看護師の面接の流れ~当日の流れを面接に行く前から確認!|お役立ちガイド | 【マイナビ看護師】≪公式≫看護師の求人・転職・募集

STEP3面接対策をする

看護師の面接の流れ~当日の流れを面接に行く前から確認!

2019.06.23 2021.08.05

転職活動の面接は、一般企業の場合には一次、二次、三次、役員面接、社長面接というように複数回あるのが普通です。一方で、看護師の転職の場合には複数の面接はなく、一回のみの場合がほとんど。貴重な一回の面接ですから、抜かりなく準備して応募先の病院に良い印象を与えなくてはいけません。そのためには、しっかりと面接の流れを把握しておきましょう。今回は、看護師の転職面接の流れと、面接に臨む心がまえをご紹介します。

1.面接に行く前の心がまえ

冒頭の通り、看護師の転職活動では面接はたったの一回であることがほとんどです。そのため、面接へ臨むときには以下の心がまえをしておくことが大事です。貴重な一回を無駄にしないためにも、事前にすべきことは抜かりなく準備し、万全の体制で面接当日を迎えられるようにしましょう。

面接前の心がまえとして、おさえておくべきポイントは以下の4つです。と言っても、以下4つは面接だけでなく、社会人として当たり前のことばかりです。あまり心配し過ぎず、「当たり前のことをきちんとする」というつもりで臨むのが重要です。

1-1. 一連の行動すべてが評価対象

看護師の転職活動に限ったことではありませんが、応募先の面接官にチェックされているのは面接の間の言動だけではありません。面接会場に着いてから、面接を終えて会場を出るまで、すべての行動を見られていると意識しておきましょう。付け加えて言えば、面接前の応募先とのやり取りや、その後の電話・メールでの対応もチェックされていると思って、普段の言動にも気を付けて過ごすことをおすすめします。つまり、面接中だけでなく、面接当日やその前後まで、一連の行動すべてが評価対象ということです。

面接当日は、受付、待合室、エレベーターの中までしっかりと言動に注意して、マナーを守って過ごしましょう。大声でしゃべるなどはマイナスイメージを与えてしまいます。面接後も、会場のすぐ近くで休憩するなどせず、速やかに立ち去るよう心がけましょう。

このほか、以下のような行動はNGです。

・待合室での大声での電話、飲食、喫煙
・イヤホンをして音楽を聴く
・足を組む
・面接後、会場のトイレで私服に着替える 

1-2. 時間は厳守

遅刻は、それだけでも面接官からの印象を悪くします。やむを得ない事情がある場合には仕方ありませんが、それでも連絡なしで遅刻した場合、「連絡もできないルーズな人だ」という思われてしまいます。看護師として働くということは、人の命や健康に深く関わるということです。そういった業界では、時間にルーズであるのは致命的なことであり、信用を疑われかねません。理由のない遅刻は絶対にしないようにしましょう。

基本的に、面接会場には時間の5~10分前を目安に到着するようにします。事前に会場までの行き方を下見したり、少し早めに会場に着いて近くで待機したりするのがおすすめです。

以下のような行動は避けましょう。

・遅刻しそうなのに連絡を入れない
・「HP記載の所要時間よりも長くかかった」「地図がわかりにくかった」など言い訳をする
・「どうせ採用されないだろう」と応募先との連絡を一方的に絶ってしまう

1-3. 採用担当者の意図を正確に理解し、簡潔に答える

面接では、「なぜこの質問をされるのか」という、採用担当者の意図を正しく理解したうえで、適切な回答を簡潔に述べる必要があります。看護師として医療業界・介護業界で働くためには、医師や患者様とのコミュニケーションが非常に大事です。したがって、面接においても、採用担当者と適切にやり取りができなくてはいけません。質問をよく聞き、答えるときにはだらだらと話さず、要点を整理して回答しましょう。面接で質問されることはある程度決まっているので、予想できる質問に対しては事前に回答を準備しておくのが大切です。

この他のNG行動は以下の通りです。

・聞かれたことに対しての回答が的外れになっている
・結論を言わず、だらだら長くしゃべる
・話を脱線させる
・言いたいことだけを話す

1-4. 表情や態度、姿勢や身だしなみに注意

面接では、質問に対する回答の内容だけでなく、話しているときの表情や態度、姿勢、身だしなみも含めて総合的にチェックされています。特に、医師やその他多くの医療スタッフ、患者さんやそのご家族など、接する人が多い看護師にとっては、人と対話する際の様子や服装、身だしなみも非常に重要な要素の一つです。適した服装ができるか、など、それぞれほんの少しのことでも印象を左右しますので十分に気を付けておきたいところです。

看護師の転職活動における面接の服装について、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

看護師が転職の面接時の服装に迷ったらここをチェック!

