業界ニュース情報便

vol.96

新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生

「せっかく入った今の職場だけれど、自分には合わないかも……」。実を言うと、そう感じている新人看護師は決して少なくありません。しかし、「転職」2文字が頭をよぎっても、リスクを考えてなかなか動き出せないことも事実。今回は、新卒で入職した病院を1年目で退職し、地域密着型病院へ転職した寺本美欧さんの実体験を伺いながら、新人看護師の転職について考えてみたいと思います。

新人看護師が退職したくなる理由とは?

これまで2つの病院で約3年半の臨床経験を積んできた寺本さん。職場による院内教育の違いを体感したことがきっかけとなり、2019年秋からアメリカの大学院で「成人教育」について本格的な研究に取り組むことになりました。

「同級生の間でも『若いうちは大きな病院で経験を積むのが当たり前』という雰囲気があり、新卒時は迷わず大学病院を第1志望にしました。『最先端の技術』『扱う疾患・病態の多様性』『充実した教育制度』といったアピールポイントに魅かれ、間違いのない選択だと自信を持って入職しましたが、バーンアウトしかけて1年ほどで退職という結果に終わりました」(寺本さん、以下カッコ内同様)

マイナビ看護師が実施した「看護師100人アンケート」)によると、寺本さんのように看護師を辞めたいと思ったことがある人は、なんと全体の75にのぼりました。これだけ多くの看護師が退職について考えるようになった理由は、1位「仕事が忙しすぎる」、第2位「人間関係のストレス」、第3位「責任の重さと給料のバランスが合わない」の順。ほかにも「教育体制や福利厚生の不備」「自身の適性に自身が持てない」といった意見が挙がっています。

 

看護師を辞めたいと思ったことがある…「はい」75.4%

 

看護師を辞めたい理由の1位は「仕事が忙しすぎる」・「人間関係のトラブル・ストレス」

※調査対象:看護師から看護師以外の職種へ転職した経験がある全国20~39歳の男女100人
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2018年7月20日~7月23日

大学病院に入職した新人看護師の悩みとは?

寺本さんが大学病院時代に抱いた悩みとは、具体的にどのようなものだったのでしょうか。当時を振り返ってもらいました。

「文字通り、一日中座る間もないほど忙しかったのを覚えています。業務は8時スタートだったのですが、先輩が来る前にパソコンで受け持つ患者さんの情報収集を終えなければならず、7時には病棟に入っていました。残業も多く、帰宅後は夜中まで自己学習も必要で、とてもハードな生活でした」

寺本さんを追い詰めたのは、単なる忙しさだけではありませんでした。寺本さんの勤めていた大学病院では、プリセプターシップでは相性の問題が起こるかもしれないという理由で「職場全員で新人を見守る」というスタンスを取っており、期待していたものとはまったく異なる教育制度だったのです。そのため、教育における責任の所在があいまいになりがちだったとか。

「新人の研修の進捗状況をチェックする表が休憩室の冷蔵庫に貼ってあり、そこへ自分で記入・管理する方法でした。でも、みんな忙しくてその表を見ていません。何ができて何ができないのか、私のレベルを把握してくれている先輩が誰もおらず、気軽に相談できる人がいないという状況はとても苦しかったです」

頑張り続けて、次第に追い込まれていった……

そうした状況の中、入職して1カ月もたたないうちに夜勤に入ることになったり、用語もろくにわからないまま人工呼吸器の管理を担当したりと、大変なスピード感で業務を任されていった寺本さん。自らが受けている教育に決定的な疑問を感じたのは、あるリーダー格の看護師の言葉でした。

「その日に担当する患者さんの病態について徹夜で勉強して看護計画を報告したら、『看護の世界では112にならないから、そういうことをやっても意味がないよ』とばっさり切り捨てられてしまって……。とてもショックでした。経験を積んだ今なら理解できる部分もありますが、新人に投げかけるべき言葉ではないですよね」

それでもがむしゃらに頑張り続けた寺本さんでしたが、だんだんと精神的に追い込まれていきました。しかし、当時は自らの心身の状況を客観的に判断できる状態になく、「這ってでも職場に行かなくては」と思い込んでいたそうです。そんなとき、寺本さんの変化に気付いてくれたのは、ほかならぬご両親でした。

「もし、両親がストップをかけてくれなかったら、バーンアウトするまで頑張り続けてしまったかもしれません。『新卒1年目での退職は今後のキャリアに響く』という考えも頭をよぎりましたが、心身を病んでからでは取り返しのつかないこともあります。無我夢中で働いていると自らの心身の変化には気付きにくいですから、信頼できる周囲の声に耳を傾けることも大切ですね」

転職した地域密着病院の教育に救われた

あまり離職期間を開けたくないという思いから、退職を決めた翌々日には転職活動をスタートさせた寺本さん。自身の祖母が勤めていた地域密着型病院に縁を感じて連絡を取り、インターンシップに参加することになりました。

「その際、体裁を取り繕うことなく、私の弱さや失敗もすべてさらけ出して経緯を伝えました。優しく話を聞いてくれる看護部長さんを前に、思わず涙がこぼれたことを覚えています。こんな私を受け入れてくれる病院だと確信し、『ここでダメなら看護の道はあきらめよう』という覚悟で入職を決めました」

