ビューティーレクチャー 花田真理のキレイのための基礎知識

意外と知らないムダ毛処理のNGポイント

第16回目

暑い日が続くようになりましたね。
暑くなると肌の露出が増え、気になるのがムダ毛処理ではないでしょうか。ムダ毛処理といっても様々な方法がありますが、どのような方法で行っていますか?
実はムダ毛処理にはNGポイントが意外と多いです。
今回は意外と知られていないムダ毛処理のNGポイントについてご紹介します。

ムダ毛処理方法

ムダ毛処理の方法は「剃る」「抜く」「塗る」「照射」の4つの方法があります。
剃る」…カミソリ、電気シェーバーなど
抜く」…毛抜き、ワックスなど
塗る」…除毛クリームなど
照射」…家庭用脱毛器など

NGポイント~剃る~

ムダ毛処理方法でポピュラーなのがカミソリや電気シェーバーを使用した「剃る」方法です。特にカミソリは低価格で手に入るため人気です。しかし、剃る方法は肌を傷つけやすく、間違った方法で行うとトラブルになりやすいです。

カミソリのNGポイントとは
・肌とカミソリに雑菌が付着している
・入浴中に行っている
・肌が乾いた状態のまま剃る
・1回の剃毛中に何度も同じ場所を剃る
・肌が敏感な時に行う

上に挙げた中で意外と知られていないのは、「肌とカミソリに雑菌が付着している」です。
剃る前に該当部分を洗わずに剃ってしまったり、使用するカミソリをお風呂場に置きっぱなしにしていて雑菌が繁殖しているものを使用してしまう人が多いのです。また、同じカミソリを使い続けている場合も刃に雑菌が繁殖していることがあります
電気シェーバーはカミソリに比べるとトラブルが起こりにくいのですが、肌が敏感なときや毎日の使用は肌に負担がかかるため避けた方が良いでしょう。

NGポイント~抜く~

剃る方法と同じくらいポピュラーなのが「抜く」方法です。様々な方法がありますが、毛抜きを使用する人が多いでしょう。抜く方法は、肌トラブルが起こりやすく、炎症や埋没毛、鳥肌のようなブツブツの肌になったり、色素沈着を起こす場合があります。

毛抜きのNGポイントとは
・毛の流れに逆らって抜く
・毛穴を広げてから抜いていない

ワックスのNGポイントとは
・松やにアレルギーの人は使用不可なものがある
・加熱し過ぎてしまう
・湿度の高い場所で使用する

この中で意外と知られていないのは「松やにアレルギーの人は使用不可なものがある」です。
ワックスには水性のものと油性のものがあり、油性のものは松やにが使用されていることが多いです。そのため、松やにアレルギーの人は使用を避けた方がよいでしょう
水性のワックスは「ハニーワックス」や「シュガーワックス」などと呼ばれています。購入前にチェックしましょう。

NGポイント~塗る~

除毛クリームは薬剤の力で毛を処理する方法です。「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が使用されており、毛を構成するタンパク質を溶かす働きがあります。

除毛クリームのNGポイントとは
・パッチテストを毎回行っていない
・毛の濃さに合わせて商品を選んでいない
・使用できない部位がある(顔やデリケートゾーンなど)

この中で意外と知られていないのは「毛の濃さに合わせて商品を選んでいない」です。
除毛クリームには「男性用」と「男女兼用」があり、男性用の方が濃い毛の処理に適しています。
そのため、女性でも濃い毛の場合は男性用を使用した方が効果的です。除毛クリームの場合男性用と謳っていても女性が使用しても問題ありません。但し男女兼用で処理が出来る人は男性用を使用する必要はありません。
また、肌が弱い人は肌トラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

NGポイント~照射~

家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応するレーザーや光を照射することによって脱毛していきます。家庭用脱毛器は安全性を重視して作られているため、出力が低く病院で施術するのと比べると効果は劣ります。

