ビューティーレクチャー 花田真理のキレイのための基礎知識

ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】

第33回目

日々多くの患者さんに接し、また力仕事も多い看護師さん。仕事中はすっきりまとめられて清潔感のある髪型を心がけたいですよね。とはいえ、ただ結ぶだけのヘアスタイルにマンネリを感じている方も多いのでは? そんな方のために、不器用な人でも簡単にできて、かわいいまとめ髪アレンジを全6回の連載でお届けします。第1回目の今回は、アップスタイルの基本中のキホン、おだんごアレンジです。

キホンのおだんご

輪っか結びに毛束を通すだけの簡単な動作で、立体的なおだんごをつくることができます。ポイントは結び目の高さと、おだんごを縦と横にくずすテクニック。多少おおざっぱにつくってもかわいくなるので忙しい出勤時におすすめの髪型です。勤務中は、きつめに髪をまとめて控え目にくずすときちんと感をキープできます。

<キホンのおだんごのつくり方>

1.髪を手ぐしで頭頂部に集めてポニーテールをつくる要領でまとめ、毛束を通しきらない輪っか結びにします。

2.1の輪っか結びでできたおだんご部分を縦に大きくさいて、前と後ろに広げます。

3.広げた髪を外側からすくい、根元に向かってUピンをさして留めます。

4.横にも大きくさいて、おだんごを丸く立体的に崩していきます。

5.左右に広げた髪をそれぞれUピンで留めます。すき間をつくらないように気をつけましょう。

6.1の輪っか結びでゴムに通しきらなかった余った毛先を、内側にねじります。

7.ねじった毛束をおだんごに巻きつけ、根元にUピンをさして留めます。

8.正面からもボリュームが見えるように、立体的に整えて完成です。

アレンジのポイント

輪っか結びのおだんごを高い位置でつくれば正面からもおだんごが見えて華やかな印象になり、低い位置でつくれば大人っぽい印象になります。状況によって使い分けてみましょう。

美容クリニックに興味のある看護師さん必見♪

こなれ感アップ!サイドおだんご

おだんごを片サイドに寄せるだけで、ニュアンスが出ておしゃれな雰囲気に。おだんごはできるだけ大きめにつくり、縦横に大きくくずすことで、ふんわりした印象のアレンジにすることができます。

<サイドおだんごのつくり方>

1.時間があれば、ヘアアイロンで波ウェーブにしてアレンジ前のベースをつくります。片サイドのえり足の髪を少しだけ残し、サイドの高い位置に髪全体を集め、毛先を通しきらない輪っか結びのおだんごをつくります。

2.えり足の髪を外側にねじり、ねじった毛束から指で引っ張り出してくずします。ねじった髪を下からおだんごにクルッと巻きつけてピンで留めましょう。

3.1でつくったおだんごを縦横にさき、引っ張り出してくずします。毛束やおくれ毛をピンで留めて完成です。

Side:反対側から見ると、顔周りに髪の毛がなくなりすっきりとした印象に。

アレンジのポイント

オンとオフの2WAYで使えるヘアアレンジです。勤務中は黒ゴム・黒ピンのみで、アフター5にバレッタやクリップ等のヘアアクセを結び目に着けて変化を楽しみましょう。

最後に

ヘアアレンジ初心者や不器用な人でも、数回挑戦すればコツをつかめるのが、輪っか結びのおだんごヘア。最初は少しだけ手こずっても、慣れれば5分でつくれるようになります。えり足のおくれ毛が気になる場合は、ヘアワックスで固定してからピンをさすようにするときれいにまとまるので試してみましょう。
次回の「ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪」で紹介するのは「ロープ編み」のヘアアレンジ。11月28日(水)に更新予定です。

※本記事は『とっても簡単、誰でも可愛い♡ 大人きれいなまとめ髪』(セブン&アイ出版刊)をもとに加筆、再構成したものです。

ヘアアレンジ初心者や不器用な人でも、数回挑戦すればコツをつかめるのが、輪っか結びのおだんごヘア。最初は少しだけ手こずっても、慣れれば5分でつくれるようになります。えり足のおくれ毛が気になる場合は、ヘアワックスで固定してからピンをさすようにするときれいにまとまるので試してみましょう。