転職した寺本さんを待っていたのは、想像以上に楽しい日々でした。多忙な病棟ではあってもしっかりと休憩を取る文化に、最初は戸惑いさえ覚えた寺本さん。「自分の看護師人生は変わった」と実感したそうです。

「どうして今の私は、こんなにいきいきしているのだろうと考えて、真っ先に思い当たったのは教育制度の違いでした。『エルダー』と呼ばれる先輩が2人も付いて、すき間時間で疾患に関するクイズを出してくれたり、プライベートなことまで相談に乗ってくれたりと、親身になって面倒を見ていただき、安心して業務に集中できたのです」

寺本さんが入職した地域密着型病院では、エルダー制度と呼ばれる教育体制を整えていました。エルダーの役割は、新人に対する教育方針の決定や困ったときの相談相手。具体的な技術指導はそのとき現場にいる先輩たちが行い、プリセプターシップのように1人の担当者が指導のすべてを背負わない点に特徴があります。

「転職して大正解!」だった3つの理由

転職したことにより、再び看護師としての道を歩み出すことができた寺本さん。思い切って新人時代に勤務先を変えたことで、どのようなメリットがあったのでしょうか。3つのポイントを挙げてもらいました。

ポイント1. 看護師としての自信を取り戻せた!
「新人教育に責任を持つ風土が根付いた病院に転職したことで、先輩の助けを得ながら勉強に集中できるように。少しずつながら確実にできる業務が増えていき、失いかけた看護師としての自信を取り戻すことができました」

 

ポイント2. オンとオフのメリハリが付いた!
「転職先では、仕事中はしっかり指導して時にはしかってくれる一方、休憩時間はとてもフランクに接してくれる先輩たちばかり。オン・オフをしっかり切り替えてリラックスするときはリラックスすることで、忙しいときも踏ん張れるようになりました」

 

ポイント3 楽しく職場に通えるようになった!
「新人に対する無関心な態度やギスギスした雰囲気がなくなり、人間関係のストレスが激減。染み付いていた「看護師はつらいのが当たり前」という考えが払拭され、いつしか笑顔で職場に通えるようになっていました」

悩める新人看護師への応援メッセージ

教育が持つ力に感動した寺本さんは「組織の中で大人が学び続けるためにはどうすればよいか」を体系的に学ぶべく、いくつかのハードルを乗り越えてアメリカのTeachers College Columbia Universityへ留学することにしました。

入職先の病院や部署によって受けられる教育の内容や質がまるで違うというのが、看護業界の現状だと思います。だからこそ、成人教育という側面から看護師をサポートし、できるだけ多くの人に楽しく長く働いてもらえるよう力を尽くしたいと考えています」

さらに、自分に合わない職場で無理に頑張って消耗している看護師は、「外の世界」に視線を向けることがあってもよいのではないかと、かつての自分を重ねながら思いを語ってくれた寺本さん。最後に、そうした境遇に置かれた看護師へメッセージをもらいました。

「現在置かれた環境で努力することも大切ですが、自分の力だけではどうにもならないこともあるでしょう。そこから抜け出す一つの方法が転職だったとして、リスクを恐れて動けない気持ちは分かります。しかし、それでも勇気を出して一歩踏み出すからこそ見える世界があるはず。どのような方法であれ、自分が最大限に輝ける場を探し求めることは、忘れないでほしいと思っています」

【プロフィール】寺本美欧(てらもと みお)
看護師、大学院生。上智大学総合人間科学部看護学科卒業後、都内大学病院ICU病棟に就職。その後、埼玉県の地域密着型病院脳卒中センターへ転職。2019年9月よりアメリカ・NY州にあるコロンビア大学教育大学院の修士課程に在学中。専攻は成人教育学とリーダーシップ。「すべての看護師に最高の教育の場を」をモットーに、看護師の継続教育のシステム構築を目指す。海外大学院留学記ブログ「看護師ちゅおのアメリカ大学院留学記」日々更新中。

看護師ちゅおのアメリカ大学院留学記
http://blog.livedoor.jp/chuochan/

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  2. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  3. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  4. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  5. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  6. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  7. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  8. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  9. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  10. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  11. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  12. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試の合格状況|速報
  13. vol.111 【2020年合格発表】第109回 看護師国家試の合格状況|速報
  14. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  15. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  16. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  17. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  18. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  19. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  20. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  21. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  22. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  23. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  24. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  25. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  26. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  27. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  28. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  29. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  30. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  31. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  32. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  33. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  34. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  35. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  36. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  37. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  38. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  39. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  40. vol.84 5月12日「看護の日」
  41. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  42. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  43. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  44. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  45. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  46. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  47. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  48. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  49. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  50. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  51. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  52. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  53. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  54. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  55. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  56. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  57. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  58. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  59. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  60. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  61. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  62. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  63. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  64. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  65. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  66. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  67. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  68. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  69. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  70. vol.54 コミュニティナース/護身術
  71. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  72. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  73. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  74. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  75. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  76. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  77. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  78. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  79. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  80. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  81. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  82. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  83. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  84. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  85. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  86. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  87. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  88. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  89. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  90. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  91. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  92. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  93. vol.31 看護師の届出制度について/他
  94. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  95. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  96. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  97. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  98. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  99. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  100. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  101. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  102. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  103. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  104. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  105. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  106. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  107. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  108. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  109. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  110. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  111. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  112. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  113. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  114. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  115. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  116. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  117. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  118. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  119. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  120. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  121. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  122. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  123. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他