業界ニュース情報便

vol.104

【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法

看護師国家試験直前! ここでは国試対策の効果的な勉強法をご紹介します。実習やアルバイトなどが大変で、直前まで国試の勉強を開始できない方も多いと思いますが、やる気が出ないときの対策や隙間時間でもできる勉強方法についても触れておくので、ぜひ参考にしてください。

合格につながる勉強だけをしよう

教科書は量が多く、学術的な順番で書いてあるため、繰り返し読むことができません。そこで活用したいのが、レビューブックに代表される要点集。良く出る要点をプロが厳選し、わかりやすくまとめてくれているのでおすすめです。

勉強の範囲を絞ることに不安を覚える方もいるかもしれませんが、心配は無用です。国試は質と難易度を一定に保つために、過去の問題を一部変更したものが約4問に1問程度あるといわれています。では、なぜ毎回同じような問題が出るのでしょう。それは、臨床に出てからも大切でよく使う知識だからです。つまり、要点集に載ってないような珍しい内容にまで勉強の幅を広げるより、集中して要点集に取り組んだ方が効率的なのです。

ただ、要点集にはよく出る範囲がまとめられているものの、どの深さまで覚えれば良いかまではわかりません。その点をカバーするにはどうすればいいか。問題集の出番です。国試の過去問を実際に見てみると、どこまで勉強すればいいのかが一目でわかります例えば、「12脳神経の役割」を選ぶ問題が載っていたとすれば、「12脳神経の名前や順番だけでは不十分で、役割まで覚えなくては!」ということが把握できるわけです。効率を上げ、合格につながる知識を身につけるためにも、要点集と問題集をリンクさせながら勉強を進めるようにしましょう。

あなたの24時間を上手に活用しよう

時間を有効に使うために大切なポイントは二つあります。一つは考える時間を使わないことです。問題集を解くとき、あなたは1問に何秒の時間をかけますか? ついやってしまう間違いが、問題を読んだあと、正解を考える時間を取ってしまうことです。厳しい話になるかもしれませんが、問題を読んで「1秒」で答えがわからないのは、知識が不足している証拠です。そして、「1かな、2かな」と正解を迷っていると、ほかの問題に取り組む時間を失ってしまいます。知識を増やすことを意識した勉強を心がけましょう。

といっても、やみくもに問題集を解くだけでは、知識は一つも増えません。1秒だけ正解を考え、解説を読む→わからないところを調べる→要点集の項目に戻って復習をする(例えば、三叉神経の役割が出題されていた場合、要点集では12脳神経の項目まで戻って、他の脳神経の役割も復習します)という工程こそが、知識と理解を深めるためのポイント。地道な作業で大変ですが、繰り返し復習を行えば「わかった」という範囲が、少しずつ確実に増えていくはずです。要点集を読むときも、赤字を赤いシートで隠すなどして、1秒だけ考えながら読み進めるようにしましょう。

次に二つめのポイント。それは、「やらないもの、やめるものを決める」ということです。1日は24時間しかありませんから、新たに「要点集を読む」「問題集を解く」という習慣を追加する場合、その時間を作るために何かをやめなければいけません。スマホのゲームやSNSなど、まずは日常生活の中の何をやめるかを選んでみてください。何もやめずに、勉強の時間を追加していくと、忙しすぎて三日坊主になりかねませんよ。

あわせて、普段の生活の隙間時間を上手に活用することも実践しましょう。洗面所やトイレなどの壁に覚えたい内容の紙を貼ったり、移動中に自分がレビューブックを読み上げた音声やYouTubeを聴いたりするのが効果的です。国試本番までの時間には限りがあります。時間を有効に使いながら、しっかりと知識を増やしてください。

勉強がはかどるための工夫をしよう

国試の勉強は、暗記が必要だったり、理解に時間がかかったりするため、なかなか進みません。「さぁ、やろう」と思っているのに、眠気が襲ってくることもあります。そんなときにおすすめの方法は「歩きながら声に出して読む」ことです。私自身もよく使う方法なのですが、体を動かすので驚くほど目が覚めます。また、記憶は感情が動くほど定着するといわれているので、問題を解くたびに「やったー!」「間違えた!」と声を出してみるのもいいでしょう。

一人では勉強が進まないからと、友達と一緒に勉強をする方もいると思いますが、その場合は注意が必要です。下記に当てはまらない場合は、「楽しかったけど、あまり進まなかった」という結果になることが多いので、気をつけてください。

①問題を出しあうレベルまですでに勉強が進んでいる場合
②すごく勉強ができる人に教えてもらう(得意分野がお互いに違い、教え合うことができる)場合

国試の合格に必要な知識は大変多いため、勉強は一人で行ったほうが効率があがります。一人で勉強するときは、「今日は2時間勉強しよう」ではなく「今日は30問解こう」「今から20ページ読もう」という具合に、具体的な目標を立てるのが、やる気を維持するコツ。30問解いたら自分にご褒美をあげるなどの工夫をしながら、頑張る自分を応援してあげてください。

