失敗しない準備|看護師転職お役立ちガイド | 看護師の求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】≪公式≫

サイト内の現在位置

目標設定の仕方や履歴書・職歴所の書き方、面接の質問集に円満退社の秘訣など、転職活動を成功させるために大切なポイントを、ステップに沿ってお伝えします。

看護師転職の面接対策・退職理由~面接で失敗しないための準備とは?

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。
履歴書のみで書類選考を行うことが多い看護師の転職において、これまでの経験や強みを直接伝え、人間性を知ってもらえる面接は、他者との差別化を図る絶好の機会です。「スキルは多少不足していたけど、コミュニケーション能力が高かった」「経験だけならほかの人より劣るが、会ってみたら明るくて意欲にあふれていた」というように、面接の印象が合否を左右することも珍しくありません。

ここでは、面接で失敗しないためにできる事前準備についてご紹介します。

目次

採用担当者が面接で見ているポイントとは?

面接は就職時以来だという人や、高校を卒業してそのまま附属の病院で働き始めたので面接の経験がない、という人にとって、転職活動の面接はわからないことだらけかもしれません。何を話していいのかわからないし、うまく答えられる自信もないという人も多いのではないでしょうか。

不安な気持ちを取り除くには、事前の準備と対策が重要。ここからは、採用担当者が面接で見ているポイントをご紹介します。

ポイント1 身だしなみ

患者さんと接することが多く、職場によっては命を預かることもある看護師という職業柄、髪型や服装などは常識的で清潔感があることが重要です。「通勤はいつも気楽な服装だから」と、私服で面接に行くのは絶対にNG。たとえ夜勤明けで急いでいても、髪はブラッシングして長ければ束ね、身支度を整えてから出掛けましょう。

服装は、企業や大学病院、総合病院であればスーツが基本です。介護施設やクリニックなどでは必ずしもスーツでなくてもいいケースもありますが、襟のついた白シャツに落ち着いたトーンのカーディガンなど、できるだけフォーマルに近い服装を心掛けましょう。

メイクに関しては、TPOを考えると厚化粧はふさわしくありませんが、ノーメイクもおすすめできません。ナチュラルメイクがベストです。

ポイント2 目を合わせて話ができているか

緊張すると、どうしてもおどおどと落ち着きがなくなり、相手の目を見られなくなってしまう人は少なくありません。照れ屋で、人と目を合わせるのが苦手という人もいますが、面接の基本は「面接官と目を合わせて話すこと」です。

下を向いたり、目線をそらしたりして話す人からは自信が伝わってきません。面接官も、「患者さんと話すときもこんな感じかな?」「ドクターや同僚ときちんと話ができるかな?」と不安に思うでしょう。

「緊張する場合や、あまりじっと見つめると失礼かなと思う場合は、ネクタイの結び目あたりを見るといい」というアドバイスも散見されますが、実際にはあまりおすすめできない方法です。熱意を持って見つめてくれる人を嫌だと思う面接官はいませんから、しっかり目を見て話すようにしましょう。面接官が複数人いる場合は、質問を投げかけてくれた面接官に視線を向けて返答することが大切です。

ポイント3 受け応えがはっきりしているか

入室してきたときの雰囲気や挨拶、椅子をすすめられたときの返事や対応は、転職希望者の印象に大きく影響します。下を向いて入室してきたり、聞かれたことにボソボソと覇気のない返答をしたりすると、「暗い」「コミュニケーション能力がなさそう」というマイナスイメージが面接官にインプットされてしまいます。コミュニケーション能力を重視する病院は非常に多いので、緊張していても思い切って顔を上げ、笑顔でハキハキと対応しましょう。

また、初めて面接を経験するという人の中には、ふさわしい言葉遣いがわからないという人がいるかもしれません。面接では、面接官の役職にかかわらず最大限の敬意を表し、敬語で丁寧に話さなくてはなりません。気が置けない上司や同僚に対するときのような、フレンドリーな口調も控えましょう。

さまざまな場面を想定した事前準備がマスト

面接は、希望どおりの転職を実現するための1回きりのチャンスです。身だしなみを含む第一印象や言葉遣いといった「面接以前の部分」でマイナスにならないよう、他人に評価されることを念頭に置いて準備しましょう。

想定質問をいくつか用意して、受け答えの練習をしておくことも大切です。中でも志望動機、退職理由、どんな経験をしてきたか、なぜその病院なのか、志望する病院の印象にずれはないかといった質問に対する回答は丁寧に組み立て、納得いくまで練り直して自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

それでも、「自分で考えた退職理由や志望動機に不安がある」「とても緊張しやすいので、面接できちんと話せる自信がない」という場合は、転職エージェントのサポートを検討してみましょう。キャリアアドバイザーが、面接での回答に対するアドバイスや模擬面接のほか、当日は同行してくれることもあるので安心して面接に臨むことができます。

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご登録ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

マイナビ看護師 公式SNSアカウント