業界ニュース情報便

vol.133

持続可能な在宅医療のためには看護師の力が欠かせない ――「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート

2020年10月14日(水)~16日(金)の3日間にわたり、幕張メッセにて「第3回医療と介護の総合展(東京)」(主催:リード エグジビジョン ジャパン株式会社)が開催されました。医療・介護分野のB to B商談展としては、日本有数の規模だけあって、会場では数多くのセミナーも実施。コロナ禍の状況にあっても多数の参加者でにぎわいました。

ここでは、15日(木)のセッション「地域包括ケア時代に求められる在宅医療とは?」から、小畑正孝先生、中村哲生氏によるセミナーの模様をレポートします。

セミナー(4) 新時代の医療の価値と地域包括ケアのもたらす未来

医療法人社団ときわ理事長小畑正孝(おばた・まさたか)さん昭和57年生まれ、秋田県出身。東京大学医学部医学科卒業。国際医療福祉大学三田病院で臨床研修後、東京大学公衆衛生大学院でMPHを取得。在宅支援診療所院長、在宅医療支援病院副院長などを歴任後、2016年9月に赤羽在宅クリニックを開業。2017年10月には医療法人社団ときわを立ち上げ、理事長に就任。現在、東京から埼玉にかけて訪問診療を専門とする診療所を展開する。

小畑先生が理事長を務める医療法人社団ときわは、「人に寄り添い、未来に挑む。」というビジョンを掲げ、4件の診療所を拠点に、16人の常勤医で累計3400人の患者さんを診てきた実績があります(2020年10月時点)。しかし、2020年は「未来に挑む」を体現するうえで、新たなハードルが立ちはだかった一年といえるでしょう。いうまでもなく、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が原因です。

1. 「サプライベース」から「ニーズベース」へ

「私は在宅医療をやっている者として、COVID-19の流行をはじめとする社会情勢の変化に直面する中で、『医療がどう変わっていくか』ということについて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。今、みなさんが提供しているサービスの価値が何なのか、それは今後も求められていくものなのか——。それを考えるきっかけをつかむことが本日のテーマです」

こう口火を切った小畑先生は、まずはCOVID-19をきっかけとした業界の変化について、次のように語ります。

「外に出にくくなったことで受診者が減少したり、初診時からのオンライン診療が解禁されたりといったこともありましたが、それらは表面的な変化にすぎません。もっとも本質的な変化は、患者さんが“自身にとって本当に価値あるサービスを選ぶようになりつつあること”ではないでしょうか。つまり、COVID-19を一つの起爆剤として、サプライベースからニーズベースへと価値観が転換しているわけです」

これまでは、既存の医療サービスに患者さん側が合わせる形でしたが、これからは患者さんのニーズに応じて医療サービスが変わっていかなければならないというのが、小畑先生の思い。真にニーズがあるサービスであれば、一時的に利用が減ったとしても必ず回復していく。そうでなければ、コロナ禍をきっかけに切り捨てられる。そんな状況が、この先に待っているのかもしれません。

2. 「パソジェニック」から「サルトジェニック」へ

また、小畑先生は「パソジェニック(pathogenic)」「サルトジェニック(salutogenic)」という二つのワードを使って価値観の転換を説明します。

「パソジェニックは『病因論』と訳されます。これは、病気の症状が現れたら受診して診断・治療を受け、回復したらめでたしめでたしというもので、多くの人が持っている医療モデルの概念ともいえます。それに対して、サルトジェニックは『健康生成論』と呼ばれ、そもそも『健康な状態』という基準点を設定せず、元がどんな状態でも、それより良くなればOKという概念。こちらは慢性疾患にマッチする考え方ですね」

小畑先生によれば、現在の医療保険制度は、基本的にパソジェニックモデルを前提として設計されたもので、設計当時は、慢性疾患よりも感染症対策が主眼となっていたのだとか。けれど、現代においてはサルトジェニック的な視点あるいは価値観も、一般的になりつつあります。

「すでに完全に回復する見込みがない場合でも、より幸せな状態をめざすのは大事なことです。生活の中で自分なりの役割や生きがいを見つけたり、仲間や家族と一緒にいる感覚を味わったりすることは、その人の健康や幸福に寄与します。こうした生き方のサポートをすることもサルトジェニックな考え方であり、在宅医療が貢献できる部分ではないでしょうか」

3. 「キュア」から「ケア」へ

「現在の医療モデルでは、患者さんの訴えがあってはじめてスポット的に介入し、治療につなげていきます。そして、回復したら医療とのつながりはなくなる。継続性がないですよね。また、予防という観点もあまりありません」

では、これからの時代に望ましい医療のあり方とは、どういうものなのでしょう? 小畑先生は「広く薄く予防的な介入をしていくこと」だと指摘します。

「治療という行為には、“患者さんにとってわかりやすい”という側面があります。薬をもらったり、手術を受けたりして、病気やけがが治る。その効果はわかりやすくて、価値を感じやすい。一方で、予防というのはとても価値がわかりにくいんです。予防的な介入で病気やけがを避けられたかどうかは、統計的なデータからしか見えてこず、多くの人は自身が予防によって助かったとは思いません。しかし、本来は病気になって治療して治るよりも、病気にならないほうがいいですよね。そのためには、未病の段階から広く薄く予防的介入をしていく必要があります」

