ビューティーレクチャー 花田真理のキレイのための基礎知識

顔色をよく見せるメイク方法

第6回目

前回、顔色をよく見せるために心がけたいこと、改善方法についてお伝えしました。
今回は、メイクによる「顔色をよく見せるテクニック」についてお話しします。

メイクで顔色をよく見せる方法とは?

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、鉄分の多い食事を摂ったりしてもなかなか結果が出ない場合には、顔色をよく見せるメイクがおすすめです。
メイクをする前に、スキンケアを下記1→3の順で行うとより効果的です。

1.寝ている間に溜まった汚れを落とすために「洗顔」をする。
寝ている間の皮脂汚れを落とすためには、基本的に洗顔料を使った洗顔が必要です。朝は洗顔料を使わず水洗顔をする人がいますが、乾燥肌の人や皮脂の分泌が少ない人以外は洗顔料を使った方がいいでしょう。

2.化粧水で「保湿」をする。
化粧水は洗顔後一刻も早くつけましょう。お肌が潤っている状態であれば化粧水を使わず美容液をつけたり、次のステップに移って構いません。オールインワンの基礎化粧品を使用している人もここを飛ばして構いません。

3.乳液やクリームで「マッサージ」をする。(血行をよくするため)
スキンケアの仕上げとして乳液やクリームを使うと思いますが、その際にかるくマッサージをするといいでしょう。リンパの流れに沿って老廃物を流すように優しく指を滑らせたり、耳マッサージなどを行うと血行がよくなり顔色が明るく見えますよ。

顔色をよく見せるメイクでは、肌に合わせた「コントロールカラー」を使うことが大切です。
コントロールカラーとは、化粧下地の一つで肌の色補正を目的に使われるアイテムです。全体用と部分使い用があり、全体用の方が緩めのテクスチャー、部分使い用の方が硬めのテクスチャーであることが多いです。肌の悩みが複数ある人は、部分使い用を使い分けるといいでしょう。全体用は化粧下地代わりに使え、より綺麗な肌に見せることができるアイテムです。

・顔色が青白いタイプの場合・・・ピンクのコントロールカラーがおすすめです。顔全体に使うことで血色をアップさせて健康的な肌に見せてくれます。

・顔色が赤いタイプの場合・・・グリーンのコントロールカラーがおすすめです。全体的にニキビ跡が気になる場合は顔全体に、部分的に赤い場合は部分使いをしてください。小鼻の赤みを隠すのにも適しています。たくさん塗りすぎると白くなりすぎるので注意が必要です。

・顔色が土気色タイプの場合・・・パープルやブルーのコントロールカラーがおすすめです。顔全体に使うことで肌のくすみをリセットしてくれたり、透明感をアップさせてくれます。

これらを自分の顔色の状態に合わせて肌に塗っていきましょう。

コントロールカラー以外に重要なこと

チークは血色の鍵を握っています。どの顔色のタイプでも自分の肌に合った血色をよく見せる色を使うことが重要ですが、ピンク系やローズ系のチークを使うと血色よく見えることが多いです。オレンジ系のチークはより土気色に見えたり、くすんで見えてしまう場合があるので注意しましょう。
チークは頬が一番高くなる場所に入れるのが基本ですが、それより気持ち上に入れると若々しく見えます。また、肌を若々しく見せるには、ツヤなどの質感も大切。くすみはパールやラメの光で飛ばすことができます。光を利用することで輝く上質なツヤ肌に見えますよ。
目元はアイシャドウ、肌はコントロールカラーやフェイスパウダーなどをパール配合のものにするのをおすすめします。パール配合のフェイスパウダーをメイク直しで使えば、パールの光効果で午後のお疲れ顔にも効きますよ。さらに、ピンク系のフェイスパウダーは、明るく血色のいい自然な色白肌に近づけることができます。ホワイトは白浮きしやすく、オークルはくすんで見えてしまうことがあるので、自然さを出したい場合はピンク系のパウダーを使用してください。また、唇の色も顔色を左右させます。真っ赤といった、色味の強い口紅は老けた印象を与えることがあるので注意が必要ですが、赤みがかったクリアなリップグロスは、血行がよい唇に見えておすすめです。

