スキルUP↑ 看護師コミュニケーション術・マナー講座

マナー講座

WEB面接で気を付けたいポイント(第3回)~聴覚情報編~

「事前準備編」「視覚情報編」に続き、最終回となった今回は、「聴覚情報編」をお伝えいたします。
「聴覚情報」には言葉遣い、話し方、声のトーンなどが含まれます。WEB面接では同じ場をリアルで共有できない分、「場の空気で察する」ことがしづらいため、「聴覚情報」も重要視されます。それぞれのポイントを確認していきましょう。

言葉遣いのポイント

対面での面接に比べ、WEB面接では面接官のリードに任せて受身な態度や言葉足らずになりやすいものです。各場面で、実際に起こりがちな【NG例】を【OK例】と併せて見ていきましょう。

<面接を始める場面>
・面接官の「面接を担当いたします、〇〇と申します。よろしくお願いします」に対して…
【NG例】「あ、はい。よろしくお願いします」(×:名乗り忘れ
【OK例】「〇〇〇〇(フルネーム)と申します。本日はどうぞよろしくお願いいたします」

<面接を終える場面>
・面接官の「以上で終了いたします。本日はありがとうございました」に対して…
【NG例】「ありがとうございました」(×:言葉足らず
【OK例】「こちらこそ、本日は貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします」

<面接中、声が聞き取りにくい場面>
【NG例】「は?」、「はい?」や「聞こえにくいんですけど…」(×:素が出やすい
【OK例】「恐れ入りますが、もう一度お願いできますでしょうか」

 

話し方のポイント

WEB面接ではタイムラグや音声が聞き取りにくいなど、思わぬことが発生します。特に「聞き取りにくさ」は相手に大きなストレスを与えますので、以下の点を意識して話すようにしましょう。

<自分で話すとき>
・面接官が話し終わってから、 一呼吸おいて話し始める ようにしましょう。

<面接官からの質問に答えるとき>
一呼吸おいて、「はい」と返事をしてから答えます。早とちりすることも防げますよ。

<その他面接中に気を付けたいポイント>
・対面での面接以上に、「間」を意識して話すスピードを調整します。

口を大きく開き、ハキハキ聞き取りやすく話しましょう。口の開きが小さいと、ボソボソとした話し方になってしまいます。

 

声の大きさ、トーンのポイント

WEB面接では、お互いが聞いている音量が同じとは限りません。また、「機械」を通じて相手に声が届くため、対面で話すよりも声のトーンが低めになります。そのため、以下の点に注意しましょう。

・声が小さいのはもちろん、大きすぎるのも問題です。使用機器でボリューム調整はできますが、わからない場合は尋ねても良いでしょう。
(【例】 「恐れ入りますが、私の声の大きさはこのくらいでよろしいでしょうか?」 など)

明るい声のトーンは若々しく、生き生きした印象を与えます。
そのためには「笑顔で話す」ことを意識しましょう。笑顔で話すと口の中の空間が広がり、明瞭で聞き取りやすい声のトーンになります。

・WEB面接ではいつもより少し高めの声のトーン(ドレミの「ソ」の音階が目安)を意識しましょう。

以上、3回に渡って「WEB面接で気をつけること」をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
読者の皆様のWEB面接のご成功と今後のご活躍を、心よりお祈りしています。

プロフィール

人見 玲子(ひとみ れいこ)

株式会社コントレール代表
ビジネスマナー研修講師・キャリアコンサルタント

航空会社のグランドスタッフとして10年勤務。金融機関の研修企画・運営・臨店指導を経て2013年11月に独立起業。登壇回数は1,500回以上、受講者数は2万5千人を超える。
現在は法人・自治体向けビジネスマナー研修登壇を中心にキャリアコンサルティング、覆面調査、執筆活動を行う。今春は「オンライン新入社員研修」も数多く経験。

マナー講座 ほかの記事も読む

  1. vol.72 疼痛管理のマナー
  2. vol.71 WEB面接で気を付けたいポイント(第3回)~聴覚情報編~
  3. vol.70 WEB面接で気を付けたいポイント(第2回)~視覚情報編~
  4. vol.69 WEB面接で気を付けたいポイント(第1回)~事前準備編~
  5. vol.68 後輩指導のマナー
  6. vol.67 WEB面接のマナー
  7. vol.66 感染症予防の基本
  8. vol.65 清拭のマナー
  9. vol.64 食事介助のマナー
  10. vol.63 ナースコール対応のマナー
  11. vol.62 配膳のマナー
  12. vol.61 冷罨法・温罨法のマナー
  13. vol.60 軟膏塗布のマナー
  14. vol.59 パウチ交換(ストーマケア)のマナー
  15. vol.58 導尿のマナー
  16. vol.57 車いす移乗(全介助)のマナー
  17. vol.56 新人看護師・夜勤のマナー
  18. vol.55 不安や不満をクレームにしない接遇マナー
  19. vol.54 業務終了時のマナー
  20. vol.53 体調不良などで急なお休みをもらうときのマナー
  21. vol.52 休憩時間中のマナー
  22. vol.51 患者さんへの接遇マナー
  23. vol.50 坐薬挿入のマナー
  24. vol.49 体位変換のマナー
  25. vol.48 新人看護師のための年末年始・病院でのマナー
  26. vol.47 ドクターコールのマナー
  27. vol.46 血圧測定のマナー
  28. vol.45 ワゴン使用時のマナー
  29. vol.44 点滴管理のマナー
  30. vol.43 看護記録のマナー
  31. vol.40 提出物を出すときのマナー
  32. vol.41 夜勤のマナー
  33. vol.39 仕事を頼まれた際のマナー【先輩→後輩】
  34. vol.38 浣腸のマナー
  35. vol.37 足浴のマナー
  36. vol.36 仕事を頼むときのマナー
  37. vol.35 気道吸引時のマナー
  38. vol.34 高齢者の食事介助のマナー
  39. vol.33 インスリン注射時のマナー
  40. vol.32 成人患者さんのオムツ交換時のマナー
  41. vol.31 シリンジポンプ使用時のマナー
  42. vol.30 スムーズに退職するコツとマナー
  43. vol.29 意識障害がある患者さんの口腔ケア時のマナー
  44. vol.28 与薬時のマナー
  45. vol.27 シーツ交換時のマナー
  46. vol.26 転倒リスクがある患者さんに接するときのマナー
  47. vol.25 体温測定のマナー
  48. vol.24 上司・先輩と飲み会に行く時のマナー
  49. vol.22 患者さんの寝衣交換時のマナー
  50. vol.21 ナースステーションでのマナー
  51. vol.20 「におい」に関するマナー
  52. vol.19 申し送りのポイント
  53. vol.18 守秘義務のマナー
  54. vol.17 退職日のあいさつのマナー
  55. vol.16 初対面の方への「あいさつ」のマナー
  56. vol.15 SNSのマナー
  57. vol.13 上司に頼みごとを伝える際のポイント
  58. vol.14 看護師の身だしなみ
  59. vol.12 後片付けのルール
  60. vol.11 宴会の幹事を行う際の注意点
  61. vol.10 「二重敬語」を使っていませんか?
  62. vol.09 席を外すときのマナー
  63. vol.08 上司に使ってはいけないNGワード
  64. vol.07 正しいおじぎのマナー
  65. vol.05 上司とエレベーターに乗るときのマナー
  66. vol.06 正しいお酌の仕方
  67. vol.04 公私混同を避けるということ
  68. vol.03 約束の時間に遅れそうなときのマナー
  69. vol.02 クレームを言われたときの応対法
  70. vol.01 電話応対で大切な3つのマナー

コミュニケーション術 ほかの記事も読む

  1. vol.75 要領の悪い後輩にどう接するべき?
  2. vol.74 マスク着用下で高齢の患者さんと接するコツ
  3. vol.73 怒りっぽい患者さんへの対応の仕方
  4. vol.72 訪問看護での、患者さんとのコミュニケーション術
  5. vol.71 後輩とうまく付き合うコツ
  6. vol.70 先輩に報告・連絡・相談をするとき
  7. vol.69 忙しそうな先輩に相談をしたいとき
  8. vol.68 プリセプターとして後輩と接するときに気をつけること
  9. vol.67 先輩から注意を受けたときの対処方法
  10. vol.66 言い訳が多い後輩とのコミュニケーション方法
  11. vol.65 先輩に不快感を与えてしまう態度とは
  12. vol.64 忘れっぽい患者さんとの接し方
  13. vol.63 服薬拒否がある患者さんとの接し方
  14. vol.62 退院する患者さんへの接し方
  15. vol.61 患者さんを平等に扱うためのポイント
  16. vol.60 泣いてしまった子どもの患者さんへの接し方
  17. vol.59 患者さんの訴えを的確に把握するためのコミュニケーション方法
  18. vol.58 患者さんとのコミュニケーションを円滑にする声のトーン&表情
  19. vol.57 人間関係が悪い職場でのコミュニケーション術
  20. vol.56 処置の説明に納得してくれない患者さんへの対応
  21. vol.55 患者さんからのお問い合わせ電話対応ポイント
  22. vol.54 面会時に騒がしい患者さんの対処法
  23. vol.53 働きやすい職場にする、シフト表の作り方
  24. vol.52 上司から信頼されるコミュニケーションのコツ
  25. vol.51 話が長い患者さんの対応の仕方
  26. vol.50 緊張している患者さんへの対応方法
  27. vol.49 幼児に対するコミュニケーションのポイント
  28. vol.48 外国の患者さんとのコミュニケーション方法
  29. vol.47 何も訴えてこない患者さんの思いを引き出す方法
  30. vol.46 嫌みや悪口を言う上司への対応方法
  31. vol.45 アドバイスをする際に気をつけたいコミュニケーションのポイントとは?
  32. vol.44 退職時のあいさつで気持ちを上手に伝える方法
  33. vol.43 マスクをして会話をするときの注意点
  34. vol.42 理解度が不明な後輩への接し方
  35. vol.41 患者さんの話を聞くときの位置について
  36. vol.40 患者さんを待たせてしまうときのコミュニケーション方法
  37. vol.39 先輩たちから愛される後輩になるには?
  38. vol.38 先輩からのアドバイスを上手に受け止める方法
  39. vol.37 高齢者の接し方~会話編~
  40. vol.36 上司への上手な意志の伝え方<個人面談編>
  41. vol.35 威圧的な上司とのコミュニケーションはどうする?
  42. vol.34 先輩に仕事の相談をするときに気をつけたいこと
  43. vol.33 注射・採血時に患者さんの不安を和らげるコミュニケーション方法
  44. vol.32 効果的な術前オリエンテーションの方法
  45. vol.31 プリセプターと上手に付き合うコツ
  46. vol.30 気力を失い、言葉数が少ない患者さんとの接し方
  47. vol.29 患者さんに言ってはいけないNGワードとは?
  48. vol.28 増加するモンスターペイシェントへの上手な対応
  49. vol.27 患者さんが安心して話せるアナムネーゼのポイントとは
  50. vol.26 苦手な先輩の克服法
  51. vol.25 伝わらない医療用語に気をつけましょう
  52. vol.24 難聴の患者さんとのコミュニケーション術
  53. vol.23 患者さんの家族との良好な関係づくりの方法
  54. vol.22 患者さん同士のトラブル仲介法
  55. vol.21 患者さんの話の聞き方~基本編~
  56. vol.20 興奮している認知症患者さんへの対応
  57. vol.19 人間関係が気まずくならない注意・指摘の方法
  58. vol. 18 新人にストレスを与えていない? コミュニケーションチェック
  59. vol.17 生活指導を受け入れてくれない患者さんへの対応
  60. vol.16 新人看護師の上手な褒め方
  61. vol.15 連絡ミスを防ぐためのポイント
  62. vol.14 相手に誠意を伝える謝罪方法
  63. vol.13 患者さんと会話が続かないときはどうする?
  64. vol.12 上司の愚痴にどう向き合う?
  65. vol.11 相手が納得しやすい「伝え方」2つのポイント
  66. vol.10 第一印象を左右する!? アイコンタクトの取り方
  67. vol.09 上司・先輩からの「お願いごと」上手な断り方
  68. vol.08 新人指導で相手のモチベーションを上げるには
  69. vol.07 新人指導で言ってはいけないNGワードとは?
  70. vol.04 上司のやり方が納得できない!そんなときどうする?
  71. vol.06 患者さんの状況を的確に把握するためのポイント
  72. vol.05 どうしても苦手な患者さんの対応はどうする?
  73. vol.03 心配や不安をかかえる患者さんへの対応 2つのポイント
  74. vol.02 それって看護師の仕事?? 患者さんに業務外のことを要求されたときの対応法
  75. vol.01 多忙な上司・先輩への業務報告 「伝え方」2つのポイント