看護師国家試験 過去問題集 |看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス

サイト内の現在位置

看護師国家試験 過去問題集 看護師国家試験の過去問題とその回答を掲載しています。過去の問題を解き、昨今の傾向を掴みましょう!!

マイナビ看護師による看護師国家試験の過去問集です。看護師国家試験過去問題の問題・解答について、オリジナルの解説付きで掲載しております。 年度別に、全ての問題が1ページで閲覧でき、午前と午後の問題はページ上部のタブで切り替えが可能です。問題別の解答・解説については、「解答・解説を見る」ボタンからチェックができますので、是非ご活用ください。

年度別過去問題集

2014年度 (第104回)

2015年度 (第105回)

2016年度 (第106回)

2017年度 (第107回)

2018年度 (第108回)

2019年度 (第109回)

速報!2021年 第111回看護師国家試験特集 試験日程│合格率│出題傾向
キャリアアドバイザーに無料相談する

看護師国家試験 FAQ

看護師国家試験の概要を教えてください
看護師国家試験は、毎年2月中旬に実施される看護師免許を取得するための試験です。①「必修問題」、②「一般問題」、③「状況設定問題」の全240問で構成されており、これらの問題は、厚生労働省が定める『保健師助産師看護師国家試験出題基準』のガイドラインに沿って作成・出題されます。ガイドラインは、社会変化や看護を取り巻く環境の変化に合わせて定期的に改訂されますので最新の情報はマイナビ看護師の「看護師国家試験について」を御覧ください。
看護師国家試験の試験当日のタイムテーブルは?
午前は【9:00~12:30】の2時間40分、1時間50分の休憩をはさみ、午後は【14:20~17:00】の同じく2時間40分で実施されます。【午前・午後に分けて①「必修問題」25問、②「一般問題」65問、③「状況設定問題」30問の120問ずつ、計240問を解答します。ただ、急な変更も考えられるため、最初の25問だけが必修問題だと決めつけないようにしておいてください。試験当日は説明・資料配布の時間や移動時間も考慮して、早めの行動を心がけてください。昼休憩の時間も少し長いので、一度リラックスして午後の試験に臨むようにしてください。
過去5年間の合格率と必修問題・一般状況設定問題のボーダラインは?
過去5年間(第105回~第109回)の平均合格率89.5%で、一般・状況設定問題は、例年150点台/250点中が合格ラインとなっています。106回は難易度が高かったのですが、相対評価のため合格ラインは142点(57.2%)/248点中となり、合格者数55,367人、合格率88.5%と大きな低下はありませんでした。受験勉強で目指す得点は、必修問題40点以上、一般・状況設定問題160点以上となりますが、全国模擬試験の順位が下位10%以下にならないように心がけることも大切です。