看護師の面接での逆質問は何を聞くべき?好印象を与える事例を紹介!|お役立ちガイド | 【マイナビ看護師】≪公式≫看護師の求人・転職・募集

STEP3面接対策をする

看護師の面接での逆質問は何を聞くべき?好印象を与える事例を紹介!

2021.08.03 2021.08.03

転職時、面接の終盤で「何か質問はありますか?」と逆質問をされることがよくあります。きちんと用意していなければ、慌ててしまったり相手に悪い印象を与えてしまったりする可能性もあるので、面接前に準備しておくことが大切です。

当記事では、看護師の面接で準備しておきたい逆質問の事例を紹介します。「これを質問すればOK」という具体例に加えて、面接時の逆質問に適さないNGの質問例を紹介しますので、しっかりと把握して、面接に備えましょう。

(目次)

1.面接終盤の「逆質問」を事前に用意

看護師の面接では、かなり高い確率で、「何か質問はありますか?」のような、逆質問をされます。準備もしていないと、何を聞いて良いかわからず慌てたり、しどろもどろになって印象を悪くさせたりする恐れもあるので、いつ逆質問を求められても良いように、事前に質問を用意しておきたいところです。

逆質問は、採用後どのように働くことになるのかというイメージを深めるのに役立ちます。質問の内容によっては、病院の雰囲気や働く環境がつかみやすくなるでしょう。また、さりげなく自分の強みや経験を質問に盛り込むことで、スキルのアピールにもつながります。研修や勉強会、入職前の準備といった内容の質問なら、熱意や意欲が表現できます。

このように面接における逆質問は、病院側・応募者側、両者の「思っていたのと違う…」というミスマッチを回避し、入職後の働き方や将来的なキャリアアップのイメージに有用です。

ここでは、どういった逆質問をするのが良いか、さらに具体的にご紹介します。

【おすすめの逆質問】1-1.入職までに勉強しておくことは?

逆質問とは、採用・内定をもらえて入職を想定したとき、実際にその病院で働くにあたって、どういった準備をしておくのが良いか尋ねる質問です。勉強熱心なところや働く意欲をアピールでき、「この病院で働くために努力しようとしている」ということが伝わります。

この質問は転職だけでなく、新卒面接の逆質問にもおすすめです。意欲や熱意のアピールできるのはもちろんですが、もし他の病院へ応募し入職することになったとしても、この逆質問の回答が自分自身のスキルアップに役立つこともあるでしょう。

また、この質問は、逆質問で何を聞けばいいかわからない場合の選択肢としてもおすすめです。

【おすすめの逆質問】1-2.平均年齢はどのくらいですか?

応募先の病院で働いている看護師の平均年齢を知ることで、入職後に一緒に働く同僚たちがどういった年代かがわかります。これによって、職場の雰囲気がある程度予想できるでしょう。

平均年齢が比較的高い病院の場合、先輩たちのサポートが受けられることが期待できるので、安心感を持って仕事に臨めます。しかしその一方で、自分の年齢と病院の平均年齢に差があると、コミュニケーションがやや心配な面もあるかもしれません。

逆に、平均年齢が低い病院では、長く勤めている人が少ないことや、新たな分野や部署、責任のある仕事に挑戦しやすい環境にありそうだと予想できます。

【おすすめの逆質問】1-3.経験年数はどのくらいですか?

看護師の平均年齢と同じように、応募先の病院で働く人々の経験年数、勤続年数への逆質問も職場環境を予想するのに役立ちます。

経験年数、勤続年数が長い看護師の多い病院では、仕事をするうえで不安や疑問があった場合にも先輩たちのサポートを受けられ、安心して仕事に臨めそうです。一方で、すでに病院内のコミュニティやグループが固まっていることも予想できるので、そこへ新たに入っていくのは少し大変かもしれません。

経験年数、勤続年数の短い看護師が多い病院は、業務上の不安な部分を誰に相談して良いかわからないこともあるでしょう。また、急に責任のある仕事を任せられることも考えられます。

【おすすめの逆質問】1-4.働いてる看護師の人数は何名ですか?

