私が出会ったびっくりな患者さん

尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A

第22回

『エキスパートナース』2018年3月号<尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A>より抜粋。ここでは挿入・継続・抜糸のよくある疑問を紹介いたします。詳しくは<この記事を読む>からリンクしている解答ページで確認できます。(解答ページは随時公開予定)

目次

  1. 1. 尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A
  2. 2. Part1-その[挿入]“トラブルなく”できている?
    ∟Q1.尿道カテーテル挿入・留置時の尿道損傷、どう防ぐ?

    ∟Q2.尿道カテーテルの挿入が“困難”な場合、どうする?
  3. 3. Part2-本当に[継続]が必要なら“きちんと観察・管理”を行おう!
    ∟Q3.尿道カテーテル留置時は尿の何をどう観察する?

    ∟Q4.おさらいしたい! 尿道カテーテル挿入時・留置中の“感染対策上”の注意点は?

    ∟Q5.尿道カテーテル留置中のトラブル:こんなときどうする?
    ∟Q6.尿道カテーテル留置中の発熱は尿路感染症? どうやって見分ける?
  4. 4. Part3-尿道カテーテル[抜糸]のための“解決策”があるはず!
    ∟Q7.尿道カテーテルをなるべく抜く…医師はどう考えているの?

    ∟Q8.尿道カテーテルを定期的に見直す…なぜ? 本当にできる?
    ∟Q9.尿道カテーテルを抜去する試み:その進め方は?

尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A

編集
南里純代
大阪市民病院機構 大阪市立十三市民病院 看護部主査(感染管理認定看護師)
編集協力
安達高久
大阪市民病院機構 大阪市立十三市民病院 泌尿器科 部長
河野 学
大阪市民病院機構 大阪市立十三市民病院 泌尿器科 担当部長

感染対策(CAUTI予防)の観点からも排尿自立の観点からも、「尿道カテーテル」はできる限り抜去したい……ものの、現実的には“挿入しっぱなし”の状況もあります。気にしておきたい“挿入”“継続(留置)”“抜去”の根拠を示します!

Part1-その[挿入]“トラブルなく”できている?

<この記事を読む>
Q1.尿道カテーテル挿入・留置時の尿道損傷、どう防ぐ?
Q2.尿道カテーテルの挿入が“困難”な場合、どうする?

Part2-本当に[継続]が必要なら“きちんと観察・管理”を行おう!

<この記事を読む>
Q3.尿道カテーテル留置時は尿の何をどう観察する?
Q4.おさらいしたい! 尿道カテーテル挿入時・留置中の“感染対策上”の注意点は?
Q5.尿道カテーテル留置中のトラブル:こんなときどうする?
Q6.尿道カテーテル留置中の発熱は尿路感染症? どうやって見分ける?

4. Part3-尿道カテーテル[抜糸]のための“解決策”があるはず!

<この記事を読む>
Q7.尿道カテーテルをなるべく抜く…医師はどう考えているの?
Q8.尿道カテーテルを定期的に見直す…なぜ? 本当にできる?
Q9.尿道カテーテルを抜去する試み:その進め方は?

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)照林社
[出典]エキスパートナース2018年3月号
P.56~「尿道カテーテル 挿入・継続・抜去の根拠Q&A」

\あなたにぴったりの転職先が見つかります/

使える!看護テクニック ほかの記事も読む

  1. 第22回 尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A
  2. 第21回 患者の睡眠ケア Q7身体的予防策③【“治療薬を原因とする不眠”を防ぐためには、どう投与するとよい?】
  3. 第20回 患者の睡眠ケア Q6身体的予防策②【転倒を避けるために、睡眠薬はどのように使用するとよい?】
  4. 第19回 患者の睡眠ケア Q5 身体的予防策①【夜間頻尿に対応するためにできる工夫は?】
  5. 第18回 患者の睡眠ケア Q4環境整備 【入眠しやすい環境づくりとは?】
  6. 第17回 患者の睡眠ケア Q3 ケアの進め方 【昼寝て夜起きる患者】
  7. 第16回 患者の睡眠ケアQ2 睡眠障害のアセスメント 【患者が 「眠れない」と訴えるとき】
  8. 第15回 今はこうする! 患者の睡眠ケアQ&A【巻頭言+Q1なぜ睡眠障害は問題となる?】
  9. 第14回 【まとめ】これからのERAS®&ESSENSE!
  10. 第13回 項目10【全体】“いまの周術期患者教育”はこのように行う!
  11. 第12回 項目9【術後】「リハビリテーションは術当日から! 目標設定が大切」
  12. 第11回 項目8【術後】「不要なカテーテル類は早く抜く!」
  13. 第10回 項目7【術後】「血糖管理は180mg/dL以下かつ低血糖を回避」。血糖値変動の感覚を磨こう!
  14. 第9回 項目6【術後】早期経口摂取は大切! …でも本当に摂取できる?
  15. 第8回 項目5【術後】術後の痛みのコントロールはナースが担う役割!
  16. 第7回 項目4【術中、術後】輸液量は大丈夫? 過剰でもダメ、不足でもダメ!
  17. 第6回 項目3【術前から術直後】ほかにも知りたい! ナースにできること
  18. 第5回 項目2【術前】術前の輸液療法は不要。経口補水療法を使おう!
  19. 第4回 項目1【術前】下剤処置は“必要最低限”のみ施行する!
  20. 第3回 [総論]なぜ、いま術後回復の考え方が大切?(後編)
  21. 第2回 [総論]なぜ、いま術後回復の考え方が大切?
  22. 第1回 術後のつらさを改善する【10項目】ナースができる!「 ERAS ®」