美容外科と一般の病院は何が違う?|お役立ちガイド | 【マイナビ看護師】≪公式≫看護師の求人・転職・募集

vol.026 転職Q&A

美容外科と一般の病院は何が違う?

2019.01.17 2021.01.19

美容外科と一般の病院は何が違う?

私は美容にとても興味があります。いずれは美容外科で働きたいのですが、一般の病院とは違うことも多い印象があります。「採用されるには手術室を経験したほうがいい」とか、「容姿が合否を左右する」とかうわさを聞きますが、実際のところはどうなんでしょうか?

年齢制限があり、高いコミュニケーション能力が求められる

一般の看護業務との差は大きい

たしかに、手術室の経験があると、医師の介助や清潔操作など、ある程度仕事のイメージができるといった利点があります。しかし、美容外科は一般病院で行われる手術とは違って特殊なものが多く、看護の知識や技術が活かしにくいといった声がよく聞かれます。また、お客様からの要望やクレームも決して少なくないため、接遇に関する高い能力を求められることもあります。

容姿の良しあしで合否が左右されるかについては、施設ごとの方針がありますので一概には言えません。しかし、お客様に与える印象に「肌の状態」などが影響する可能性があると考えると、外見についてはある程度の水準が求められるかと思われます。また、募集要件として外見については言及されませんが、ほとんどの美容外科は年齢制限があります。意志が固まり次第、早めに転職活動を進めると良いでしょう。

なぜ美容外科に行きたいのか? 動機を深く分析して

興味が持てる分野があるのはすばらしいことです。しかし、一口に美容と言っても、自分に施す美容と他者に施す医療としての美容は異なります。転職後になって「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、具体的に美容のどんなところに興味があるのか、どんな看護を行いたいのか、美容外科でなければならない理由は何かなど、一度ご自身のなかでしっかりと動機を掘り下げることをおすすめします。

マイナビ看護師 美容クリニック専任キャリアアドバイザーからのコメント 美容クリニックは、働きながら自分もきれいになれるうえ、「お客様満足」という存分に発揮できるすばらしい職場です。美を通してお客様のQOLを向上させることには大きな可能性があり、医療従事者としてやりがいを感じられるフィールドです。「病院と待遇面はどう違うの?」「どんな面接対策が必要?」「具体的な仕事内容は?」など不安なことや気になることは、マイナビ看護師の美容クリニック専任キャリアアドバイザーに何でも相談してください。【美容クリニック丸わかりガイド】では、仕事内容ややりがい、現場の雰囲気など、求人情報だけではわからない業界の魅力を紹介しています。

\あなたにぴったりの求人が見つかります/

この記事を書いた人

坂口 千絵(さかぐち ちえ)
看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師、教育・指導サポート歴25年以上。コーチング、カウンセングなどの個人セッション実績豊富。2019年、「サポート職に携わる人のサポートに徹する」ことを決断し、25年間の看護師人生に幕を下ろす。 家族の死、最愛の夫の病死を通じ、死生観について学んだ経験をもとに、魂の望みを叶えながら、周りの人の幸せもしっかりとサポートしたい人に向け、オンライン講座を提供。セッションは「とにかく話しやすい」「具体的でわかりやすい」と好評。 直観力を駆使したセッションが大好評にて、続々と全国から受講生が集まっている。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/yokubara717

ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/