Q&Aハッピーナース養成講座
Q.57

全然仕事ができない自分が嫌!

病院・職場

神奈川県在住 看護師歴3年目25歳

もうすぐ4年目になりますが、全然仕事ができません。ケアレスミスが目立つことや、コミュニケーションエラー、狭い視点で考えてしまい全体を見られないことなどです。看護師に向いていないのは承知しています。だからこそ改善しようと行動しているのですが、最近は新人よりできないというレッテルを貼られていて、もう限界です。看護の仕事は好きですが、こんな自分が嫌で、生きている価値もないと感じ死にたいくらいです。

地道に対策を模索して

ご自身なりに問題点を見つけ、改善しようとしているにもかかわらず、周りからできないレッテルを貼られている苦痛がどれほどかと思うと心中お察しいたします。看護の仕事がお好きであるからこそ、理想と現実のギャップに打ちひしがれ、ますますつらい思いがおありなのではないでしょうか。

できないレッテルを貼っているのはある特定の看護師なのか、周りの多くの看護師なのかによって対応策は変わってくるのですが、いずれにしてもミスやエラーを起こさないための対策についてはしっかりとご自身を見つめ直す必要があります。ご自身がどういったときにミスやエラーをしやすいのか、それらは何が原因で起こるのか、具体的にどういった対策を練るのかなど、ひとつひとつをていねいに見つめ、改善を図ってみてください。少しずつではありますが、確実に解決のスピードは速まりますよ。

ミスやエラーを何度も繰り返してしまう人の振り返りの仕方は、「今度から気をつけよう」だけで済ませるか、「その場の対策」のみを立てるだけで応用する考えを持たないという場合が多いです。「応用」を具体的に説明すると、以下のように考えることです。

例)

ミスの内容:伝票の書き漏れ

基本の対策:次回からは伝票を書き忘れないようにメモしておこう。

応用:伝票の書き漏らしが多いということは、記録の抜けなどほかの書類も抜けやすいかもしれない。書き忘れがないかを、すべてにおいて必ず確認する習慣をつける。

これが応用する考え方です。つまり、ひとつの出来事からいかに発展させた物事の考え方ができるかということ。それは、ご相談者さまのお悩みのひとつである「狭い視点」からの脱却にもつながると言えます。

「できない自分」を受け入れて

私のところにご相談にくる看護師の方々は「全然仕事ができません」という言葉をよく使います。本当はできているところもあるはずなのに、「そんなのはできて当たり前」という気持ちが強かったり、「理想の看護師像」が高かったりすると、人は冷静な視点で自分を評価することが困難になります。そのため、自分でもできていないと思っている→人にも言われる→やはり自分は何もできないとますます信じ込んでしまう→そんな自分が嫌になり責める……といった悪循環を繰り返してしまうのです。

実は、前述のような「対策の模索」は解決策としては有効ですが、このような心理状態に置かれている人にとって、筋道を立てて解決策を考えることは非常に困難を要します。対策の前に、まずは心の安定を取り戻すことを最重要課題としましょう。

現状において一番大切なのは「できない自分」「嫌な自分」をどれだけ受け入れられるかということ。「受け入れるなんてムリ、できない」という思いを抱く自分すらも否定しない姿勢が大事です。

仕事ができないと悩みながらも4年間、一生懸命に頑張ってきた自分。人の目を気にして落ち込みながらも目の前の出来事を必死にこなしてきた自分。看護師に向いていないと思いながらも、改善しようと取り組んできた自分。限界を感じるのは、それだけひたむきに頑張ってきたあなたがいるからです。まずは、そこの部分を「私なりに頑張ってきたよね」とねぎらってあげることから始めてくださいね。

<編集部からのアドバイス>
スペシャリストのアドバイスで悩みはスッキリ解決しましたか? もし、それでもまだモヤモヤする、環境を変えてスッキリしたい! という人は、『マイナビ看護師』のキャリアアドバイザーに相談してみませんか? 会って話すことで一人ひとりに合った職場をご紹介いたします。一緒に新しい一歩を踏み出してみませんか?

\キャリアアドバイザーがご希望に合った求人を紹介します/

\自分にピッタリの職場を見つける/

\履歴書・職歴書・志望動機の書き方をチェックする/

スペシャル講師プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師歴20年。新人教育のリーダーとして数多くの新人を育てた経験をもとに、カウンセリング、コーチングなど、さまざまな資格を活かして看護師さんの悩みに寄り添い、問題解決へと導く個人セッションを行っている。コーチング、カウンセリングの枠にとらわれない、「相手の思いを否定せず、ひとりでは考えつかない解決方法の提案」がクライアントから好評を博す。

HP:http://infinity-space.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

悩み・質問投稿受付中!