次回の「ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪」で紹介するのは「ロープ編み」のヘアアレンジ。11月21日(水)に更新予定です。

※本記事は『とっても簡単、誰でも可愛い♡ 大人きれいなまとめ髪』(セブン&アイ出版刊)をもとに加筆、再構成したものです。

働きながら綺麗になれる♪ 美容クリニックの求人特集

プロフィール

Kanagon(宮島香奈子) ヘアメイクアップアーティスト

バンタンキャリアスクールのヘアメイク科卒業後、信澤Hitoshi氏のもとで技術を磨き2008年に独立。ヘアメイクアップアーティストとしてCM、広告、舞台と幅広いジャンルで俳優、アーティスト、モデルのメイクを手がける。2011年にビューティーサロン『Beauty Salon nagomi』を渋谷に設立。現在は渋谷の他に、池袋、立川との計3店舗を展開している。

『とっても簡単、誰でも可愛い♡ 大人きれいなまとめ髪』(セブン&アイ出版刊)監修。

キレイのための基礎知識 ほかの記事も読む

  1. 第41回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol. 6編み込み】
  2. 第40回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.5ポニーテール】
  3. 第39回目 白衣の下に何を着る? 看護師さんの身だしなみ
  4. 第38回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.4ボブアレンジ】
  5. 第37回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.3シニヨン】
  6. 第36回目 【姿勢改善ストレッチ】姿勢美人で第一印象アップ、首・肩こり&腰痛解消!
  7. 第34回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.2ロープ編み】
  8. 第35回目 【第一印象UP!】初対面で心をつかむ「美姿の法則」①立ち方&歩き方
  9. 第33回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】
  10. 第32回目 【睡眠不足解消】1分カンタン夜ぐっすりの快眠テク
  11. 第31回目 【足の疲れ&むくみ解消!】10秒で効くツボ&マッサージ
  12. 第30回目 【肩こり解消!】カンタン1分体操
  13. 第29回目 【腰痛改善】4つの簡単エクササイズ
  14. 第28回目 【夜勤太り解消企画】不規則勤務でも太らないコンビニ食【まとめ】
  15. 第27回目 【夜勤太り解消企画】夜勤で太る原因とは!? 気をつけるべき5つのこと
  16. 第26回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジ2
  17. 第25回目 簡単・ストレスフリーのずぼらダイエット
  18. 第24回目 「汗・臭い」対策で体臭美人に!
  19. 第23回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジテク「くるりんぱ」
  20. 第22回目 マスク美人になるアイメイクのコツ
  21. 第21回目 マスクをしても落ちないメイクテクニック
  22. 第20回目 温泉の効能・泉質・特徴で選ぶこだわりの湯10選
  23. 第19回目 冷えに負けないポカポカ美人<後編>
  24. 第18回目 冷えに負けないポカポカ美人<前編>
  25. 第17回目 日焼け後のシミ対策とアフターケア
  26. 第16回目 意外と知らないムダ毛処理のNGポイント
  27. 第15回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<後編>
  28. 第14回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<前編>
  29. 第13回目 不織布マスクによる病院内での肌荒れ&乾燥対策は?
  30. 第12回目 看護師の勤務中に「乾燥」を引き起こす意外なアイテム
  31. 第11回目 乾燥は看護師の敵! 「乾燥肌」の種類について
  32. 第10回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<後編>
  33. 第9回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<前編>
  34. 第8回目 化粧直しの裏ワザ<後編>
  35. 第7回目 化粧直しの裏ワザ<前編>
  36. 第5回目 顔色をよく見せるには?
  37. 第6回目 顔色をよく見せるメイク方法
  38. 第4回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <後編>
  39. 第3回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <前編>
  40. 第2回目 ハンドクリームの選び方
  41. 第1回目 ハンドクリームについて