Q&Aハッピーナース養成講座

話し下手は克服できる?

人間関係

栃木県在住 看護師歴2年 24歳

もともと人見知りをする性格で、学生時代から話すことが得意ではありませんでした。社会人になり、このままではいけないと思い、自分から積極的に話しかけようと努力しましたが、言葉に詰まってしまいうまく話せません。休憩時間に同僚が楽しく話しているのを見ると、話し上手な人をうらやましく感じます。

「聞く力」は信頼関係を結びやすい

苦手なことを克服しようとチャレンジするのは素晴らしいことです。
たしかに、話し上手な方は話題が豊富で、話の起承転結もしっかりとしており、周囲を楽しませることが得意ですよね。ムードメーカーにもなりやすいため、話下手な方にとっては憧れの対象になるかもしれません。
ですが、話下手だと自覚している方がいきなり話し上手になるのは簡単ではありません。盛り上がる話題を見つけたり、筋道を立てて話をしたり、周りを楽しませたり……など、会話へのハードルが高くなります。うまく話そうとすると、かえって苦手意識が強くなってしまうこともあります。
そこで、まずは「聞く」側に徹してみてはいかがでしょうか。人にはそれぞれ得意分野があります。苦手なことを克服するのが難しいと感じた場合には、「聞く」ことを得意にすることで力を発揮できるかもしれません。

会話は「キャッチボール」と表現されるように、「話す人」と「聞く人」の双方向で行われるものです。きちんと話を聞いてくれる人がいるだけで、話す側は安心感や信頼感を抱きやすくなります。

友好な人間関係を築くためにもっとも重要なのは、「話す力」よりも「聞く力」だといっても過言ではないでしょう。

聞き方に工夫をして、相手への興味を示す

「聞く」側に徹するといっても、ただ黙って話を聞いていれば良いというものではありません。
第一段階として、うなずく、「なるほど!」「へぇー!」などのリアクションをとる、笑顔で聞くなどの行動を通して、「私はあなたの話を聞いています」と表現することが大切です。

第二段階では、「質問を交えて話を聞く」ようにしましょう。そうすることで、会話が一方通行にならず、話も弾みやすくなります。

また、会話をする際に「どんな切り返しをしよう……」と考えすぎないよう気をつけましょう。この場合、自分に意識が向いているため、相手の話をきちんと聞けていない可能性があります。
「聞く」ことは非常に奥が深いコミュニケーションです。慣れるまでは大変ですが、相手の話に興味をもって聞くことで、自然と質問も浮かびやすくなります。「なにを話すか」より「どのように聞くか」を大切にしていきましょう。

転職の悩みや不安は、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

 

スペシャル講師プロフィール

坂口 千絵(さかぐち ちえ)

看護師/カウンセラー/ライフコーチ/セミナー講師/WEBライター

看護師歴20年。新人教育のリーダーとして数多くの新人を育てた経験をもとに、カウンセリング、コーチングなど、さまざまな資格を活かして看護師さんの悩みに寄り添い、問題解決へと導く個人セッションを行っている。コーチング、カウンセリングの枠にとらわれない、「相手の思いを否定せず、ひとりでは考えつかない解決方法の提案」がクライアントから好評を博す。

HP:http://infinity-space.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/counselor-chisa/

悩み・質問投稿受付中!

仕事・恋愛・育児・復職・美容・心の悩みなど、あなたの悩みを投稿しませんか?

もしかしたら、スペシャリストが答えてくれるかも?!

