NO IMAGE
  • 2022年9月29日
  • 2022年10月6日

新型コロナワクチン接種の65件を認定~厚労省が健康被害審査部会の審議結果公表

 
9月22日、厚生労働省は、予防接種と疾病・障害などとの因果関係を審議した「疾病・障害認定審査会感染症・予防接種審査分科会新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審査部会」の審議結果において、新型コロナワクチンを接種した84件について、認定65件(累計985件)、否認13件(累計82件)、保留6件(累計27件)と公表しました。
年齢別では、40歳代が16件と最も多く、アナフィラキシーや急性アレルギー反応等の疾病・障害名を挙げ、請求内容の内訳は、いずれも「医療費・医療手当」となっています。

厚生労働省はこのほど、疾病・障害認定審査会感染症・予防接種審査分科会新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審査部会の審議結果を公表した。新型コロナワクチンを接種した84件について、予防接種と疾病・障害などとの因果関係を審議した部会は、65件を認定、13件を否認、6件を保留とした。【新井哉】

今回認定された65件の年齢別では、40歳代が16件で最も多く、以下は、20歳代、30歳代、50歳代(各12件)、70歳代(5件)、60歳代(4件)、10歳代、80歳代(共に2件)の順だった。

疾病・障害名については、アナフィラキシー、アナフィラキシー様症状、急性アレルギー反応、左橈骨神経障害、末梢神経障害、排尿障害、低髄液圧症候群、めまい、発熱、呼吸困難、炎症反応上昇、頭痛、咽頭痛、倦怠感、関節痛、多形滲出性紅斑、脱水症、蕁麻疹、食欲不振、心窩部不快感、一過性高血圧、右顔面神経麻痺、中毒疹、肝機能障害、左肩関節周囲炎、過換気症候群、呼吸苦、左上肢筋力低下、手指振戦、気管支喘息発作、咽頭違和感、咳嗽、鼻汁、嘔吐、下痢、動悸、腹痛、薬疹、四肢しびれ、両手握力低下、耳鳴り、嘔気、上腹部痛、脱力、震え、左三角筋炎、左棘下筋炎、虫垂腫大、筋肉痛、一過性意識レベル低下、一過性意識消失、頭部打撲、けいれん様発作、舌咬症、頸部リンパ節腫大を挙げている。65件の請求内容の内訳は、いずれも「医療費・医療手当」となっている。


出典:医療介護CBニュース