サイト内の現在位置

看護師の職場カルテ

気になる職場の声をお届け

神奈川県

医療法人社団やまゆり会 神奈川中央病院

神奈川県厚木市にある神奈川中央病院は、2017年2月1日にオープンした新しい病院です。スペースを贅沢にとったフロアや病室などの内部空間はもちろん、外観も色とりどりの明るい雰囲気が印象的。その一番の特色は、180床全てが認知症専門病棟という認知症に特化した病院であることです。「治る認知症」「改善する認知症」もあると知られてきた今、症状が一時的に重くなった患者様を受け入れ、在宅復帰を目指した治療を行っています。「正解」がない認知症の治療はチーム医療が主体で、多職種の専門スタッフが知恵と知識を出し合い、患者様の個別ケアに全力を注いでいます。チーム医療を通して認知症ケアへの理解を深め、専門性に特化した学びができるとともに、働きやすい環境が整備されていることも同院の魅力です。

チーム医療は生きた学び。
業務を通して実践力の高い看護師を育てます

地域で唯一の認知症専門病院は「チーム医療」も充実しています
神奈川中央病院は認知症専門病院ということですが。

まず申し上げておきたいのは、当院は療養型病院ではないということです。厚生労働省では増え続ける認知症を背景に、認知症の方が住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続けるために必要なことに的確に応える施策の推進、いわゆる新オレンジプランを実施していますが、当院もその視点に基づいています。つまりご自宅や施設などでは療養が困難になった方に、専門的な治療を行い、ご自宅や施設に復帰していただくことが目標なのです。認知症は精神科の扱いで、厚木には精神科病院は沢山ありますが、すべての病棟が認知症専門というのはありません。そうした点でもこの地域では画期的な病院ですね。

認知症の治療とはどういったものですか。

医師を中心に、看護師、作業療法士、精神保健福祉士などの専門スタッフが、ご家族の方と連携しながら治療にあたるチーム医療です。短期間の集中的な治療から看護、生活機能回復訓練、薬物治療、そしてご家族も含めた心のケアまで、それぞれの専門職が多面的に協力して在宅復帰をお手伝いします。特に私たちのチームには、入院の窓口となる社会福祉士などをはじめ、チーム医療には珍しい臨床心理士や介護福祉士などを含めた充実したメンバー体制を実現しているのが特色です。

多職種によるチームカンファレンスの他に、ナースステーションでも看護師同士のカンファレンスが活発。ベテランの先輩看護師から認知症ケアを学び、サポートを受けながら患者様の看護にあたることができる。
患者様のために心身ともに健やかな看護師を
認知症に通じた看護師の育成が重要ですが、研修などはどうなっていますか。

もちろん疾患の講義を含めて一通りの研修はあります。ですが、机上の勉強でどれだけ身につくか、私の経験からも疑問に思っています。やはり実践力を鍛えるにはOJTが中心で、なかでもチームカンファレンスはまさに生きた学習の場です。患者様のどこを見てアプローチするか、薬剤師は薬から、作業療法士はリハビリからと、それぞれの患者様の関わり方を見ることが勉強になります。たとえば、ある患者様に作業療法士がその人が元気な頃に好きだった編み物を勧めたところ、集中力が高まり落ち着かれるようになりました。他の作業療法ではそれほど効果が見られなかったのにです。また、その人の好きなものや人柄を理解して、他職種に情報を提供できるのは、患者様と最も近く接する看護師です。患者様の人なりとなる情報までを理解しながら行う認知症ケアは、多方面に気配りし、考える「究極の看護」ではないかと思います。当院はチームアプローチを通して多角的な視点で患者様を理解し、ケアの方法を学び、看護師自身が大きく成長できる環境にあると自負しています。

最後に求める人材について教えてください。

当院の看護師に求めるのは、認知症の方に現れる様々な症状や、心身の状態を統合的にアセスメントする力です。そのためには看護師の心身も安定していなければなりません。できる限りストレスを抱えないよう、働きやすい職場づくりには全力で取り組んでいるので、資質としてもまず健康で明るく、「私は幸せ」と感じている人がいいですね。謙虚で、問題意識を持ち、チャレンジができる方と一緒に仕事ができればと思います。患者様やご家族のためにより良いチーム医療実践を目指して、私たちと一緒にスタートしましょう。

急性期病院での看護師や手術室での看護師など、前歴はさまざま。「根拠に基づいた認知症看護を学びたい」という転職動機も多い。新薬の登場を機に「認知症は治るものもある」と認識が変わり、看護のニーズも多様化している。

認知症ケアという新しい看護は
スキルアップにつながるチャンスです

フルタイムで働きながら子育てができる病院を選びました
転職の理由を教えてください。

出産後に復職して、パート看護師として総合病院の外来に勤務しましたが、やはり常勤になりたいという気持ちが強く、24時間対応の保育所がある病院を探しました。それが神奈川中央病院です。キレイな保育所が院内の1階にあるのでとてもよい環境で利用しやすく、夜勤がある時に子どもを預けています。

認知症専門病院であることは意識されましたか。

以前の病院でも病棟には認知症の患者様が多くいらっしゃったので、そこは特に意識しませんでした。しかし、やはり専門病院なので、徘徊や不穏状態など、以前には見たことのなかった患者様の症状に接する機会が増えました。一般の病院だと認知症のケアに割ける時間はあまり取れませんが、ここでは一人ひとりの患者様のことをじっくり考えて看護に取り組めます。新しい看護技術を学ぶことも多く、習得してチャレンジすることが今のやりがいです。入職してからですが、キャリアアップにつながる絶好のチャンスだと思うようになりました。開院したばかりなので、今はまだ看護師のほうが数が多いのですが、その分、これから入職されてる方は先輩全員のしっかりした教育や手厚いフォローを受けることができると思いますよ。

ナースステーション前のフロアでは患者様達が寛ぐほか体操などのリハビリも行う。広々としたフロアを散歩しながら音楽療法で昔の歌を口ずさむと、患者様の意識が鮮明になることもあるという。マニュアルやハウツーが通用しないからこそ個別ケアは奥深い。
職場はとてもフレンドリー。ずっとこの雰囲気を維持します
以前の病院とは違う特色は何ですか。

他職種との連携がより密なことです。たとえば患者様のリハビリは作業療法士が中心ですが、トイレまでの歩行やベッドの上で身体を動かす場合、日常的なリハビリは看護師も担当しますので、常に情報を共有しています。朝や夕方の申し送りには作業療法士も参加します。一方で、患者様には認知症だけでなくさまざまな合併症を抱えている方が多いので、点滴、採血をはじめ、糖尿病の方へのインスリン投与など、看護師としての業務も幅広いです。従来の看護と認知症に関する新しい看護に加えて、リハビリについても深く学べる環境だと思います。また、毎日きちんと定時で帰れることが、以前の病棟勤務との一番の違いです。

職場環境はいかがですか。

ベテランの方が多く20代後半の私が最年少。そのせいか皆フレンドリーに優しく教えてくれます。プリセプター制度はとっていませんが、全く不足はありません。この前は子どもが急に発熱したとき、すぐに患者様の担当を代えて早退できるよう、柔軟に対応してくれました。まだスタートしたばかりの病院ですが、皆で良い職場にしていこうという意識が根付いているようです。これからの時代に必要な認知症看護についてしっかりと学べますし、子育て中の看護師もいきいきと働けます!

病院1階の奥にある保育室は24時間365日対応。保育士体制も手厚く、安心して子どもを預けられる。職員の心身を健やかに保つよう、残業ゼロなど働きやすい環境づくりにも力を入れている。他にも転居者にやさしい独身寮も完備している。

リハビリの取り組みと医療的ケア。
看護師としてできる幅が広がりました

療養型ではない。新しく立ち上がる専門病院に期待感
以前は療養型病院にいらっしゃったそうですね。

はい。認知症が進んだ患者様を多く見たことから、この段階に至るまでに、看護師としてできることはないだろうか、と思うようになりました。そのために勉強できる病院を探していたところ神奈川中央病院を紹介されました。私にとって「認知症専門病院」というのは初めて耳にする存在でしたし、新しい病院が立ち上がること自体にもワクワクしました。療養型病院でもやりがいは感じていましたが、認知症ケアへの興味が上回り、転職を決意しました。看護部長の「一緒に新たな看護を創り上げていきましょう」という言葉にも感激しました。

具体的にどんな働き方をされていますか。

患者様の身の周りのお世話は主に介護職が担当し、リハビリは作業療法士が行うので、看護師は基本的に見守り業務を対応します。見守りの過程で、看護師が担当したほうが望ましい食事介助を介護職に代わって行ったり、体調が気になる患者様に臨時検査をオーダーしたりと、状況に合わせて臨機応変に対応しています。リハビリ的なケアも多いのが特色ですが、患者様がもともと抱えている疾患が悪化した時には、看護師は「リハビリ重視」から「医療重視」にシフトします。そうした点で以前と比べて業務の幅がかなり広がりました。

患者様のご自宅や施設への復帰を目指すため、寝たきりになってしまわないようきめ細かに見守る。「少しずつ状態が良くなって表情が明るくなるのを見る喜びは、療養型病院では味わえないやりがいです」と小川さん。
患者様のために、スキルアップの意欲が日々高まります
やりがいを感じるのはどんな時ですか。

認知症と一言でいっても、アルツハイマー型や脳血管性認知症、レビー小体型と種類によって現れる症状が違います。「勉強しなきゃ」と折にふれて痛感する職場だから学習意欲が高まり、モチベーションに繋がっています。チームカンファレンスに参加するのはこれからですが、医療系メーカーが主催する勉強会なども頻繁にあり、学ぶ機会が多いですね。先輩看護師の話し合いにも積極的に関われるよう成長したいと思っています。

今後の目標は何ですか。

認知症専門病院の看護師としてふさわしいスキルを身につけることです。認知症の患者様は高齢者中心のため、認知症に加えて内臓疾患も患っていることが多く、その知識や看護スキルも必要です。つまりこの病院で成長・活躍できれば、どこでも活躍できる看護師になれるということです。もっとも認知症ケアは、これからの看護に不可欠。私はこの病院で、認知症の患者様が日々の生活を安心しておくれるよう、看護師としてしっかりと支えていきます。

患者様の介護にはヘルパーだけでなく介護福祉士(左)も採用。介護福祉士は「ナースエイド」としてチームカンファレンスにも参加し、チーム医療において専門性を発揮するとともに看護師と密に連携する。

2017年2月に開院したばかりで入院患者様もまだ少ない神奈川中央病院ですが、多職種によるチーム医療体制などを整え、万全の構えでスタートしています。看護部長の小松さんは豊富なキャリアを持つ認知症看護のスペシャリストで、同院のチーム医療においてオリジナルのシステムを創り上げました。医師や看護師、臨床心理士などがそれぞれの立場で専門性を発揮するチームカンファレンスは、小松さんが語る通りまさに生きた学習の場。超高齢社会に通用する実践的な認知症ケアが身につけられるだけでなく、看護師としてのレベルアップの機会が豊富です。また医療スタッフとして健やかな心身状態を保つため、残業はできる限りゼロ、職場の人間関係を円滑にする取り組みなど、働きやすさにも注力しています。子育て中の看護師様にとって嬉しい24時間365日対応の院内保育所、遠方からの転職も歓迎の独身寮完備もポイントです。

医療法人社団やまゆり会 神奈川中央病院

設立 2015年4月
所在地 神奈川県厚木市 関口812-5
企業の特色 ■神奈川県厚木市に位置する認知症専門病院です。
■病床数180床

※2017年3月現在