サイト内の現在位置
美容クリニックまるわかりガイドのバナー

美容クリニックへの転職を考えている看護師のみなさんに、人気の美容クリニックの採用情報をお届けします。仕事内容ややりがい、現場の雰囲気など、求人情報だけではわからない業界の魅力を余すところなくお届けします!

美容クリニックとは

美容クリニックとは、いわゆる整形手術やレーザー脱毛といった美容医療を専門とする医療機関のことです。「美容クリニック」のほかにも、「美容外科」「美容皮膚科」「ビューティークリニック」などの名称を掲げていることもあります。エステティックサロンも美容を目的としたサービスを提供していますが、美容クリニックと違って医療行為を行うことはできません。

美容クリニックでは、美の追求を通して利用者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を向上させるという目的のため、基本的に自由診療を提供しています。来院した人を「患者さん」ではなく「お客様」と呼ぶなど、病気やけがを治療する一般的な病院と比べて、よりサービス業としての側面が強いことが特徴のひとつです。

美容皮膚科と美容外科の違いは?

美容クリニックは「美容皮膚科」と「美容外科」の2つに大きく分けることができます。

  • 美容皮膚科
  • 美容外科
  • 美容皮膚科では、主にレーザー照射による脱毛や肌質改善(シミ取りなど)、ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなどの注入治療によるシワ・たるみ改善の治療を提供します。レーザー照射は看護師が行うことが多く、お客様と話をする時間も長いため、「自分が施術を担当している」という実感を強く持つことができます。

  • 美容外科では、二重まぶたの整形手術、豊胸手術、脂肪吸引など、外科的な手術を行います。手術における介助業務などで、看護師にも高いスキルが求められるでしょう。

全国展開とエリア限定による違いは?

  • 全国展開
  • エリア限定
  • 全国展開するような大規模クリニックでは、業務内容や教育制度がある程度マニュアル化されているケースが多く、安定した施術を提供しやすい傾向にあります。また、店舗数が多いだけに管理職のポストも豊富で、キャリアアップしやすいという特徴もあります。

  • エリア限定の場合は中小規模のクリニックが多く、経営者でもある院長の方針により、その個性もさまざまです。規模が小さいだけにサービス内容が限定されることもありますが、高い技術を持つ医師がいれば遠方から多くの人が訪れることも珍しくありません。

美容クリニックの仕事内容

お客様に寄り添う仕事

美容クリニックでは、施術前から施術後にいたるまで、さまざまな場面で看護師が活躍しています。施術前には、どのような変化をお客様が求めているか的確に把握するため、カウンセリングを行います。施術には、レーザー照射のように看護師が中心となって行うものと、手術のように医師が主体となり、看護師はその介助を担当するものがあります。

いずれにしても、お客様の不安な気持ちに寄り添うと同時に、医療従事者としての知識や技術が要求されることは間違いありません。施術後にはダウンタイムがあるケースが多いため、その間にもトラブルが起こっていないか注意しつつ経過観察します。どの場面でも共通して、サービス業としての高い接遇スキルが求められることも覚えておきましょう。

クリニックの脱毛について

美容クリニックで行う脱毛は、主に「医療レーザー脱毛」と「電気針脱毛」があります。これらは医療行為となるため、資格を持たないエステサロンや脱毛サロンなどのスタッフ、都道府県知事発行の免許を有する「准看護師」は施術を行うことができず、国家資格を有する医師または看護師のみが行えます。
次々と導入される最新型の脱毛機器の取り扱いに関し、日々の学習は欠かせません。安全なサービスを患者さんへ提供するため、多くのクリニックでは研修や勉強会などを行っています。

美容クリニック専任のキャリアアドバイザーに聞きました

プロフィール

マイナビ看護師 美容クリニック専任キャリアアドバイザー

私は美容業界一筋のキャリアアドバイザーとして経験を積んできました。不安なことや気になることは何でも質問してください。美容クリニックは、働きながら自分もきれいになれるうえ、「お客様満足」という存分に発揮できるすばらしい職場です。美を通してお客様のQOLを向上させることには大きな可能性があり、医療従事者としてやりがいを感じられるフィールドではないでしょうか。

  • 美容クリニックの待遇は病院とどう違う?
  • 夜勤・残業が少なく給与水準が高めです
    夜勤がなく残業も少なめである一方、給与水準が高いことが特徴です。一般的な病院から転職後、年収が100~150万円程度アップしたという看護師も少なくありません。土日祝日は出勤になることが多いですが、週休2~3日をキープできるクリニックが多いでしょう。
  • どんな面接対策が必要になる?
  • 表情や言葉づかいに気をつけましょう
    「想定される質問への回答を準備しておく」といった一般的な面接対策に加え、接遇面も意識しておきましょう。採用担当者は「この人にお客様対応を任せられるか」という目線であなたを見ています。美容クリニックのスタッフらしい言葉づかいや笑顔が自然にできるよう、事前の練習が必須です。
  • どのようにキャリアアップできる?
  • 役職に就き、給料アップの可能性も!
    病院では、キャリアアップが給料アップにつながりにくい反面、美容クリニックでは手当に大きく差がでることがあります。 現場で看護師としてキャリアを積むことに加え、主任や教育担当、ゼネラルマネージャーといった役職に就ける可能性があります。店舗数の多いクリニックであれば、それだけ役職の数も多く、チャンスに恵まれる機会が増えるでしょう。また、美容クリニックで勤務した経験を生かして、一般的な病院へ転職することも可能です。
  • 営業的なノルマは存在する?
  • ほとんどのクリニックでノルマはありません
    クリニックの考え方にもよりますが、看護師個人にノルマを課すケースはほとんどありません。お客様への提案は医師やカウンセラーなどが行い、それに関する説明の補助を看護師が担うことが多いようです。ただし、クリニック全体としての目標は設定されていることが普通で、一般的な病院よりは「売上」を強く意識することになるでしょう。
  • 看護師としてのスキルは身に付く?
  • スキルアップは十分可能です!
    美容皮膚科と美容外科でも異なりますが、看護師が主体となって施術を担当することも多く、そのフォローや生活指導を含めて看護師としてのスキルアップも十分に可能です。美容医療の世界では新しい技術や機器が開発されるスピードが速く、それをキャッチアップするために日々の学習が欠かせません。
2年連続認知度
マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する
看護師専用ダイヤル 携帯・PHS OK フリーダイヤル 0120-838-153 平日9時半から20時半 土曜9時半から17時半(日曜・祝日を除く)
お電話でのお問い合わせ例