訪問看護での働き方|お役立ちガイド | 【マイナビ看護師】≪公式≫看護師の求人・転職・募集

ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職して訪問看護で働く!

住み慣れた自宅で療養したい、あるいは最期を迎えたいと希望する患 者さんが増えており、訪問看護のニーズも高まっています。ここでは 訪問看護での働き方や訪問看護の魅力などを紹介いたします。

復職して訪問看護で働く!

訪問看護で働くメリット/デメリット

訪問看護で働くメリット/デメリット

いわば「医療従事者のホーム」である医療施設で働くのとは違い、訪問看護は文字どおり「患者さんのホーム」(医療従事者にとってのアウェー)へ出向いてケアを行うことになります。「患者さんの生活の場へ入らせていただく」という意識を持ちながらケアに当たる必要があります。ここでは、訪問看護で働くメリットとデメリットを紹介します。

メリット
①ひとりの患者さんにじっくりと向き合える
訪問看護の性質上、一定の時間内はひとりの患者さんと向き合ってケアをすることになります。病院勤務のように、何人もの患者さんのことを同時に考えながらバタバタ走り回る……といったことはありません。その意味で、訪問看護は落ち着いてケアに専念したい看護師さんに向いているといえるでしょう。
②日勤のみで土日祝日に休める職場が多い
病院勤務ではなかなか望めませんが、訪問看護ステーションは基本的に日勤のみで、お休みは一般のカレンダーに合わせて土日祝日としていることがほとんどです。ただし、夜勤帯は一定の範囲(日数)でオンコール対応を求められることが多く、患者さんの状態によっては自宅に駆け付けることになるかもしれません。
③ステーション管理者へのキャリアアップも可能
訪問看護ステーションの管理者(所長)には、保健師または看護師だけが就けることになっています。意欲や能力によっては、ステーションの経営や業務全般を切り盛りする、責任ある立場にキャリアアップすることも可能です。
デメリット
①すぐに同僚等へ相談できる環境にない
訪問看護では、経験が浅いうちは、指導者が同行してくれますが、看護師がひとりで患者さんのお宅へ伺うことが基本です。そのため、現場で分からないこと、できないことがあっても、すぐに相談したり応援を頼んだりはできません。
②経験の浅い看護師さんの教育に不慣れなステーションも
前項との絡みで、かつては新卒など経験の浅い看護師さんは受け入れないステーションが多くありました。今では教育体制を充実させて積極的に受け入れるように時代が変わっているものの、中にはそうでないステーションもあるようです。教育体制の実際については事前に要チェックです。
③訪問先から訪問先への移動が大変
人口密度が高い都市部では(電動)自転車での移動が基本なので、風雨の強い日は大変です。また、都市部でも対象エリアが広い場合や郊外では、移動に自動車が必要になることも。運転免許を持っており、かつ運転に慣れていなければ勤まりません。

訪問看護に向いているのはこんな人

訪問看護に向いているのはこんな人

  • ●患者さんとじっくり継続的に関わりたい人
  • ●地域医療、在宅医療へ貢献したい人
  • ●患者さんやご家族とのコミュニケーション能力に優れる人

成功?失敗?あるある復職体験談――訪問看護編

(28歳女性)

(28歳女性)

友達と休日のタイミングが合うってステキ!……
「新卒で市中病院へ入職したものの、ハードな勤務で体調を崩しがちになり、5年目で退職することに決めました。その後、ある程度穏やかに働ける職場を探して訪問看護ステーションにたどり着きましたが、とくに土日祝日が基本お休みなのは助かります。普通の会社に勤めている友人たちとも休日のタイミングが合うので、一緒にショッピングや旅行などを楽しんでいます。病院勤務時代だったら、まず考えられなかったことですね」

(30歳女性)

(30歳女性)

私はハムスター恐怖症……
「訪問看護師として多くのご家庭を訪れるのは楽しいことですが、唯一の誤算は、たくさんのハムスターをペットにしている患者さんがいらっしゃったこと。私にとってはハムスターもネズミも同じようなもので、幼い頃から大の苦手なんです。とはいえ、患者さんにとっては大事な存在なのですから、『どこかにしまってください』とも言えません。正直な話、『ここから一刻も早く立ち去りたい』と、いつも思ってしまいます」

編集部からのコメント

訪問看護の魅力は、①「患者さんとじっくり関われる」、②「日勤メインで働ける」という点です。訪問看護求人の多くは体験談にもあるように、土日がお休みで夜勤もありません(多くのステーションでオンコールはあります)。働き方の融通が利き、やりがいも十分なので、「ワークライフバランスを大切にしたいけれど、看護技術も落としたくない」という看護師さんにぜひ検討していただきたい働き方です。

「手技が不安」「ブランクがありすぎる」「プリセプターは付いてくれるの?」など、 復職の不安や悩みは、頼れるキャリアアドバイザーになんでもご相談ください! ブランクナースの方がたくさん働いている施設のご紹介や、 働きやすい職場環境について、丁寧にご説明いたします!

ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職して訪問看護で働く!

住み慣れた自宅で療養したい、あるいは最期を迎えたいと希望する患者さんが増えており、訪問看護のニーズも高まっています。ここでは訪問看護での働き方や訪問看護の魅力などを紹介いたします。

訪問看護で働くメリット/ デメリット

訪問看護で働くメリット/デメリット

いわば「医療従事者のホーム」である医療施設で働くのとは違い、訪問看護は文字どおり「患者さんのホーム」(医療従事者にとってのアウェー)へ出向いてケアを行うことになります。「患者さんの生活の場へ入らせていただく」という意識を持ちながらケアに当たる必要があります。ここでは、訪問看護で働くメリットとデメリットを紹介します。

メリット
①ひとりの患者さんにじっくりと向き合える
訪問看護の性質上、一定の時間内はひとりの患者さんと向き合ってケアをすることになります。病院勤務のように、何人もの患者さんのことを同時に考えながらバタバタ走り回る……といったことはありません。その意味で、訪問看護は落ち着いてケアに専念したい看護師さんに向いているといえるでしょう。
②日勤のみで土日祝日に休める職場が多い
病院勤務ではなかなか望めませんが、訪問看護ステーションは基本的に日勤のみで、お休みは一般のカレンダーに合わせて土日祝日としていることがほとんどです。ただし、夜勤帯は一定の範囲(日数)でオンコール対応を求められることが多く、患者さんの状態によっては自宅に駆け付けることになるかもしれません。
③ステーション管理者へのキャリアアップも可能
訪問看護ステーションの管理者(所長)には、保健師または看護師だけが就けることになっています。意欲や能力によっては、ステーションの経営や業務全般を切り盛りする、責任ある立場にキャリアアップすることも可能です。
デメリット
①すぐに同僚等へ相談できる環境にない
訪問看護では、経験が浅いうちは、指導者が同行してくれますが、看護師がひとりで患者さんのお宅へ伺うことが基本です。そのため、現場で分からないこと、できないことがあっても、すぐに相談したり応援を頼んだりはできません。
②経験の浅い看護師さんの教育に不慣れなステーションも
前項との絡みで、かつては新卒など経験の浅い看護師さんは受け入れないステーションが多くありました。今では教育体制を充実させて積極的に受け入れるように時代が変わっているものの、中にはそうでないステーションもあるようです。教育体制の実際については事前に要チェックです。
③訪問先から訪問先への移動が大変
人口密度が高い都市部では(電動)自転車での移動が基本なので、風雨の強い日は大変です。また、都市部でも対象エリアが広い場合や郊外では、移動に自動車が必要になることも。運転免許を持っており、かつ運転に慣れていなければ勤まりません。

訪問看護に向いているのは こんな人

訪問看護に向いているのはこんな人

  • ●患者さんとじっくり継続的に関わりたい人
  • ●地域医療、在宅医療へ貢献したい人
  • ●患者さんやご家族とのコミュニケーション能力に優れる人

成功?失敗? あるある復職体験談―― 訪問看護編

(28歳女性)

(28歳女性)

友達と休日のタイミングが 合うってステキ!…

「新卒で市中病院へ入職したものの、ハードな勤務で体調を崩しがちになり、5年目で退職することに決めました。その後、ある程度穏やかに働ける職場を探して訪問看護ステーションにたどり着きましたが、とくに土日祝日が基本お休みなのは助かります。普通の会社に勤めている友人たちとも休日のタイミングが合うので、一緒にショッピングや旅行などを楽しんでいます。病院勤務時代だったら、まず考えられなかったことですね」

(30歳女性)

(30歳女性)

私はハムスター恐怖症…

「訪問看護師として多くのご家庭を訪れるのは楽しいことですが、唯一の誤算は、たくさんのハムスターをペットにしている患者さんがいらっしゃったこと。私にとってはハムスターもネズミも同じようなもので、幼い頃から大の苦手なんです。とはいえ、患者さんにとっては大事な存在なのですから、『どこかにしまってください』とも言えません。正直な話、『ここから一刻も早く立ち去りたい』と、いつも思ってしまいます」

編集部からのコメント

訪問看護の魅力は、①「患者さんとじっくり関われる」、②「日勤メインで働ける」という点です。訪問看護求人の多くは体験談にもあるように、土日がお休みで夜勤もありません(多くのステーションでオンコールはあります)。働き方の融通が利き、やりがいも十分なので、「ワークライフバランスを大切にしたいけれど、看護技術も落としたくない」という看護師さんにぜひ検討していただきたい働き方です。

「手技が不安」「ブランクがありすぎる」 「プリセプターは付いてくれるの?」など、 復職の不安や悩みは、頼れるキャリア アドバイザーになんでもご相談ください! ブランクナースの方がたくさん働いている 施設のご紹介や、働きやすい職場環境に ついて、丁寧にご説明いたします!