サイト内の現在位置

看護師転職お悩み相談室

看護師の転職にまつわる悩みや疑問、転職活動を行うときに気をつけるポイントなどを
Q&A形式でスペシャリストたちがズバリお答えします!

vol.001

三重県在住 看護師歴 3年目39歳

昨年、何も成長できなかった自分がイヤ!

30代で一念発起し、看護師になりました。だけど、仕事もできない。人付き合いも苦手。どんなにつらくても、まずは3年と思い、必死で頑張ってきたけれど毎日ミスばかりで仕事も遅い。いまだに師長や主任からイヤミをいわれています。もう4年目になるのに、何もできない自分がイヤでたまりません。この一年、何をやってきたんだろう……。もう看護師辞めたいです。

できないからこそ「できること」を見つめて

「中立的視点」で見る訓練を

「仕事」という大きなジャンルを「できない」とひとくくりに決めつけて、自己卑下するのは簡単です。「できない」ところを探すことが次へと進む原動力になるのなら問題ありませんが、自分を責めてしまい、落ち込むいっぽうなのだとしたら、少し考え方を改める必要があるかもしれません。あなたの場合、「成長できていないこと」ではなく、「できないこと」や「苦手なこと」ばかりに意識が向き、自分自身を追い込み続ける「思考のクセ」が悩みの大きな原因のひとつであるように思います。「自分は何も成長できていない」と思っているようですが、以前と比べて「できるようになったこと」や、ほかのことよりも「問題なくできること」は必ずあるはずです。
「できない」という思いが強すぎると、当たり前のようにできていることは軽視しがち。「できないこともある、でも、できることもある」と認め、できないことに対し「悪い」「ダメだ」という判断をしないよう、できるかぎり中立的な視点で物事を見る訓練を積み重ねていきましょう。

「漠然とした理想」が問題を深くする

何かができないと強く感じても、行動がともなわない場合、「問題解決」ではなく「自己卑下」に多くのエネルギーを使っている可能性があります。ですから、自分をやみくもに否定する状況から抜け出さない限り、行動に移すことも困難であるといえるでしょう。
しかし、それほど過剰に自己卑下をしていないにもかかわらず行動できていない場合は、理想が漠然としすぎているからかもしれません。
「仕事ができる」あるいは「成長する」とは、具体的にどのような状態を指すのか、その定義の仕方は人によって違うもの。成長するためには具体的に何をすればいいのかをできる限り掘り下げ、行動計画を明確にすることで、解決する場合もあります。一度、ご自身を見つめなおすことも大切ですよ。

スペシャル講師プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師歴20年。新人教育のリーダーとして数多くの新人を育てた経験をもとに、カウンセリング、コーチングなど、さまざまな資格を活かして看護師さんの悩みに寄り添い、問題解決へと導く個人セッションを行っている。コーチング、カウンセリングの枠にとらわれない、「相手の思いを否定せず、ひとりでは考えつかない解決方法の提案」がクライアントから好評を博す。

HP:http://infinity-space.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

看護師転職お悩み相談室 お悩み投稿はこちら

資格、お給料、人気の職場レポなど
看護師転職お役立ちコンテンツ

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する
求人に関するお問い合わせは・・・看護師専用ダイヤル 携帯・PHS OK! 0120-838-153 平日9:30?20:30 土曜9:30?17:30(日曜・祝日を除く)お問い合わせ例