給料の悩みを社外で言ったら怒られました。どうして?|お役立ちガイド | 【マイナビ看護師】≪公式≫看護師の求人・転職・募集

お悩み相談

14

給料の悩みを社外で言ったら怒られました。どうして?

vol.14 おりんのお悩み相談室

給料の悩みを社外で言ったら怒られました。どうして?

2019.10.26 2021.01.15
お悩み相談 vol.14
給料の悩みを社外で言ったら怒られた
25歳・女性・急性期病棟
おりんのアドバイス
口は災いやけん。愚痴は自分を下げるばい!

「○×病院ってさ~多忙の割には給料が安い気がする~」
「でも□△病院よりはましかなぁ」
「○○先輩って人使い荒すぎ~!」……など

職場では言いにくい、日ごろの悩みを居酒屋で友人に思う存分打ち明けたA子さん。

――後日、上司に呼ばれ
「職場のことをあまり外で話さないように!」
と、怒られてしまいました。上司には直接言っていないはずの悩みを上司が知っていたことに驚き、おりんのところに駆け込んできました。

『友人に職場の悩みを病院外で話す』『家族に病院の愚痴を言う』など……
身近でよく見かけるこうしたケース
『深刻に考えず親密な人に悩みを話しただけでしょ?』と思ったら大間違いです。大げさにいえば、 病院の風評被害やインサイダー取引などの大問題に発展することも考えられるんです。

自分を中心とする半径1mほどしか興味を持たない若い看護師が増えているため、先々のことを想像できないかもしれませんが、実際、こうしたことが 病院のブランド力失墜や経営不振などにつがったケースもあります。 近くに居合わせたライバル病院の関係者や患者さんが聞いて、病院の評判が下がることを言いふらすということも考えられます。A子さんのケースも、近くに居合わせた人が病院にクレームを入れたため発覚したのかもしれません。

これは看護職に限ったことではなく、一般職でも同様です。いくら親しい間柄だとはいえ、社外で職場のことをうっかり話すことは避けましょう。社外ではどこで誰が聞いているかわかりません。意図しない方向へ話しが一人歩きしてしまうことも考えられます。 職場の話しをするときは“うっかり”のないよう注意が必要です。

無料で転職相談が受けられる!!
キャリアアドバイザーに相談する

キャリアアドバイザーに相談する

悩んだあとの愚痴は、ただのいい訳やけん!

そもそもA子さんの“悩み”は悩みの枠に入るのでしょうか?
ただの“愚痴”ではないでしょうか?
今回のケースの問題は A子さんの話が“悩み”ではなく“愚痴”であることにも問題があります。これではいつまで経っても“自分の足で立つ”ことはできません。では、A子さんの「愚痴ともいえる悩み」はどのように対応したらよいでしょうか。A子さんと同じ一般看護師に意見を聞いてみました。

B子(入職6カ月目・経験3年)さん
「A子さんは、入職したばかりでいろいろな不安がある中で、給与のところに悩みが集中したのかな……という気がします。実際、私も転職後しばらくは職場環境に慣れず、愚痴ればいろいろありましたが、自分で選んで入職したしので、ここが頑張りどころだと思い、家族や友人に不満や愚痴は極力言わないよう心がけていました」

C子(入職1年目・経験5年)さん
「入職したばかりだと勝手が違うし、いろいろと目に付くところがあるから『不安=愚痴』になるのはわかります。それと、親しい間柄でお酒が入っていたりすると、自分ではそこまで思っていなくても、うっかり余計なことを言ってしまうところはあるかも。でも、まずは自分を認めてもらう努力が必要で、意見はそれからだと思います。師長は見てないようで、私たちのことをちゃんと見て評価していると思いますよ」

無料で転職相談が受けられる!!
キャリアアドバイザーに相談する

キャリアアドバイザーに相談する

厳しくなる診療報酬改定で再就職も狭き門になるばい!

一般企業で働く労働者の環境と看護師が働く環境には温度差があります。具体的にいうと需要と供給の関係で、雇用が充足している一般企業への再就職はなかなか厳しいのが現状です。一方、人手不足が深刻な問題となっている看護師は、比較的再就職しやすい傾向にあります。そのため、雇われる側の看護師が労働条件を申し出ることは珍しくありません。

しかし、いつまでもそう甘くありません! 看護師の再就職も年々厳しくなっています。 2016年の診療報酬改訂が病院経営に影響し、病院を取り巻く環境は激変しています。7対1を維持できず13対1に転換する病院も増え、経営が厳しくなる小規模病院も。
また、全国の看護大学・看護学校は年々増加し、毎年2月に行われる看護師国家試験合格者の約9割にあたる5万3千人が新卒者です( 参照:看護師国家試験)。こうした社会的背景から、病院は新人看護師の受け入れを大幅に行うため、転職による入職は契約扱いがほとんどとなり、再就職が困難な時期が来ることも予想されます。

脅しているわけではありません。いま、人員から人材確保に移り変わっている病院が増えている厳しさを知り、 自分の考えの甘さや社会人としての行動を改めてほしいということです。

私は、A子さんにこんな処方箋を出しました――

おりんの処方箋
  • 1労働環境の変化を敏感に感じとる
  • 2愚痴を改善点に変える
  • 3改善点を自己課題にする
悩みという愚痴を言うのではなく、愚痴を改善点に変えて、現在の職場での自己課題にしてはいかがでしょうか?改善点を自己課題にした彼女は、キラキラ輝きながら病棟で役割をまっとうしています。
無料で転職相談が受けられる!!
キャリアアドバイザーに相談する

キャリアアドバイザーに相談する

行徳倫子(ぎょうとく りんこ)
行徳倫子(ぎょうとく りんこ)

佐賀女子短期大学付属看護学校を卒業後、33年間看護師として民間病院や公的病院での一般急性期の医療に携わり、看護実践や教育・看護管理などの経験を培う。豊富な経験を活かした講演会やセミナーは悩める看護師たちに高く評価されている。現在は、医療法人鵬志会 別府病院にて看護部長として勤務中。

この記事を書いた人

行徳倫子(ぎょうとくりんこ)

佐賀女子短期大学付属看護学校を卒業後、33年間看護師として民間病院や公的病院での一般急性期の医療に携わり、看護実践や教育・看護管理などの経験を培う。豊富な経験を活かした講演会やセミナーは悩める看護師たちに高く評価されている。現在は、医療法人鵬志会 別府病院にて看護部長として勤務中。