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

転職・復職に悩んだら、
まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、理想の転職を叶えましょう!

2.看護師の面接の流れ

面接に臨むための心がまえを確認したら、続いては面接当日の流れを把握しましょう。何度もお伝えするように、看護師の転職の面接はたった一回であることがほとんどです。面接の流れを確認し、当日慌てることのないように落ち着いて臨んでください。

2-1. 受付で来意を伝える

面接当日は、会場に着いたらまず受付で来意を伝えます。 前日の確認メールなどで面接の部屋がわかっていても、スタスタと会場に向かうのではなく必ず受付を通るようにしてください。

「本日、〇時からの面接で伺いました(名前)と申します」と受付で伝えたら、待合室など待機する場所を案内されますので、面接開始まで座って静かに待機します。待ち時間があるからと言ってスマートフォンを触るのは控え、電源オフかマナーモードにしてカバンにしまっておきましょう。

2-2. 担当者の指示に従って待機し、面接の部屋へ入室

時間になって面接会場に呼ばれたら、入室し、面接開始となります。入室前には軽くドアをノックし、中の応答を待ちましょう。「どうぞ」など、入室の許可があってからドアを開けて部屋へ入るようにします。入る時には「失礼します」と声をかけ、椅子に座る前には「(名前)と申します。よろしくお願いいたします」のように改めて挨拶します。椅子に座るときにも、面接官から「おかけください」などと許可があってから座ります。この時、カバンは椅子の横、もしくは椅子の後ろに置いておきます。

2-3. 面接

面接中は、面接官の話をよく聞き、ハキハキと簡潔に答えるようにします。姿勢は正して、笑顔を忘れずに応対しましょう。面接官が話をしている間は、相づちをしたり、頷いたりしてきちんと話を聞いていることを表現しましょう。自分が話すときには、丁寧な言葉づかいで、質問に対する明確な回答をはっきりと伝えるようにします。

もし、面接官の質問の意味がよくわからなかった・聞き逃したという場合には、聞き返したり、質問の意味を確認したりしても問題ありません。「聞き返すのは良くない」と思ってしまいますが、質問の意図に外れた回答をするよりもよっぽどマシですから、不明確な部分はきちんと確認してから答えるようにしましょう。話す時には、面接官の目をしっかりと見て話すと熱意が伝わりやすくなります。

2-4. 退室

面接の終わりには、「これで面接は以上です」や「今回の結果は〇日までにご連絡します」と面接官から告げられます。このように言われたら椅子の横に立って、面接のお礼を伝えましょう。「本日はお時間をいただきありがとうございました。よろしくお願いいたします」と言ってしっかりとお辞儀します。カバンを持ってドアまで移動したら、再び面接官のほうを向いて、「失礼します」と挨拶しましょう。軽く一礼をしたら外へ出て、静かにドアを閉め退室します。

転職・復職に悩んだら、まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、
理想の転職を叶えましょう!

転職・復職に悩んだら、
まずはマイナビ看護師にご相談ください。

業界を熟知したキャリアアドバイザーと一緒に、理想の転職を叶えましょう!

まとめ:転職のプロをフル活用して転職活動を成功させましょう

看護師の転職で重要な、面接の当日の流れと面接に臨むための心がまえをご紹介しました。一般企業の転職活動では複数ある面接も、看護師の転職の場合は一回であることがほとんどです。医師や多くのスタッフたちと連携しながら業務をこなす医療現場や、患者様やそのご家族に対して親身な対応が求められる介護現場など、看護師は人とのコミュニケーションが重視される職業のため、抜かりなく事前準備をして面接に臨むことが大切です。

それでも不安な場合は、マイナビ看護師のキャリアアドバイザーをぜひご活用ください。マイナビ看護師のキャリアアドバイザーが面接練習はもちろん、応募先によっては同席して面接サポートすることも可能です。貴重な面接の機会を無駄にしないためにも、できる限りの対策をしておきましょう。

記事をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE