マイナビ看護師

menu
2年連続認知度No.1

治験コーディネーター(CRC)になろう!

ナースのための治験業界転職ナビ

新薬の開発に貢献できる「治験業界」への転職をナビゲート!

看護師資格を活かして企業で働く

看護師資格を活かして企業で働くことができる、治験業界。根強い人気がある治験業界への転職をマイナビ看護師がナビゲートします。

治験業界への転職3つのポイント

1治験業界のお仕事って?

看護師の転職先として選ばれている治験業界の主な職種はCRC(治験コーディネーター)とCRA(臨床開発モニター)です。勤務先は治験業務を担う企業が多く、夜勤なし・土日休みなどのメリットからも根強い人気があります。

CRCもCRAも主な仕事は、製薬会社・病院・患者の間に入って新薬開発のお手伝いをすること。病院のシステムに詳しく、医師やスタッフとの連携、患者とのやり取りにも慣れている元看護師は、薬とその症例に関しても知見があるため大変重宝されます。

新薬開発の一翼を担うことで社会貢献できる業界です。多くの患者さまが新薬の誕生を待ち望んでいます。

2そもそもどんな人が求められているの?

資格:
看護師有資格者の方【業界未経験歓迎】
年齢:
20代~30代の方
(会社によって異なります)

治験業界での長期的なキャリア形成の観点から、20歳台前半?30歳台までの看護師を採用している企業が多いようです。

面接では「コミュニケーション能力」を有しているかどうかが重視されます。治験業界に関する深い知識などが問われることはほとんどありません。

3治験業界での働き方

CRCの就職先は主に、医療機関の業務委託先であるSMO(治験施設支援機関)です。一方、CRAの就職先は主に、製薬会社の業務受託先であるCRO(開発業務委託期間)。CRCは病院側の立場で、CRAは製薬会社側の立場で働きます。

女性の働きやすさを配慮した企業が多い業界です。
大半の治験関連企業では社員の半数以上が女性。女性が長く勤められる環境を整備した会社が多いのも特長のひとつです。
充実した研修のもと、看護師から転身した多数の「元ナース」が活躍中です。

無料転職相談会に申し込む

治験についてもっと詳しく

 治験について、トン子が調べたことを教えるブー♪

ひとつの医薬品が誕生するには、長い研究開発期間を必要とします。その間、細胞や動物で、様々なテストを繰り返し、有効性の確認と安全性の評価を行います。
そして、最後の段階で人を対象に行う試験が「治験」(ちけん)です。治験では、患者さまを対象に治療を兼ねた試験を行っています。
「CRA(臨床開発モニター)」「CRC(治験コーディネーター)」は、治験で大きな役割を果たす職種です。

治験業界に興味はあるけれど…

  • ・仕事のイメージがつかめない…
  • ・CRAやCROなどの用語がよく分からない…
  • ・会社によってどんな違いがあるの…?

そんな看護師の皆さんのために…
相談会をやっています。

 興味がある方はこちらから!

治験業界への無料転職相談会

「興味がある」、「まずは話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です!

相談会の内容はこちら

治験業界についてご説明

「CRAとCRCの違いは?」「CRAとCRC、どちらが自分に向いている?」治験業界に精通したキャリアアドバイザーが、一見してわかりにくい治験業界の仕組や職種について、わかりやすく説明します。

求人企業のご紹介

「研修が充実している企業は?」「福利厚生が充実している企業は?」一社一社、求人に基づいて説明します。

応募書類を添削

後日、応募したい企業が決定したら応募書類(職務経歴書)を用意していただきます。書類選考は重要です。万全の体勢で面接に臨めるよう、応募書類の書き方の指導・添削も行います。

面接対策(模擬面接)

面接に対して自信のない方には、面接対策(模擬面接)を行います。これまでの各社の傾向を踏まえて、的確なアドバイスをします。

【会場案内】
治験業界への無料転職相談会

閉じる

無料転職相談会に申し込む

>>【全国開催】治験業界セミナーも開催中です!<<

お電話でも相談受付中!携帯・PHSからもOK!0120-838-153

治験業界への電話転職相談 受付時間は平日9:30~20:00まで(年末年始・祝日を除く)

遠方の方、多忙な方はお電話でご案内!

治験業界に関心のある方は、まずはお電話でのご相談も承っています。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です。必要があれば、治験業界に関する資料や求人情報をお送りすることも可能です。お気軽にお電話ください。

ページトップへ