4. 「集中」から「分散」へ

小畑先生は、価値観の変化にともなってサービスの提供場所も変わっていくといいます。従来は大勢のスタッフがいて、設備も充実している大規模な病院に安心感を覚える人が多かったけれど、これからは「在宅医療でも、自分にとって必要なサービスが提供されればそれでいい」という考え方が主流になっていく。そう考えているからです。

「エコーなどの医療機器や、クラウドカルテなどのICT(情報通信技術)の開発が進んだことで、質の高い在宅医療ができるようになったことが大きいです。確かに、1カ所に人を集めて医療を提供することは、効率性を追求したシステムだといえます。しかし、技術の発展で在宅医療が不利とされてきた部分が薄れてきたことで、『在宅でサービスを受けられる』というメリットが際立つようになると思います」

5. サービスの価値を再定義し、突き詰めよう

本セミナーのまとめとして、小畑先生は次のような言葉を投げかけました。医療に携わる人それぞれが、“自分ゴト”としてとらえておきたいメッセージです。

「『地域包括ケアの対象は介護が必要な高齢者だけ』と考えている人もいるようですが、本来はすべての人が対象になるはずですよね。地域で生活するために医療を必要とする人も、もっと軽いヘルスケアを必要とする人も、全員が対象になるということを忘れてはいけません。また、高度な医療を利用できることよりも、利用しなくて済むことのほうが、より価値が高いということも、再認識するべきです。これらは当たり前のようでいて、意外に忘れられていること。今後は、その当たり前のことを前提にしながら、みなさんが提供するサービスの価値は何なのかをしっかりと定義し、突き詰めていくことが大切だと思います」

セミナー(5) 地域包括ケア時代に求められる在宅医療の姿

医療法人社団永生会クリニックグリーングラス事務長中村哲生(なかむら・てつお)さん1993年に在宅医療の世界に足を踏み入れて以来、27年間にわたって経営に携わる。2017年3月より現職。同年5月に『コップの中の医療村―院内政治と人間心理』(日本医療企画)を出版。これまで在宅医療に係る顧問先は70か所ほどあり、年間100本以上の講演活動も行っている。

医療法人社団永生会(東京都八王子市)は、3つの病院を中核として、クリニック、介護老人保健施設、認知症グループホーム、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所を運営。疾病予防・医療・介護・福祉の切れ目ないトータル的なヘルスケアを提供しています。本セミナーでは、同グループのクリニックグリーングラスで事務長を務める中村氏が登壇し、在宅医療のあり方について語りました。

持続可能な在宅医療を形作ることが必要

「これから日本の総人口は減っていきますが、65歳以上の高齢者人口だけは2040年まで増え続けます。少子化が長らく続いているだけに、これからの高齢者医療をどう支えていくかは大きな課題です。そうした中、厚生労働省は『全員参加型在宅医療』の旗を振りはじめており、多くの病院が在宅医療に参入することをめざしています」

厚生労働省によれば、現在、在宅医療を必要としている人は、全国で約100万人いるとされています。しかし、それを支えられるリソースは、いまのところ確保できていないのが実情。看取りや夜間対応のニーズも増え続ける中、既存の現場が無理に無理を重ねて支えるかたちになれば、やがては崩壊してしまうでしょう。それだけに、持続可能な在宅医療のあり方を模索し、形作っていく必要があります。

「在宅医療を必要としている100万人に対して、在宅療養支援診療所がどのくらいあるかというと……。全国に1万4500件程度。まだまだ高齢者は増え続けるのに、どう考えても足りないじゃないですか。一方で、医療機関は全国に約11万件あります。ここが少しずつでも在宅医療の患者さんを診てくれたら、かなりの部分を賄えるという計算があり、厚生労働省は診療報酬などを使って誘導を進めているわけです」

互いに顔の見える関係性を築くこと”が重要

スタッフ確保の観点では、在宅医療に携わる医師のみならず、看護師も不足している状況にあるといいます。病院との人材争奪戦に勝つためには、魅力ある職場作りやキャリアプランの構築など、さまざまな手を打っていく必要があります。

「2006年に7対1の看護基準が導入されて以降、病院は経営上の要請もあって看護師集めに躍起になり、結果として在宅医療の現場から看護師が減ってしまいました。そのため、厚生労働省は7対1の入院基本料を引き下げ、『重症度、医療・看護必要度』を引き上げましたが、大きな流れを変えるまでには至っていません。そうした中で病院経営が厳しさを増しているため、まるで我慢比べのような様相を呈しています。一方で、2014年に地域包括ケア病床の制度が新設され、病院と在宅医療の垣根が少し低くなったことは明るい材料でしょう」

このようにニーズが高まり続ける医療業界ですが、個々の法人の生き残りについては安穏としていられない状況です。

「在宅医療に進出する医療機関が増えるのは、社会全体としては望ましいこと。しかし、個々の法人の経営的観点からすると、だんだんと患者さんの獲得が難しくなるかもしれません。現在の状況をみると、在宅医療で繁盛しているところは、ほぼ100%が口コミの効果によるもの。良い口コミを広げてもらう観点から考えると、地域包括ケアシステムの中で“互いに顔の見える関係性を築くこと”が、これからの重要なポイントになっていくでしょう」

取材・文:ナレッジリング(中澤仁美)
撮影:ブライトンフォト(和知 明)

転職の悩みや不安は、看護師専任のキャリアアドバイザーに相談してみませんか?

