NO IMAGE
  • 2022年10月6日
  • 2022年10月6日

認知症に誤診され得る発達障害の存在を報告~熊本大病院神経精神科特任助教らの研究グループ

 
9月27日、熊本大の研究グループは、認知症に誤診され得る発達障害が存在することを発表しました。
認知症と誤診され得る発達障害の高齢患者の約半数は、ADHDの治療薬で症状が改善したことから、適切に診断し、治療を行うことで回復する可能性があることが明らかになっています。

熊本大は27日、認知症に誤診され得る発達障害が存在することを、研究グループが世界に先駆けて報告したと発表した。【新井哉】

同大病院神経精神科の佐々木博之特任助教、同大大学院生命科学研究部神経精神医学講座の竹林実教授らの研究グループの調査・研究で、認知症専門外来を認知症疑いで受診した患者446人のうち7人(1.6%)が発達障害(ADHD)であったことが判明した。

認知症と誤診され得る発達障害の高齢患者の約半数は、ADHDの治療薬で症状が改善したことから、適切に診断し、治療を行うことで回復する可能性があることが明らかになったという。研究の成果は、英国科学雑誌「BMC Psychiatry」に掲載された。


出典:医療介護CBニュース