応募先の病院内で働く看護師の人数を逆質問するのも良いでしょう。一つの病棟で働く人数を知れば、病床の数やどのような看護方式なのかを伺い知ることができます。すでに病床数がわかっているのであれば、その病院の人手が十分足りているのか、それとも人手不足気味なのかがわかります。そうすると、入職後に任せられるであろう業務量や職場環境が予想可能です。そこから別の逆質問に広げて、さらに入職後のイメージを膨らませるのも良いでしょう。

ただし、病院のホームページで看護師の人数が掲載されている場合もあります。調べればわかることを逆質問すると印象が悪くなってしまうので、よく確認しておきましょう。

1-5.一日のスケジュールは?

応募先の病院で実際に働いている看護師の一日のスケジュールを質問するのもおすすめです。一日の具体的な流れを知ることで、入職後の働き方をイメージするのに役立ちます。実際に働いている人の出勤、退勤時間が確認できるため、どのくらい残業があるかの目安を知ることが可能です。逆質問で直接残業について聞くのが憚られるという場合には、この質問をしてさりげなく確認するようにしましょう。

応募者側と同様、病院側も入職後のミスマッチは避けたいと考えています。そのため、こういった質問で入職後の働き方を具体的にイメージしようとすることで好印象を与えられます。

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

転職・復職に悩んだら、
まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、理想の転職を叶えましょう!

【おすすめの逆質問】1-6.外部の研修会などへの参加はありますか?

外部の研修会についての質問は、応募先の病院が、看護師のスキルアップを重視しているかがわかります。

例えば、外部の研修会への参加が自由であっても、研修費用が自費であったり、休日を利用して個人で受けに行く必要があったりする場合には、その病院はあまり看護師のスキルアップに力を入れていない・協力的でないと判断できます。したがって、その応募先の病院では、スキルアップの点では少し不安が残るかもしれません。

また、この逆質問をすることで、スキルアップに対して意欲的であることがアピールできます。興味のある研修会があれば、「特定の分野について学びたい」と具体的に伝えてみるのも良いでしょう。

【おすすめの逆質問】1-7.院内勉強会はありますか?開催頻度は?

外部の研修会の他にも、院内での勉強会で看護師のスキルアップを目指す病院も少なくありません。院内勉強会ではどのようなことが学べるのか、どのくらいの頻度で開催されるのか具体的に知ることでも、看護師のスキルアップに協力的かどうかが判断できます。

加えて、業務外に勉強会が多数開催される場合、帰宅時間が遅くなったり、休日が少なくなったりするのではないかといったような不安を感じる人もいるでしょう。入職前の面接で院内勉強会の頻度や時間帯をあらかじめ確認しておけば、入職後に不満やギャップを感じることなく、自身のスキルアップのために時間を有効活用できそうです。

【おすすめの逆質問】1-8.未経験で入職されている方は何名ですか?

自身が未経験の診療科を希望する場合や、配属予定の診療科が未経験である場合に是非聞いておきたい逆質問です。未経験で入職するとなると、やはり不安はつきものです。応募先の病院で、過去に同じように未経験で入職した看護師がいれば、不安も少しは軽減できるのではないでしょうか。実際に働き出した後、困ったことがあった時に相談できるかもしれません。

また、未経験で入職した人が現在はどのくらい活躍しているのか、それとも離職してしまった人が多いのか、という点も非常に参考になるでしょう。新人看護師や新たに入職した看護師へのフォロー体制の厚さが判断できます。

【おすすめの逆質問】1-9.入職後に研修などはありますか?

応募先の病院の配属予定が未経験であってもそうでなくても、入職後の研修については確認しておきたいところです。研修制度が整えられている病院であれば、経験が浅く不安な場合でも、研修である程度不安を解消してから業務に臨めるため安心です。一緒に研修を受ける人たちが自分と同期の同僚になるので、仕事上で助け合ったり相談し合ったりする仲間を見つけるのは比較的容易になりそうです。

一方、特に研修などが設けられていない病院では、これまで培った知識や技術を活かせる職場になるでしょう。入職後は、自身のスキルが確認できるとともに、困ったときに助けを求められる関係性づくりにも気を配らなければいけません。

【おすすめの逆質問】1-10.看護業務以外で担当する仕事はありますか?

応募先が総合病院など比較的規模の大きな病院ではなく、クリニックや介護施設である場合には、看護師が看護業務以外の仕事を担当するケースもあります。したがって、クリニックや介護施設のような、それほど規模の大きくない施設への入職を希望する場合には、看護業務以外の仕事についても確認しておきましょう。

看護業務以外の仕事の例としては、例えば、掃除や、朝晩の解錠・施錠、薬のチェックや発注などです。看護業務のみのつもりで入職して、それ以外の仕事を任されると「思っていたのと違う…」というギャップが生まれてしまうので、逆質問で解消しておくと良いでしょう。

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

転職・復職に悩んだら、
まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、理想の転職を叶えましょう!

