業界ニュース情報便

vol.99

知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)

自らの知識や経験を生かして、ヘルスケアに関連する分野での独立を考える看護師は少なくありません。中でも注目されるのが、ニーズが高まり続ける訪問看護ステーションの開業。その事業所数は年々増加しており、全国で約1万1000施設にも上ります。今回は、2016年にウィル訪問看護ステーションを立ち上げた岩本大希さんに、これまで手がけてきた事業所運営支援や看護師教育制度についてお話を伺いました。

WyL株式会社 代表取締役
ウィル訪問看護ステーション江戸川 所長 看護師・保健師
岩本大希さん

総合大学の看護医療学部を卒業後、神奈川県相模原市にある北里大学病院の救命救急センターのICU等で看護師として従事。三次救急のドラマティックな看護を経験しながら、患者が家に帰りたくても帰れないことで救急車のたらいまわしが起こる「ベッドの玉突き事故問題」や、突然の搬送・救命治療での充分な意思決定の時間が足りない事を問題と捉え、在宅医療・ケアの受け皿としてヘルスケアベンチャーにて24時間365日対応の訪問看護事業を起こす。

開業時よりも開業後の運営支援が重要

ウィル訪問看護ステーションは、東京都江戸川区・江東区で事業所を運営するほか、のれん分けした事業所が沖縄県と岩手県、福岡県にもあります。また、WyL株式会社として訪問看護に関するコンサルティング事業や研修受け入れ、教育コンテンツの配信も手がけ、看護師の起業をサポートしてきました。自身が事業所を立ち上げたときを振り返って、岩本さんはこう語ります。

「いざ、『この地域で在宅医療を頑張っていこう!』と決心しても、初めはわからないことだらけ。一つひとつを調べ上げ、ハードルをクリアしていくのは簡単なことではありませんでした。とはいえ、開業は調べれば誰でもすぐにできます。開業してからより良い看護を継続するため運営を安定させていくことのほうがよほど大変なのです。私がのれん分けにおいて開業することよりもその後の運営支援に力を入れているのも、自分自身が苦労した経験がもとになっています」(岩本さん)

事業所の立ち上げまでは事務的な側面が大きく、ポイントを踏まえて進めていけばサポートがなくとも誰でもクリアできます。しかし、スタートしてからは“経営”“マネジメント”の領域。事業経験がない看護師にとっては、右も左も分からないまま手探りで進んでいくことになります。そうした中で、岩本さんのような先達が伴走してサポートをしてくれるのであれば、どれだけ心強いことでしょう。

また、訪問看護の経験があまりない、あるいはまったくない看護師をスタッフとして受け入れたとき、どう育てていくべきかという点も悩ましい問題となります。

「疑問や不安、悩みがあるときは、誰かに相談するのがいちばんですが、訪問看護ステーションに所属するスタッフは平均5人程度。相談する相手がとても少ないのが実情です。より多くの意見が聞ければ解決するかもしれないし、詳しい人が少しでもいれば正しい方向へ導いてくれるかもしれないのに、それができない。そうした部分も、きちんと支援していけたらと思っています」(岩本さん)

ウィル訪問看護ステーションでは、のれん分け先のスタッフ全員が同じコミュニティの中で情報へのアクセス権を持ち、相談や教育コンテンツのすべてのリソースを共有できる仕組みを構築。そこで看護上の悩みはもちろんのこと、日々のケアを通して感じた喜びやモヤモヤなども気軽にシェアして前向きなコミュニケーションを図っているのだとか。また、小児や緩和、精神といった分野の専門家(認定看護師や専門看護師など)が所属しており、いつでもどこの場所からでも相談できる体制が整っていることも特徴のひとつです。

若手の参入を促す教育制度に注目!

訪問看護師の平均年齢は50歳近く。これから多くの地域で必要とされる24時間365日対応を実現するためにも、より若い層の看護師を訪問看護の世界に迎え入れる必要があります。そのために重要になってくるのは、「採用と、一にも二にも教育」だと岩本さんは話します。

「弊社では、たとえ新卒の看護師であっても、十分に成長できる教育制度を整えています。例えば、プリセプター制度によるOJT教育として、3カ月~6か月程度、細かくステップに分け進捗を細かくコントロールした同行訪問を実施していますし、クローズドのSNSやWEB帳票を活用して、同行訪問で行ったケア内容や課題、指導されたポイントなどが記録されチーム全体に常に公開、成長の進捗や課題の透明性を担保しています。このシステムにより、皆で新人の成長を見守り、いつだって必要に応じてチームとして検討・介入することができるのです。更に自チームだけで悩まず、他チームと一緒にディスカッションしたり、あるいは違うチームに研修に行ったりすることでより良い学習環境を構築できています」(岩本さん)

単独で訪問するようになってからも、クローズドSNSを活用し「常に自分だけで判断しなければならない」状況を避けるように「安心・安全」をコンセプトにしているとか。一方でオハマシステム(看護の成果を定量的に評価・共有できるツール)やポケットエコーなどを使い、自分たちの看護介入のアウトカムや成果を重視しているとのこと。