最後に

顔色をよく見せるメイクは、コントロールカラーフェイスパウダーチークグロス4つをうまく使いこなすことがポイントです。
例えば、パープルのコントロールカラー×ピンクのフェイスパウダーなど、自分の肌が綺麗に見える組み合わせを見つけていきましょう。コントロールカラーは何色か揃えておくとその日の顔色によって対応することができ、おすすめです。コントロールカラーとフェイスパウダーを使えば、粗のないナチュラル肌になれるので、夜勤の日はファンデーションを使わずに、コントロールカラーとフェイスパウダーで仕上げてしまうのもありです。
コントロールカラーとフェイスパウダーで肌の色を調整し、チークとグロスで血色をプラスすると覚えておきましょう。

プロフィール

花田 真理(はなだ まり) 薬剤師/美容家

大学卒業後、調剤薬局に勤務。その後化粧品業界へ転職し、薬事・商品研究開発・総括製造販売責任者等の業務に携わる。現在は、自身のブランド(化粧品「MarryMemory」、ハーブティー「Doctor&Pharma」)を立ち上げ、薬剤師兼美容家として活動中。

Doctor&Pharma : http://www.doctor-and-pharma.co.jp/

キレイのための基礎知識 ほかの記事も読む

  1. 第41回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol. 6編み込み】
  2. 第40回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.5ポニーテール】
  3. 第39回目 白衣の下に何を着る? 看護師さんの身だしなみ
  4. 第38回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.4ボブアレンジ】
  5. 第37回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.3シニヨン】
  6. 第36回目 【姿勢改善ストレッチ】姿勢美人で第一印象アップ、首・肩こり&腰痛解消!
  7. 第34回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.2ロープ編み】
  8. 第35回目 【第一印象UP!】初対面で心をつかむ「美姿の法則」①立ち方&歩き方
  9. 第33回目 ずぼらでもかわいくなれる♡看護師さんのまとめ髪【vol.1おだんご】
  10. 第32回目 【睡眠不足解消】1分カンタン夜ぐっすりの快眠テク
  11. 第31回目 【足の疲れ&むくみ解消!】10秒で効くツボ&マッサージ
  12. 第30回目 【肩こり解消!】カンタン1分体操
  13. 第29回目 【腰痛改善】4つの簡単エクササイズ
  14. 第28回目 【夜勤太り解消企画】不規則勤務でも太らないコンビニ食【まとめ】
  15. 第27回目 【夜勤太り解消企画】夜勤で太る原因とは!? 気をつけるべき5つのこと
  16. 第26回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジ2
  17. 第25回目 簡単・ストレスフリーのずぼらダイエット
  18. 第24回目 「汗・臭い」対策で体臭美人に!
  19. 第23回目 忙しい看護師さんの超簡単まとめ髪アレンジテク「くるりんぱ」
  20. 第22回目 マスク美人になるアイメイクのコツ
  21. 第21回目 マスクをしても落ちないメイクテクニック
  22. 第20回目 温泉の効能・泉質・特徴で選ぶこだわりの湯10選
  23. 第19回目 冷えに負けないポカポカ美人<後編>
  24. 第18回目 冷えに負けないポカポカ美人<前編>
  25. 第17回目 日焼け後のシミ対策とアフターケア
  26. 第16回目 意外と知らないムダ毛処理のNGポイント
  27. 第15回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<後編>
  28. 第14回目 サンダルも怖くない! 「かかとケア」で素足美人に!<前編>
  29. 第13回目 不織布マスクによる病院内での肌荒れ&乾燥対策は?
  30. 第12回目 看護師の勤務中に「乾燥」を引き起こす意外なアイテム
  31. 第11回目 乾燥は看護師の敵! 「乾燥肌」の種類について
  32. 第10回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<後編>
  33. 第9回目 ベースメイクアイテムの違いと使い分け<前編>
  34. 第8回目 化粧直しの裏ワザ<後編>
  35. 第7回目 化粧直しの裏ワザ<前編>
  36. 第5回目 顔色をよく見せるには?
  37. 第6回目 顔色をよく見せるメイク方法
  38. 第4回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <後編>
  39. 第3回目 肌荒れしないために知っておきたいスキンケアの基本 <前編>
  40. 第2回目 ハンドクリームの選び方
  41. 第1回目 ハンドクリームについて