2.「逆質問」してはいけない3つのNGパターン

看護師として働くにあたって、入職前に疑問や不安を解消しておくのは、病院側・応募者側にとってミスマッチをなくすという点で重要です。とはいえ、逆質問の内容によっては、面接官に対してネガティブな印象を与えてしまうこともあります。

そうならないために、ここでは逆質問でしてはいけないNG質問を3つご紹介します。また、働くうえでどうしても確認しておきたい内容については、柔らかい表現に言い換えて質問するのがおすすめです。言い換え方も含めて確認してみましょう。

【NGパターン】2-1.調べればわかる内容、すでに説明を受けた内容についての質問

病院のホームページやパンフレットに記載されているような、調べればすぐにわかる内容の質問は避けましょう。このような質問をすると、「自ら志望して面接を受けに来ているのに、ちゃんと事前に調べていない」「それほど志望度が高くない」と思われかねません。また、同様に、面接中や院内の見学中に説明された内容を改めて質問するのもNGです。「説明したのにしっかりと話を聞いていなかったのだな」を悪い印象を与えてしまう可能性があります。

ホームページやパンフレットに記載されている内容や、一度説明を受けた内容に関して掘り下げて質問したい場合には、「ホームページでこのように書かれていましたが」「先ほどこのようにご説明いただきましたが」と前置きすることで、調べていない・聞いていないという誤解を生まずに質問できます。

【NGパターン】2-2.給与・残業・休暇など、待遇に関する質問

給与・残業・休暇など、待遇に関することは、働くにあたって確認しておきたい内容です。しかし、待遇面ばかりを質問すると、やはり面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。どうしても確認したいことについては、仕事内容や業務に関しての質問を一通りした後に質問するか、面接ではなく内定後に尋ねるのが良いでしょう。また、直接的な表現はできるだけ使わずに、柔らかい表現を心がけてください。逆質問の割合としては、仕事に関する内容7に対して、待遇やプライベートに関する内容3のバランスが無難です。

柔らかい表現の例としては、「みなさん大体何時ごろ出勤されていますか?」「何時くらいにお帰りになりますか?」、あるいは、「夜勤のシフトはどんな風になっていますか?月にどのくらい夜勤がありますか?」といった聞き方がおすすめです。

中には、待遇面の良さをアピールポイントにしている病院もあります。その場合は、ある程度待遇面について逆質問をするのも良いですが、質問のし過ぎにはやはり気を付けておくべきでしょう。

【NGパターン】2-3.「とくにありません」という回答

「何か質問はありますか?」と逆質問を求められて、「とくにありません」と回答するのは絶対にNGです。逆質問は、入職後のギャップや不安を軽減するためでもありますが、「ここで働きたい」という熱意や意欲をアピールするためのものでもあります。したがって、「とくにありません」と答えてしまうのは、あまり意欲がない、志望度が低いという印象を面接官に与えることにもなりかねません。逆質問は3つ程度は用意しておきたいところです。しかし、質問を用意していても、面接中の説明ですべてクリアになることもあるでしょう。そういった場合は、「詳しいご説明をしていただけたので、疑問に思っていたことはすべて解決しました」と伝えます。見学と面接がセットになっている場合などには、疑問に思ったことをメモしても構いません。ただし、「メモを取っても良いですか?」と伺ってからメモするようにしましょう。

3.まとめ 質問の仕方を少し変えて印象UP!

面接の終盤にある逆質問の目的は、応募者が入職するにあたっての疑問や不明点を明確にすることです。入職してから「聞いていた話と違う」というミスマッチを防ぐために、逆質問を活用してなるべく不明点をなくしておきましょう。ただし、質問の仕方によっては、ネガティブな印象を与えかねないので注意が必要です。マイナビ看護師などの人材紹介サービスを利用している場合、担当者に待遇面などの聞きにくい内容を質問しても問題ありません。マイナビ看護師を上手に活用して面接を乗り切りましょう。

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

転職・復職に悩んだら、
まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、理想の転職を叶えましょう!

記事をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE