ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職先の選び方 |看護師の求人・転職情報はマイナビ看護師日本最大級の看護師転職サービス
サイト内の現在位置

ブランクナースを応援!復職・転職アドバイス 復職先の選び方

ブランクのある看護師さんがスムーズに復職するためには、復職先の
選び方がポイントになります。「こんなはずじゃなかった……」と
後悔しないためにも、どんなポイントに気をつけたらいいか
知っておきましょう。

復職先の選び方

自分なりの条件に「優先順位」を付けておく

自分なりの条件に「優先順位」を付けておく

復職先を選ぶ前に必ずやっておきたいのが、自分なりに重視したい就業の条件について「優先順位」を明確にしておくこと。たとえば「お給料が高水準であること」「土日出勤や夜勤、残業がない(または少ない)こと」「研修制度が整っていて学びの多い職場であること」という条件があったとして、これらをすべて兼ね備える職場を探すのは難しいかもしれません。もし条件のよい理想の職場が見つかったとしても、採用されるかどうかは別問題だともいえます。「絶対にはずせない条件」と「ある程度は妥協できる条件」に分けて優先順位を付けておかないと、現実問題としていつまでたっても復職先が決まらないという事態に陥るおそれがあります。

子育て世代が多い職場かどうか確認する

復職先が子育て世代に理解がある職場かどうか確認しておくことも大切です。子どもがいれば、いきなり熱を出したり、学校の行事が平日にあったりで、お休みする(場合によっては突然に)ことがどうしても増えてしまうもの。子育て世代が多く、お互いに助け合うような雰囲気のある職場であれば理想的ですが、「お休みするたびに冷たい視線を浴びせられる」というような環境では、長く働くのは難しいかもしれません。

また、とくに2人目以降の出産を視野に入れている人は、育児休業(育休)や育児短時間勤務制度などが本当に活用できる職場なのかチェックすることも重要です。たとえば、面接時に「これまで何人くらいの方が○○の制度を使われましたか?」と具体的な数字を質問してみましょう。具体的な質問に対してあいまいな答えしか返ってこなければ、「ちょっとあやしいかも」と考えていいでしょう。

復職直後は心身両面で余裕を持って働く

復職直後は心身両面で余裕を持って働く

いざ復職となると、ついつい力が入ってしまうもの。復職先で意欲をアピールしたいと気負うあまり、自分のキャパシティー以上の働き方をしようとしていませんか? 「復職直後から全力で頑張り続けた結果、疲れ切ってしまい短期で退職することになった」「家族(とくに子ども)が家庭環境の変化にとまどい、ケンカになってしまった」という失敗例もあります。ですから、復職直後は心身両面で余裕を持っておき、自分にとっての全力における7割程度のパワーで働き始めるのがベストです。たとえば、パートタイムで復帰して職場に慣れ、無理なく働けることがわかってから常勤を目ざすという方法も考えられるのではないでしょうか?

編集部からのコメント

ほんの少しのブランク、長いブランク……など、その期間は人によって千差万別ですが、失敗しないための復職先の選び方は同じです。ポイントはたったの3つ、決して難しいことではないので実践してみてください。とはいえ、「手技が不安」「ブランクがありすぎる」「子育てに理解がある職場かどうか求人情報だけではわからない」などの不安が残る場合には、マイナビ看護師の頼れるキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか? ブランクナースの方がたくさん働いている施設のご紹介や、働きやすい職場環境について、詳しくご説明いたします!

マイナビ看護師に登録して希望通りの求人を紹介してもらう!
  1. ご登録
  2. 希望にマッチした求人情報のご提供
  3. 面接・見学
  4. 内定・ご入職
最後まで納得のゆく転職先をお探しします。
無料で登録する
看護師専用ダイヤル 携帯・PHS OK フリーダイヤル 0120-838-153 平日9時半から20時半 土曜9時半から17時半(日曜・祝日を除く)
お電話でのお問い合わせ例