悩み・質問を投稿する

Q&Aハッピーナース養成講座 ほかの記事も読む

  1. Q69 後輩が「うつ病かも?」~周りの接し方や対応は?
  2. Q68 死と向き合うには
  3. Q67 【透析室】プライミングが遅い
  4. Q66 人のミスには厳しいくせに……
  5. Q65 飲み会への参加が苦痛
  6. Q64 相手によって態度を変える自分が嫌い
  7. Q63 主任に向いていない
  8. Q62 ミスの原因がわからない
  9. Q61 患者さんのクレームどうすればよかったの?
  10. Q60 職場のSNSグループトークがつらい
  11. Q59 職場の納得できない不思議なルール
  12. Q58 絶賛婚活迷子中! いい出会いってどこにあるの?
  13. Q57 全然仕事ができない自分が嫌!
  14. Q56 考えすぎる悪いクセ
  15. Q55 仕事を頼めず終わらない
  16. Q54 空回りして、普段ならしないミスをしてしまう
  17. Q52 リーダーシップがなく、 気の強いスタッフに委縮してしまう
  18. Q53 私にだけ厳しく当たる先輩と どう付き合ったらいい?
  19. Q51 申し送りが苦手で、しどろもどろになります
  20. Q50 「看護師に向いていない」と感じていて やる気が出ない
  21. Q49 通勤時間の長さは我慢するしかない?
  22. Q48 看護師でも公認心理士になれる?
  23. Q47 認知症患者さんのセクハラにどう対応すべき?
  24. Q46 自分が本当は何をしたいのかわからない
  25. Q45 先輩のフォローがなくなってから ミスが目立つようになってしまった
  26. Q44 大きな失敗が頭から離れず、立ち直れない
  27. Q43 わがまますぎるシフト希望に どう対処したらいい?
  28. Q42 看護記録を書くのが遅いのをどうにかしたい!
  29. Q41 心にゆとりがなくて患者さんや スタッフに優しくできない
  30. Q40 話し下手は克服できる?
  31. Q39 結婚して仕事を辞めたいけど素敵な出会いがない
  32. Q38 バルーンカテーテルの固定は「する?」「しない?」
  33. Q37 プリセプターが怖すぎて毎日憂鬱!
  34. Q36 指導が不十分で、聞きたいことが聞けない
  35. Q35 仕事を手伝わない上司にイライラ
  36. Q33 アソシエーターとしての指導方法が分からない
  37. Q34 アパートの敷金は戻ってくるの?
  38. Q32 こんな私が看護師を続けていていいのか
  39. Q31 看護研究で人間関係が最悪に
  40. Q30 微熱でクーリングすることに疑問
  41. Q29 公立病院と民間の病院で働き方に差はあるの?
  42. Q28 できない新人を見るとイライラする
  43. Q27 リーダーに入れない
  44. Q26 【内科⇒外科】自分のできなさに愕然
  45. Q25 私生活をあれこれ聞かれて不快
  46. Q24 退職を引き留められ、困っています
  47. Q22 初めての夜勤がとても不安
  48. Q23 退職はボーナスを受け取ってからでも大丈夫?
  49. Q21 ボーナスに納得できないので転職したい
  50. Q20 生命保険はどれを選べばいいの?
  51. Q19 夜勤がつらい、家庭と育児を両立させたい
  52. Q18 看護に対する熱意がなくなった
  53. Q17 「あの人、使えない」と言われた
  54. Q16 バルーンカテーテルの固定は必須?
  55. Q15 辞めることは「逃げ」なのか
  56. Q14 同期のことをねたんでしまう私
  57. Q13 子育てのため夜勤ができない
  58. Q12 いつも私だけ先輩に責められる
  59. Q11 わからないから聞いたのに怒られた
  60. Q10 育児休業中に給付金はもらえるの?
  61. Q9 希望と違う職場に配属され、悩む
  62. Q8 子育てに関して職場の理解がうすい
  63. Q6 作業スピードが遅く、帰れない
  64. Q7 出産手当金もらうための条件は?
  65. Q5 転職するかどうか迷う
  66. Q4 やり方が古い職場に驚き
  67. Q3 口を開けば悪口ばかりのスタッフにうんざり
  68. Q2 ミスを隠すクセがついた
  69. Q1 苦手なスタッフと一緒の夜勤が憂鬱