\今すぐ1分で完了/
無料転職サポートに申し込む

河村 武志

プロフィール

河村 武志

ライター

1978年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、医療系専門出版社に入社。臨床看護誌、看護学習誌、看護学教科書の企画・編集に携わる。 2010年に退社後、ナレッジリングを設立。
医学書、医療書を製作するかたわら、医療系ネットメディアの編集にも参加。年金アドバイザー(銀行業務検定協会認定)。

この著者の記事一覧

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.149 【映画】ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA―ミナマタ―』
  2. vol.148 【海外留学したい看護師さん必見!】1人年間1200万円、海外奨学金制度オンライン説明会を開催(笹川保健財団)
  3. vol.147 【読者プレゼント】 数量限定・木下晋也先生の特製パズル発売記念
  4. vol.146 新型コロナウイルスワクチン接種業務の看護師さん募集|マイナビ看護師
  5. vol.145 【波瑠さん出演・新月9ドラマ】夜間救急専門医の奮闘を描く!『ナイト・ドクター』
  6. vol.144 【イベントレポート】転職・異動前の心構え/新しい職場へ行く前のチェックポイント
  7. vol.143 「2021年看護の日トークイベント」レポート!認定看護師の活躍にフォーカス
  8. vol.142 【映画】ファーザー|主演男優賞ホプキンスが認知症の父親を熱演
  9. vol.141 5月9日オンライン開催!「看護の日」トークイベント
  10. vol.140 【注目!2021春ドラマ♪】「泣くな研修医」白濱亜嵐インタビュー!
  11. vol.137 新型コロナウイルスに直面する看護職の厳しい実態
  12. vol.138 「看護の日・看護週間」制定30周年・ナイチンゲール生誕200年記念式典レポート
  13. vol.139 感染症コンサルタントから現場ナースへのエール
  14. vol.136 「Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン」がZoomウェビナー形式で開催
  15. vol.135 訪問看護の経験を生かし、AIで介護福祉分野の課題解決に挑む!
  16. vol.134 介護現場の業務効率改善をCareViewer×Chatworkが実現!
  17. vol.133 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  18. vol.132 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  19. vol.131 速報!2021年度【第110回】看護師国家試験、難しかった? SNSの反応は?
  20. vol.129 日本看護管理学会が異例のメッセージを発表「日本看護管理学会より国民の皆さまへ ナースはコロナウイルス最後の砦です」
  21. vol.130 【注目・新ドラマ2021】「にじいろカルテ」高畑充希×井浦新×北村匠海インタビュー!
  22. vol.128 【読者プレゼント】木下晋也の月めくりカレンダー2021
  23. vol.127 看護師がいま知っておきたい、持続可能な新型コロナウイルス感染症対策
  24. vol.126 東京・港区で赤坂芸者衆を招いた感染症対策セミナーが開催
  25. vol.124 「Nursing Nowキャンペーン公式ソング発表&看護の日制定30周年特別ドラマ完成披露」記者発表会レポート
  26. vol.126 【zoom】10月22日(木)21:00~22:15開催!オンラインダイアログ「COVID-19から考えるこれからの看護」
  27. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  28. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  29. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  30. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  31. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  32. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  33. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  34. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  35. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  36. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  37. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  38. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試験の合格状況|速報
  39. vol.111 【2020年合格速報】第109回 看護師国家試験の合格状況
  40. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  41. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  42. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  43. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  44. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  45. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  46. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  47. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  48. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  49. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  50. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  51. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  52. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  53. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  54. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  55. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  56. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  57. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  58. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  59. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  60. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  61. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  62. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  63. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  64. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  65. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  66. vol.84 5月12日「看護の日」
  67. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  68. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  69. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  70. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  71. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  72. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  73. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  74. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  75. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  76. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  77. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  78. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  79. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  80. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  81. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  82. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  83. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  84. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  85. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  86. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  87. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  88. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  89. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  90. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  91. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  92. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  93. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  94. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  95. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  96. vol.54 コミュニティナース/護身術
  97. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  98. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  99. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  100. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  101. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  102. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  103. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  104. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  105. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  106. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  107. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  108. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  109. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  110. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  111. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  112. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  113. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  114. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  115. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  116. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  117. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  118. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  119. vol.31 看護師の届出制度について/他
  120. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  121. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  122. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  123. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  124. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  125. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  126. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  127. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  128. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  129. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  130. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  131. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  132. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  133. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  134. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  135. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  136. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  137. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  138. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  139. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  140. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  141. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  142. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  143. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  144. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  145. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  146. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  147. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  148. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  149. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他