サイト内の現在位置

看護師転職お悩み相談室

看護師の転職にまつわる悩みや疑問、転職活動を行うときに気をつけるポイントなどを
Q&A形式でスペシャリストたちがズバリお答えします!

vol.008

栃木県在住 看護師歴2年目 24歳

目標の再提出を何度もさせられる

毎年、上司に個人目標の提出をしなければならないのですが、何回書き直しをしても、「これじゃ目標になってない」と、再提出を何度もさせられます。別に、看護師として目標なんてないのが本音なので、考えるだけでしんどいです。個人目標を書くコツみたいなものってあるのでしょうか? もう、疲れ果てました……。

自分に合った「具体的」な目標を探そう

目標が立てられない人の特徴とは

個人目標が適切に設定できない人の特徴で圧倒的に多いのが、「具体性が不十分である」ことです。たとえば、「心電図モニターについて理解を深める」といった場合、「何を」「どこまで」行うのかをできるだけ掘り下げる必要があります。また、目標が達成できたかどうかの評価をする際に欠かせない要素は「可能な限り数値化」することです。


目標:心電図モニターについて理解を深める


具体策
×:「心電図に関する参考書を読む」
○:「心電図に関する参考書を3冊以上読み、症例の多い波形について特徴をまとめたレポートを最低5例提出する」

個人に見合った目標設定を

何を目標にしていいのかわからない場合、院内のクリニカルラダーや看護理念、あるいは日本看護協会が提示している「看護師のクリニカルラダー」を参考にするのもひとつの方法です。その際、経験年数や力量を考慮し、目標が今の自分に見合っているか、期間内に達成可能かを考慮することも大切です。

看護師としての目標がない場合、「考えるだけでしんどい」と感じるのはもっともです。しかし、実際に社会人として働くなら、「しんどい」「やりたくない」とは言っていられないのも現実です。建前と本音の差が大きければ大きいほど、精神的なストレスが増大します。精神的苦痛を最小限にするためにも、「具体性」と「数値化」を意識した目標設定を心がけましょう。また、いずれの方法を試みても再提出を要求される場合は、何が問題なのかを必ず、上司に確認しましょう。

スペシャル講師プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師歴20年。新人教育のリーダーとして数多くの新人を育てた経験をもとに、カウンセリング、コーチングなど、さまざまな資格を活かして看護師さんの悩みに寄り添い、問題解決へと導く個人セッションを行っている。コーチング、カウンセリングの枠にとらわれない、「相手の思いを否定せず、ひとりでは考えつかない解決方法の提案」がクライアントから好評を博す。

HP:http://infinity-space.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

看護師転職お悩み相談室 お悩み投稿はこちら

資格、お給料、人気の職場レポなど
看護師転職お役立ちコンテンツ

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する
求人に関するお問い合わせは・・・看護師専用ダイヤル 携帯・PHS OK! 0120-838-153 平日9:30?20:30 土曜9:30?17:30(日曜・祝日を除く)お問い合わせ例