業界ニュース情報便

vol.66

要注意!看護師も気をつけたい「6月病」とは?

「5月病」はよく聞く話ですが、最近では社会人の「6月病」が増えはじめているのをご存じでしょうか。もちろん、この「6月病」は、看護師の世界でも例外ではありません。新人看護師はもちろんのこと、ベテラン看護師でも注意しておきたい「6月病」についてお伝えします。

6月病とは?
そもそも、「6月病」ってなに? 「5月病」とどう違う ? という方も多いでしょう。「6月病」も「5月病」と同じで、新生活や仕事によるストレス、心の疲れなどがたまり、心身の不調となって表れるもの。以前までは5月に陥りやすかったのですが、近年では、集合教育オリエンテーションを充実させる向きがあり、現場への配属が遅れる傾向に。5月に少しずつ現場での仕事に入り、その影響が6月に出てしまうのです。

「6月病」の原因は?
新人看護師にも専門性や技術が高く求められるため、集合教育や研修に多くの時間を割く病院が増えてきています。こうした長時間研修が、現場で働くことへの抵抗を生んでしまうとも考えられます。また、5月に現場に入り、はじめのうちは軽めの負担を配慮されていた業務が、6月になって急に重くなってしまった結果、残業や課題が一気に増えて心身共に疲れ切ってしまい、仕事に来られなくなってしまったというケースも。
そのほか、夏季休暇時期となる7月・8月は、看護師同士の休み希望が重なり、休みがとりにくくなるため、気をつかって6月に休暇を申請するという看護師も多いため、連休明け仕事に行きたくなくなったり、モチベーションが下がってしまったりして、急に辞めてしまう看護師もいるようです。

「6月病」、あなたは大丈夫?
「6月病」は、本人も気づかないうちになってしまっていることも!チェックリストを参考に、自分の心身状態を確認してみましょう。

【精神面チェックリスト】

  • □ とにかくやる気が出ない。無気力状態である。
  • □ 楽しいと思えることがなく、気分転換できていない。
  • □ 気持ちが落ち着かない。申し送り時に声が震えるなど、過緊張になる。
  • □ イライラしてしまう。同期と話しても気分が楽にならない。
  • □ 仕事 先々 ことを考えただけで、焦りや不安を感じる。

【身体面チェックリスト】

  • □ 疲れがとれない。
  • □ 仕事前や仕事中にめまいがする。
  • □ 身体がだるく、頭が重い。
  • □ 夜、なかなか寝つけず、朝も早く目覚めてしまう。眠りが浅い。
  • □ 職場で ランチ時、食欲がなく、吐き気がする。

上記に当てはまる数が多けれ多いほど、「6 月病」リスクが高いといえるでしょう。

「6月病」にならないための対処法
チェックリストの症状を自覚している場合は、こじらせたり、長引かせたりしないためにも早めの対処が重要です。
対処法として、まずは自分の気持ちをため込まないように心がけましょう。とはいえ、なかなか職場の人にはいえないことも多いですよね。そんなときは、お世話になった看護学校時代の恩師や友人、ご両親などに話してみましょう。口に出すだけでも楽になりますよ。
2つめに、この時期は何かと余裕がなく、食生活、睡眠時間など生活全体が乱れてしまいます。できるだけ、早寝早起きをし、バランスのよい食事を心がけ、身体の抵抗力をつけるようにしましょう。ひとり暮らしの看護師はとくに注意が必要です。
3つめに、適度な運動を心がけましょう。部屋に引きこもってしまうと、気分も晴れず、うつ傾向が強くなります。外に出て軽く汗を流すような運動や趣味があれば、ぜひとも実践してください。

最後に、新人看護師以外のケースでは、あまりに長い休みをとりすぎることも影響すると考えられます。海外旅行に何週間も行くような非現実的な体験をしてしまうと、現実に戻りたくないと感じてしまうことも。余裕のある日程で旅行を組み、仕事復帰できるようなスケジュール管理ができるといいですね。

文:看護師 水谷良介

関連記事:マイナビニュース「五月病をどう克服するか?長引かせないためにも気をつけたいこと」

看護師ってやっぱり楽しい! イキイキ働く職場の声をお届け

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  2. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  3. vol.84 5月12日「看護の日」
  4. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  5. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  6. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  7. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  8. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  9. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  10. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  11. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  12. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  13. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  14. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  15. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  16. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  17. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  18. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  19. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  20. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  21. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  22. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  23. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  24. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  25. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  26. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  27. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  28. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  29. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  30. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  31. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  32. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  33. vol.54 コミュニティナース/護身術
  34. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  35. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  36. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  37. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  38. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  39. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  40. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  41. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  42. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  43. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  44. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  45. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  46. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  47. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  48. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  49. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  50. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  51. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  52. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  53. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  54. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  55. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  56. vol.31 看護師の届出制度について/他
  57. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  58. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  59. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  60. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  61. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  62. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  63. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  64. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  65. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  66. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  67. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  68. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  69. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  70. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  71. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  72. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  73. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  74. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  75. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  76. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  77. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  78. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  79. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  80. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  81. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  82. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  83. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  84. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  85. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他
  86. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他