模擬テストの点数はこうやって上げる

国試本番に向けて勉強を続けているのに、なかなか模擬テストの点数が上がらずに焦っている方もいるかもしれません。ここでは、問題ごとの特性に合った勉強方法をご紹介しましょう。

必修問題は、暗記をしなければならないタイプの問題(「知識」を問う問題)が多く、専門書を振り返って「理解」を深めるような勉強法はあまり活用できません。「国試の過去問から多く出題される」という特徴をふまえて、国試アプリを取り入れたり、過去問を反復したりするのが有効でしょう。40点以上/50点(80%以上)がボーダーラインなので、心配もあるとは思いますが、隙間時間を使ってできる勉強法なので、生活の中に上手に組み込んでみてください。

一般問題や状況設定問題は、「知識」に加えて「理解」「分析」「判断」を問われる問題です。なかなか点数が上がらないとしたら、勉強量が足りていないことが一番の要因ですが、もう一つ意識しておくポイントがあります。「特徴を覚える」だけでなく「違いを覚える」ということです。

上記は前頭葉の症状に関する問題ですが、似たような側頭葉や頭頂葉の症状を混ぜて、受験者が迷うように出題されています。この場合、丸暗記したり、前頭葉の特徴だけ覚えたりしても、うろ覚えになってしまって点数が取れません。近年、5肢2択問題が増えてきたことからもわかるように、「うろ覚えの人」と「正確に理解している人」で合格者が分けられるようになっているのです。

ここで大切なのは、「前頭葉と頭頂葉の違い」まで意識しながら勉強すること。そうすれば自然と「分析や判断」までできるようになります。慣れてくると特徴を覚えるだけの方法より勉強がしやすくなると思いますよ。

受験生のあなたには頑張って合格してほしい

看護師国家試験は、看護学校で学んだ3、4年間の経験が試される機会であると同時に、受験勉強という形で、看護師になる力を「一気に身につける」機会でもあります。

ここまで、テクニカルな内容や、どこまで勉強するかの基準を示す内容を織り交ぜながら、いくつかの勉強法をご紹介しましたが、アルバイトや実習を頑張りながら、勉強をするのは本当に大変なことだと思います。ですから、「ここまではできない…」と落ち込む必要はありません。全部取り入れるのが難しければ、一つでも二つでも取り入れてもらえれば、結果が変わってくると思います。

目には見えなくても今の努力は確実に積み上がっています。看護師への扉は目の前です。自分を大切にしながら最後まであなたらしく走り抜けてください。応援しています。

なお、もう少し詳しく知りたい方は、以前出版した「国試完全攻略ガイドライン!/看護師国家試験に絶対合格する27の法則」(https://amzn.to/2H4bQ5O)のデジタル書籍に具体的に書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

プロフィール

原田 高志(はらだ たかし)

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師/セミナー講師/WABライター

看護師歴19年。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、セミナー講師や看護学校の非常勤講師を長年務め、アンケートでも「わかりやすい」「実践したくなる」と好評を得ている。看護雑誌や一般紙への執筆に加え、

2018年に看護師国家試験対策のデジタル書籍も出版。2019年に看護師1年目から身につけたい 一生を支える大切なスキルを出版。看護学生や新人看護師への教育に特に力を入れており、SNSを通じて「気付き」につながる配信を続けている。

\あなたにぴったりの転職先が見つかります/

\自分にぴったりな職場を見つける♪/

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  2. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  3. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  4. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  5. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  6. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  7. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  8. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  9. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  10. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  11. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  12. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試の合格状況|速報
  13. vol.111 【2020年合格発表】第109回 看護師国家試の合格状況|速報
  14. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  15. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  16. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  17. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  18. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  19. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  20. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  21. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  22. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  23. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  24. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  25. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  26. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  27. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  28. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  29. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  30. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  31. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  32. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  33. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  34. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  35. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  36. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  37. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  38. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  39. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  40. vol.84 5月12日「看護の日」
  41. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  42. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  43. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  44. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  45. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  46. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  47. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  48. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  49. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  50. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  51. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  52. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  53. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  54. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  55. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  56. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  57. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  58. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  59. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  60. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  61. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  62. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  63. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  64. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  65. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  66. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  67. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  68. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  69. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  70. vol.54 コミュニティナース/護身術
  71. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  72. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  73. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  74. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  75. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  76. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  77. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  78. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  79. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  80. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  81. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  82. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  83. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  84. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  85. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  86. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  87. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  88. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  89. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  90. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  91. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  92. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  93. vol.31 看護師の届出制度について/他
  94. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  95. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  96. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  97. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  98. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  99. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  100. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  101. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  102. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  103. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  104. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  105. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  106. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  107. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  108. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  109. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  110. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  111. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  112. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  113. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  114. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  115. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  116. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  117. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  118. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  119. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  120. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  121. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  122. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  123. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他