照射のNGポイントとは
・使用前後に肌の冷却を行っていない
・使用頻度を守っていない
・日焼けしているときに使用する

この中で意外と知られていないのは「日焼けしているときに使用する」です。
家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応するため、日焼けをして肌が黒くなると火傷をしてしまうことがあります。
特に夏は気を付けましょう。

最後に

今回ご紹介したNGポイントは肌トラブルを起こしやすくなったり、ムダ毛処理の効果が落ちてしまったりと良いことはありません。
ムダ毛処理は定期的に行う必要があるため、トラブルを極力抑えた効果的な方法で行っていきたいですよね。
ムダ毛処理を行う際はこれらのポイントに注意してみてくださいね。

プロフィール

花田 真理(はなだ まり) 薬剤師/美容家

大学卒業後、調剤薬局に勤務。その後化粧品業界へ転職し、薬事・商品研究開発・総括製造販売責任者等の業務に携わる。現在は、自身のブランド(化粧品「MarryMemory」、ハーブティー「Doctor&Pharma」)を立ち上げ、薬剤師兼美容家として活動中。

Doctor&Pharma : http://www.doctor-and-pharma.co.jp/

キレイのための基礎知識 ほかの記事も読む

  1. 第41回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol. 6編み込み】
  2. 第40回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.5ポニーテール】
  3. 第39回目 白衣の下に何を着る? 看護師さんの身だしなみ
  4. 第38回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.4ボブアレンジ】
  5. 第37回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.3シニヨン】
  6. 第36回目 【姿勢改善ストレッチ】姿勢美人で第一印象アップ、首・肩こり&腰痛解消!
  7. 第34回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.2ロープ編み】
  8. 第35回目 【第一印象UP!】初対面で心をつかむ「美姿の法則」①立ち方&歩き方
  9. 第33回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】
  10. 第32回目 【睡眠不足解消】1分カンタン夜ぐっすりの快眠テク
  11. 第31回目 【足の疲れ&むくみ解消!】10秒で効くツボ&マッサージ
  12. 第30回目 【肩こり解消!】カンタン1分体操
  13. 第29回目 【腰痛改善】4つの簡単エクササイズ
  14. 第28回目 【夜勤太り解消企画】不規則勤務でも太らないコンビニ食【まとめ】
  15. 第27回目 【夜勤太り解消企画】夜勤で太る原因とは!? 気をつけるべき5つのこと
  16. 第26回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジ2
  17. 第25回目 簡単・ストレスフリーのずぼらダイエット
  18. 第24回目 「汗・臭い」対策で体臭美人に!
  19. 第23回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジテク「くるりんぱ」
  20. 第22回目 マスク美人になるアイメイクのコツ
  21. 第21回目 マスクをしても落ちないメイクテクニック
  22. 第20回目 温泉の効能・泉質・特徴で選ぶこだわりの湯10選
  23. 第19回目 冷えに負けないポカポカ美人<後編>
  24. 第18回目 冷えに負けないポカポカ美人<前編>
  25. 第17回目 日焼け後のシミ対策とアフターケア
  26. 第16回目 意外と知らないムダ毛処理のNGポイント
  27. 第15回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<後編>
  28. 第14回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<前編>
  29. 第13回目 不織布マスクによる病院内での肌荒れ&乾燥対策は?
  30. 第12回目 看護師の勤務中に「乾燥」を引き起こす意外なアイテム
  31. 第11回目 乾燥は看護師の敵! 「乾燥肌」の種類について
  32. 第10回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<後編>
  33. 第9回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<前編>
  34. 第8回目 化粧直しの裏ワザ<後編>
  35. 第7回目 化粧直しの裏ワザ<前編>
  36. 第5回目 顔色をよく見せるには?
  37. 第6回目 顔色をよく見せるメイク方法
  38. 第4回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <後編>
  39. 第3回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <前編>
  40. 第2回目 ハンドクリームの選び方
  41. 第1回目 ハンドクリームについて