ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職して介護施設で働く! |看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス
サイト内の現在位置

ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職して介護施設で働く!

2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、医療だけで
なく介護のニーズもピークに達すると考えられています。質量両面で
介護施設の充実が必要です。ここでは介護施設での働き方や、看護
師が介助施設で働くことの魅力などを紹介いたします。

復職して介護施設で働く!

介護施設で働くメリット/デメリット

介護施設で働くメリット/デメリット

介護施設で看護師が働くということにピンとこない人もいるかもしれませんが、実は介護老人福祉施設や介護老人福祉施設では看護師を置くことが義務付けられています。また、民間が運営する有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅でも、看護師を置くことが利用者に対するアピールポイントのひとつとなっています。介護施設にはさまざまな種類がありますが、看護師が働くうえでおおむね共通するメリットとデメリットを紹介します。

メリット
①利用者の生活を踏まえたケアができる
病院看護と施設介護で大きく異なる点として、施設は利用者の生活の場であることが挙げられます。日常生活から切り離されて治療を受ける患者さんではなく、まさに日常生活を送っている利用者の健康管理やケアが施設看護師の役割です。病院看護ではかなわない、生活を踏まえた全人的なケアが可能になります。
②高度な医療処置を求められない
介護施設の利用者は病気を抱えていたとしても状態が安定しており、医療的な対応を要する場合でも簡単な範囲にとどまることがほとんどです(看護師で対応できなければ、医師を置く施設であれば医師へつなぎ、あるいは病院へ搬送します)。病院のように次から次へ処置に追われたり、高度で大きなリスクを伴う処置を求められたりすることは少ないでしょう。
③ワークライフバランスが確保しやすい
上に述べた利用者の状態や業務の内容からして、病院に比べて残業が発生しにくい環境だといえます。看護師が24時間常駐する場合でも、日勤専従や夜勤専従のスタッフを用意して、できるだけ個々のニーズに沿った働き方ができるようにしている施設もあります。
デメリット
①看護技術を発揮し、磨く機会に乏しい
介護施設での看護師の役割は、利用者の生活サポートや健康管理が主眼になることが多いため、医療的な関わりを重視する人にとっては物たりなさを感じるかもしれません。
②病院への転職が難しくなるケースも
介護施設に勤めた後、何らかの事情で病院へ転職したくなった場合、病院勤務に対応できるか疑問視されるケースもあるため、志望する病院の考え方や特徴(急性期病院など)によっては転職が難しくなる可能性もあるようです。とはいえ、介護施設での仕事に意欲と誇りを持って働き、そのことをアピールできれば心配しすぎることはないでしょう。
③ほかに頼れる医療従事者がいない(or 少ない)
状況によっては看護師1人のみのシフトになることがあるなど、病院のように必ず医師がいて、多数の同僚看護師がいて……という環境ではないため、ほかに頼れる医療従事者がいないことによるプレッシャーを感じることもあるかもしれません。

介護施設に向いているのはこんな人

介護施設に向いているのはこんな人

  • 利用者の生活を踏まえたケアに興味がある人
  • 高齢者ケアを支える一員として貢献する意欲がある人
  • 利用者や介護職とのコミュニケーション能力に優れる人

成功?失敗?あるある復職体験談――介護施設編

(33歳女性)

(34歳女性)

介護職をナチュラルに見下して総スカン……
「先輩から聞いた話ですが、かつて私の施設に勤めていたベテラン看護師が、介護職の皆さんからヒンシュクを買って辞めていったそうです。『看護師は介護職より知識も技術もあって立場が上』という意識が隠し切れず言動に出てしまっていたようで、そういうことに対してとくに女性は敏感ですからね。もちろん、看護師も介護職もそれぞれ専門性を持っており、どちらが上ということはありません」

(36歳女性)

(32歳女性)

プライベートに割り込んでくるオンコール……
「私は今の施設に転職して初めてオンコールを担当しました。実際にかかってくるのは月1~2回程度ですが、プライベートの時間でも『今にかかってくるかもしれない』と気を張っていなければならず、オンとオフをはっきりさせたい私には負担になっています。少額のオンコール手当も、正直割に合わないかなあ……」

編集部からのコメント

ライフスタイルの変化に合わせて復職先の候補にあがることが多い介護施設。体験談にもあるように、介護施設でよくあるトラブルのひとつとして、介護職の方々と看護師の方々の意見の相違が挙げられます。せっかく復職先したのに長続きしないということを避けるためにも、お互いの立場を尊重しつつ、患者さんを最優先に考えたケアができる快適な環境作りを心がけたいですね。

「手技が不安」「ブランクがありすぎる」「プリセプターは付いてくれるの?」など、
復職の不安や悩みは、頼れるキャリアアドバイザーになんでもご相談ください!
ブランクナースの方がたくさん働いている施設のご紹介や、
働きやすい職場環境について、丁寧にご説明いたします!

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する
看護師専用ダイヤル 携帯・PHS OK フリーダイヤル 0120-838-153 平日9時半から20時半 土曜9時半から17時半(日曜・祝日を除く)
お電話でのお問い合わせ例