そしてそれらを支えるのが、学研メディカルサポートと共同開発した新人訪問看護師向けe-learning教材やウィルグループ内で共有されている専門家たちによる継続学習動画(小児や緩和、精神看護など)を使って、座学の面でも学びをサポート。訪問看護についての基礎から、緩和ケアなどの専門的な知識を習得できるものまで、多岐にわたるカリキュラムで若手の育成に努めています。この仕組みは、社員であればいつでも閲覧できるので、すきま時間を活用するなど好きなタイミングで自己学習することが可能。のれん分けした事業所でもウィルに関わる事業所ではすべて活用されているそうです。

また、自社だけでは学びにくい部分を補完するために、提携している東京都立墨東病院や、他の訪問看護ステーションに出向いての研修を実施しているのも、ウィル訪問看護ステーションの特色。OJT、座学、実務研修をうまく組み合わせることで、経験の少ない看護師の不安をやわらげ、ステーション全体の看護力の底上げを図っているわけです。

飽くなき前進がステーションの未来を拓く

ウィル訪問看護ステーションでは、オフラインだけでなくグループ内での“交換留学制度”にも取り組み、既に沖縄、福岡、東京、一関間で看護師たちの研修・交流がインタラクティブに進められています。

「沖縄県や岩手県、福岡県の事業所は、東京とは違った強みやスキルを持っています。だからこそ、互いのチームに出張し、いつもと異なる地域・メンバーでのケアを経験してもらえば、普段とは違った“学び”につながるはず。実際に行ったメンバーは非常に有意義であったと喜々として帰ってきます。将来的には、各人のライフステージに応じて、柔軟に異動や出向ができるような組織作りも視野に入れています」(岩本さん)

地方へののれん分けを行い、積極的な事業所間交流を図る一方で、岩本さんは、“地方看護師が大都市の事業所に集中して、地域による医療格差が激しくなること”に懸念を抱いています。「地元で育ち、その地域の実情をよく知る看護師が、地元の事業所に入職する、あるいは地元で事業所を立ち上げる、看護師の地産地消が理想」というのが岩本さんの考えですが、そうした流れが定着すれば、地方に雇用が創出され、地域活性にもつながっていくに違いありません。

「独立を考えている方にいちばん伝えたいのは、経験がないからといって躊躇しないでくださいということ。訪問看護に従事する人が増えれば、希望通り自宅で暮らせるようになる患者さんも確実に増えていくのですから。たとえ得手不得手があったとしても、それはチームで補えば良いのです」(岩本さん)

取材・文:ナレッジリング 中澤仁美
撮影:和知 明

参考:一般社団法人 全国訪問看護事業協会「令和元年訪問看護ステーション数調査結果」

ウィル(WyL)訪問看護ステーション
ライフスタイルに合わせた多様な働き方ができるステーション。同行訪問や引継ぎのみの教育だけでなく、オリジナルのe-larningとアクティブラーニング型の教育を取り入れ、新卒・新規入職者研修から管理者・看護専門職として自立するまでを支えるキャリア開発ラダーを提供します。各事業所では、転職希望者だけでなく、看護師や看護学生、他事業所の方々の見学も受け付けています。「訪問看護って?」「キャリアの相談をしたい」「経営について知りたい」そんなときは見学に参加してみてください。

所在地:東京都江戸川区中央4-11-8 アルカディア親水公園ビル 地下1階
TEL:03-5678-6522(ウィル訪問看護ステーション江戸川)
URLhttps://www.wyl.co.jp/

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  2. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  3. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  4. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  5. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  6. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  7. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  8. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  9. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  10. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  11. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  12. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試の合格状況|速報
  13. vol.111 【2020年合格発表】第109回 看護師国家試の合格状況|速報
  14. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  15. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  16. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  17. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  18. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  19. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  20. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  21. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  22. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  23. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  24. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  25. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  26. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  27. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  28. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  29. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  30. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  31. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  32. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  33. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  34. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  35. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  36. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  37. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  38. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  39. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  40. vol.84 5月12日「看護の日」
  41. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  42. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  43. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  44. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  45. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  46. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  47. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  48. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  49. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  50. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  51. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  52. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  53. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  54. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  55. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  56. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  57. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  58. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  59. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  60. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  61. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  62. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  63. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  64. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  65. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  66. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  67. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  68. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  69. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  70. vol.54 コミュニティナース/護身術
  71. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  72. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  73. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  74. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  75. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  76. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  77. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  78. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  79. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  80. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  81. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  82. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  83. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  84. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  85. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  86. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  87. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  88. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  89. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  90. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  91. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  92. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  93. vol.31 看護師の届出制度について/他
  94. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  95. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  96. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  97. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  98. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  99. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  100. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  101. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  102. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  103. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  104. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  105. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  106. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  107. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  108. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  109. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  110. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  111. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  112. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  113. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  114. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  115. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  116. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  117. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  118. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  119. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  120. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  121. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  122. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  123. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他