに準備に移ることができるでしょう。

ところが、実際には、最初に「転職しようかな」という思いが頭をよぎった段階で、ここまではっきりとした言葉で自分の悩みを把握している人は多くありません。「毎日疲れ果ててしまって、このまま仕事を続けていくことはできそうにない」「上司と部下の板挟みで、もう限界」といったように、もっと漠然とした「しんどさ」から転職を考えている人がほとんどでしょう。

転職によって「変えたい部分」と「変えたくない部分」を見つけよう

「しんどさ」の理由を突き詰めて考えると、先ほど挙げたように「生活リズムが乱れてしんどい」のか、「患者さんの命を預かっているという重みがしんどい」のか、はたまた「上司や同僚との関わりがしんどい」のかというように、悩みの輪郭がはっきりしてきます。つまり、「転職によって何を変えたいか」が見えてくるということです。

ここで注意したいのは、必ず「転職しても変えたくない部分」についても考えるということです。今の職場では苦痛しか感じていないという人も、看護師という仕事にはやりがいとプライドを持って取り組んでいるのではないでしょうか。ネガティブな感情だけで転職活動をすると、「とにかく今の職場でなければいい」といった妥協につながり、転職しても満足感を得られず、何度も転職を繰り返すことになりかねません。「変えたい部分」と「変えたくない部分」を天秤にかけながら、バランスを探っていきましょう。

たとえば、「患者さんの命を預かるきびしさにはやりがいを感じているけれど、夜勤は避けたい」という場合は、訪問看護などへのキャリアチェンジを視野に入れてみるといいかもしれません。「給料の水準を維持するために病院で勤務し続けたいが、勉強会などに時間を取られたくない」という場合は、勉強会や委員会が比較的少ない慢性期の病院へ転職するのもひとつの手です。

転職活動を始める前に知っておきたいこと

転職の「目的」が明確になったら、いよいよ行動です。活動に入るまえに知っておきたい基礎知識についてご紹介します。

活動に必要な期間

看護師の転職活動期間は、準備を含めて3週間、長くて1カ月が目安です。

一般企業への転職では、情報収集からスタートして書類作成などの事前準備、複数回の面接を経て内定に至るまで、およそ3カ月といわれていますから、かなり短い期間といえるでしょう。看護師の場合、面接がほぼ1回のみで選考スピードも一般企業に比べて早いため、必然的に活動期間も短くなります。

また、このように早いサイクルで回る転職市場においては、求職者側もみずから「ここまでに決める」という期限をきっちり切って活動することが大切です。「もう少し待てば、もっと条件のいい求人が出てくるのでは」と考えて粘っても、理想の求人がいつ出てくるかは誰にもわかりません。

「このあいだ見た求人のほうが良かったな」と思ったときには募集が終了している、という繰り返しで、現職にダラダラと残り続けるのは避けたいところです。「100点満点の求人」を見つけるのは至難の業ですので、「良さそうだな」と思った求人には縁があると考え、スピーディーに応募することをおすすめします。

まずは、自分がいつまでに転職したいか、現在の職場の状況も踏まえて最適な時期を考え、活動開始のタイミングを見極めることから始めましょう。

書類作成前に必要な「キャリアの棚卸し」

転職活動では、自身の経験やスキルを相手に伝える書類選考や面接が合否を左右します。経験がある人ほど「あれもこれも伝えたい」と欲張ってしまいがちですが、志望先の病院やクリニックでは不要なスキルや求められていない経験をアピールしても逆効果です。

そこで必要なのが、「キャリアの棚卸し」です。キャリアの棚卸しとは、志望先の評価につながるアピールポイントをピックアップするために、これまで携わってきたすべての仕事の内容とそこで得た知識を洗い出すことです。看護師になり立てのころから、順を追って整理していきましょう。

具体的に整理すべき項目は以下のとおりです。

・看護師になるために通った大学や専門学校で何を学んだか
・看護師をめざした理由、看護師になったときの心境
・これまでの勤務先と配属先/勤務先の規模/おおよその患者数/人員構成
・担当していた仕事の内容
・勤務先での役割
・実績と、それに対する周囲からの評価
・これまでの仕事を通じて得たスキル
・取得した資格

キャリアの棚卸しを通じて自分の強みと今回の転職におけるアピールポイントを把握したら、あとは自己PR欄に効果的に盛り込むだけです。

ただし、看護師の転職における応募書類は、履歴書のみのケースがほとんどで、PRに使えるのはほんの4、5行分のスペースしかありません。書類上では「なぜ転職したいか」「なぜその病院、またはクリニックなのか」という2点にしぼって強みを盛り込みましょう。具体的な経験やスキルなどは、面接に進んでから伝えるのがベストです。

自分に合った転職活動の方法を見つける

(1)知人や先輩、元同僚などに紹介してもらう
知人や先輩、元同僚などに紹介してもらう場合の最大のメリットは、求人情報には記載されていないリアルな情報を基に判断できるということです。
「病院よりはクリニックのほうが楽そう」といった一般的な感覚やイメージで転職先の候補を絞り込むのは危険ですが、身近で信頼できる人からの情報なら安心でしょう。
なお、知人からの紹介は望まないという場合も、めざす方向性に合致する職場で働いている人に「現場だからこそわかるメリットやデメリット」を聞いておくと転職活動に役立ちます。

(2)ハローワークやナースセンターを利用する
ハローワークは国が設置している行政機関、ナースセンターは日本看護協会や都道府県の看護協会が運営している職業紹介事業ですから、それらを利用すると安心感があります。デメリットは、閲覧できるのが最低限の情報に限られること。職場の人間関係や勤務状況といった具体的な情報を得ることはできないので、自分で調べなくてはなりません。

(3)転職支援サービスを利用する
転職エージェントのキャリアアドバイザーが転職希望者にカウンセリングを行い、その人にとって最適な求人を紹介してくれるのが転職支援サービスです。中でも、看護師に特化した転職支援サービスは情報量が豊富で、病院の内情にも通じています。「自分に合った職場で働きたい」という漠然とした希望に対しても、丁寧なヒアリングで適性を見極め、転職先を紹介します。また、スケジュール管理や応募書類の添削、面接のサポートといったサービスを提供していますので、転職初心者にはぴったりの方法といえます。

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご登録ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

マイナビ看護師 公式SNSアカウント