アストラゼネカ、国内で新型コロナ向け抗体医薬の第3相試験開始

ナースぷらす 編集部からのコメント

アストラゼネカは3月31日、新型コロナウイルスに感染した回復期の患者が持つ2種類の抗体を組み合わせた長時間作用型抗体(LAAB)開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗体である医薬候補「AZD7442」について、日本国内での国際共同第3相臨床試験(TACKLE試験)と第1相臨床試験を3月より開始したと発表。

AZD7442は実験段階で新型コロナの宿主細胞への結合をブロックし、細胞・動物の疾患モデルにおける感染から保護することが示されています。アストラゼネカは、AZD7442の承認が得られた際に日本に抗体医薬を提供する方向で昨年末より日本政府との交渉を開始しています。

アストラゼネカは3月31日、開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗体医薬候補「AZD7442」について、日本国内での国際共同第3相臨床試験(TACKLE試験)と第1相臨床試験を3月より開始したと発表した。

AZD7442は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した回復期の患者が持つ2種類の抗体を組み合わせた長時間作用型抗体(LAAB)。米ヴァンダービルト大学医療センターが発見し、治療効果が6~12カ月持続するようアストラゼネカ独自の技術で半減期が延長された。

治療だけでなく予防効果への期待も

AZD7442は実験段階でSARS-CoV-2の宿主細胞への結合をブロックし、細胞・動物の疾患モデルにおける感染から保護することが示されている。筋肉注射による投与で、SARS-CoV-2に感染した患者の発症・重症化予防に加え、ウイルスにさらされる前に予防する効果も期待されており、予防薬としてワクチン接種を補完する可能性もあるとされている。

TACKLE試験はCOVID-19治療の適応取得を目指すもので、18歳以上の男女1700例の登録を目標に、日本のほか米国、英国、ドイツなどでも実施されている。

アストラゼネカは、AZD7442の承認が得られた際に日本に抗体医薬を提供する方向で昨年末より日本政府との交渉を開始している。

【全国どこでもWEB・電話・メール相談OK】1分で完了!看護師の無料転職サポートに申し込む

<PR>日本最大級の看護師の転職サイト