仕事・恋愛・育児・復職・美容・心の悩みなど、あなたの悩みを投稿しませんか?

もしかしたら、スペシャリストが答えてくれるかも?!

悩み・質問を投稿する

Q&Aハッピーナース養成講座 ほかの記事も読む

  1. Q61 患者さんのクレームどうすればよかったの?
  2. Q60 職場のSNSグループトークがつらい
  3. Q59 職場の納得できない不思議なルール
  4. Q58 絶賛婚活迷子中! いい出会いってどこにあるの?
  5. Q57 全然仕事ができない自分が嫌!
  6. Q56 考えすぎる悪いクセ
  7. Q55 仕事を頼めず終わらない
  8. Q54 空回りして、普段ならしないミスをしてしまう
  9. Q52 リーダーシップがなく、 気の強いスタッフに委縮してしまう
  10. Q53 私にだけ厳しく当たる先輩と どう付き合ったらいい?
  11. Q51 申し送りが苦手で、しどろもどろになります
  12. Q50 「看護師に向いていない」と感じていて やる気が出ない
  13. Q49 通勤時間の長さは我慢するしかない?
  14. Q48 看護師でも公認心理士になれる?
  15. Q47 認知症患者さんのセクハラにどう対応すべき?
  16. Q46 自分が本当は何をしたいのかわからない
  17. Q45 先輩のフォローがなくなってから ミスが目立つようになってしまった
  18. Q44 大きな失敗が頭から離れず、立ち直れない
  19. Q43 わがまますぎるシフト希望に どう対処したらいい?
  20. Q42 看護記録を書くのが遅いのをどうにかしたい!
  21. Q41 心にゆとりがなくて患者さんや スタッフに優しくできない
  22. Q40 話し下手は克服できる?
  23. Q39 結婚して仕事を辞めたいけど素敵な出会いがない
  24. Q38 バルーンカテーテルの固定は「する?」「しない?」
  25. Q37 プリセプターが怖すぎて毎日憂鬱!
  26. Q36 指導が不十分で、聞きたいことが聞けない
  27. Q35 仕事を手伝わない上司にイライラ
  28. Q33 アソシエーターとしての指導方法が分からない
  29. Q34 アパートの敷金は戻ってくるの?
  30. Q32 こんな私が看護師を続けていていいのか
  31. Q31 看護研究で人間関係が最悪に
  32. Q30 微熱でクーリングすることに疑問
  33. Q29 公立病院と民間の病院で働き方に差はあるの?
  34. Q28 できない新人を見るとイライラする
  35. Q27 リーダーに入れない
  36. Q26 【内科⇒外科】自分のできなさに愕然
  37. Q25 私生活をあれこれ聞かれて不快
  38. Q24 退職を引き留められ、困っています
  39. Q23 退職はボーナスを受け取ってからでも大丈夫?
  40. Q22 初めての夜勤がとても不安
  41. Q21 ボーナスに納得できないので転職したい
  42. Q20 生命保険はどれを選べばいいの?
  43. Q19 夜勤がつらい、家庭と育児を両立させたい
  44. Q18 看護に対する熱意がなくなった
  45. Q17 「あの人、使えない」と言われた
  46. Q16 バルーンカテーテルの固定は必須?
  47. Q15 辞めることは「逃げ」なのか
  48. Q14 同期のことをねたんでしまう私
  49. Q13 子育てのため夜勤ができない
  50. Q12 いつも私だけ先輩に責められる
  51. Q11 わからないから聞いたのに怒られた
  52. Q10 育児休業中に給付金はもらえるの?
  53. Q9 希望と違う職場に配属され、悩む
  54. Q8 子育てに関して職場の理解がうすい
  55. Q7 出産手当金もらうための条件は?
  56. Q6 作業スピードが遅く、帰れない
  57. Q5 転職するかどうか迷う
  58. Q4 やり方が古い職場に驚き
  59. Q3 口を開けば悪口ばかりのスタッフにうんざり
  60. Q2 ミスを隠すクセがついた
  61. Q1 苦手なスタッフと一緒の夜勤が憂鬱