看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス

看護師の職場カルテは実際に働く看護師さんや、
職場の声をご紹介する転職応援マガジンです。

1970年に整形外科専門病院として開設し、今年で50周年を迎えます。現在、19床の有床診療所として地域に根差した治療を提供しています。年間手術数は140件ほどで、関節を中心とした手術を数多く手がけています。また、膝関節鏡の手術を当エリアで初めて行うなど、最新の医療をつねに積極的に取り入れています。とくに関節リウマチは同院院長が専門医であり、多くの患者様に最先端の治療を提供しています。看護師の勤務は病棟と外来が分かれておらず、一人の患者様の外来から入院、手術、退院、診療終了まで一貫して携わるため、幅広い経験を積むことができます。さらに、看護師のスキルアップとして、外来リハビリテーションの資格とリウマチ認定看護師資格などの取得は積極的に奨励しています。

  • 向上心や向学心のある方に学びの場を用意

    同院の手術は膝関節や肩肘関節に関わるものが中心で、前十字靭帯断裂の手術には実績と定評があります。また軟骨移植など、先端を行く手術も行いますリウマチや骨粗鬆症の治療にも力を入れています。一方で、地域に根ざしたクリニックを目指しており、患者様に気軽に来院していただけるよう、基本的に予約制は取っていません。疾患ごとに名古屋大学を中心とした専門医がいるため、非常に専門性が高いのが特徴。また、著名な医師の手術にも立ち合えるなど、向学心や向上心のある方には幅広く整形について学べる環境が整っております。

    向上心や向学心のある方に学びの場を用意
  • 同等規模の施設には珍しい最新設備を導入

    手術の半数は関節鏡下で行われるため、付随する設備や機器が充実しています。主力の機械はもちろん、モニターなどの関連機器も最新鋭のものを装備。19床規模のクリニックでここまでの体制を整えているのは珍しいでしょう。整形外科という性質上、スポーツ疾患の患者様が多いのも特徴で、一般患者様とは異なる専門医が対応しています。来院した野球少年の投球フォームをチェックするなど、他院にはない微笑ましい光景も見られます。

    同等規模の施設には珍しい最新設備を導入
  • 昼休憩を使った研修でスキルアップを図る

    医療の世界は日進月歩です。そのため、最新の情報を学び、身に付けるための研修に力を入れています。患者様用の食堂が空いている昼休憩の時間を利用して月に1、2回、10人ほどが集まり、講習を受けています。座学だけでなく、器械操作を学ぶ実習もあります。テーマによっては午前中勤務のパート職も参加して情報共有に努めています。当日参加できなかった方には後日資料を渡して、クリニック全体の水準を保てるようにしています。

    昼休憩を使った研修でスキルアップを図る
  • 働きながら筋骨のことを学べるチャンスも

    昼休憩の講習とは異なり、新しい機材の導入や改良の際に随時開く研修もあります。メーカー担当者の指導を受けながら、看護師自らが操作方法を体験し、身に付けます。整形外科という診療科目だからこそ、毎日の仕事を通じて筋骨のことを学ぶことができるのは大きな利点でしょう。職務上、関わることの多い看護部長も人事担当の事務長も非常に明るく、話しやすいので、気軽になんでも相談することもできます。

    働きながら筋骨のことを学べるチャンスも
伊藤整形外科

伊藤整形外科

設立
1970年
所在地
愛知県名古屋市天白区植田南3-8-12

近くの都道府県で探す

その他の都道府県から探す