医療法人札幌麻生脳神経外科病院 | 看護師求人・転職の専門サイト。最新の募集が「マイナビ看護師」で分かる!

医療法人札幌麻生脳神経外科病院の看護師求人、3件掲載。「クリニック」「一般企業」の求人など、病院以外の求人も豊富にご用意。マイナビ看護師があなたの転職を無料サポートします。≪2022年10月7日更新≫

現在の検索結果
3件 (※非公開求人は除く)

  • 1

更新日:2022年10月4日

【北海道/札幌市】 脳神経外科に定評のある病院にて脳分野への学びを深められます<看護師>

医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【病棟】

正社員 求人番号: 205977
  • 勤務地
    北海道札幌市東区北22条東1丁目1-40
    アクセス
    札幌市営地下鉄南北線 北24条駅 徒歩7分
  • Map
医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【病棟】・求人番号205977
給与 【月収】21.5万円~28.6万円 ※諸手当込み
担当業務

病院:病棟

勤務時間 日勤:08時30分~17時30分(休憩60分)
夜勤:17時00分~09時00分(休憩60分)
遅出①:10時00分~19時00分(休憩60分)
遅出②:12時00分~21時00分(休憩60分)
休暇 4週8休制 週休2日制 祝日 年末年始休暇 有給休暇 出産・育児休暇

年間休日:120日

【取り組んでいる看護】◇疾患管理:脳の解剖生理や疾患を理解することで病状の悪化を予測し、的確な観察や介入が出来ることが求められます。当院では、脳に苦手意識を持たないように疾患管理に必要な知識や技術を修得できる教育プログラムを実施しています。また、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が所属し常に指導…

更新日:2022年6月6日

【北海道/札幌市】 脳神経外科に定評のある病院にて脳分野への学びを深められます<看護師>

医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【病棟】

パート・アルバイト 求人番号: 689350
  • 勤務地
    北海道札幌市東区北22条東1丁目1-40
    アクセス
    札幌市営地下鉄南北線 北24条駅 徒歩7分
  • Map
医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【病棟】・求人番号689350
給与 【時給】1,320円~1,620円
担当業務

病院:病棟

勤務時間 日勤:08時30分~17時30分(休憩60分)
遅出①:10時00分~19時00分(休憩60分)
遅出②:12時00分~21時00分(休憩60分)
半日①:08時30分~12時30分(休憩0分)
半日②:12時30分~17時30分(休憩0分)
休暇 4週8休制 週休2日制 祝日 年末年始休暇 有給休暇 出産・育児休暇

年間休日:105日

【取り組んでいる看護】◇疾患管理:脳の解剖生理や疾患を理解することで病状の悪化を予測し、的確な観察や介入が出来ることが求められます。当院では、脳に苦手意識を持たないように疾患管理に必要な知識や技術を修得できる教育プログラムを実施しています。また、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が所属し常に指導…

更新日:2022年10月4日

【北海道/札幌市】 脳神経外科に定評のある病院にて脳分野への学びを深められます<看護師>

医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【オペ室】

正社員 求人番号: 689357
  • 勤務地
    北海道札幌市東区北22条東1丁目1-40
    アクセス
    札幌市営地下鉄南北線 北24条駅 徒歩7分
  • Map
医療法人札幌麻生脳神経外科病院 【オペ室】・求人番号689357
給与 【月収】25.0万円~35.0万円 ※諸手当込み
担当業務

病院:手術室

勤務時間 日勤:08時30分~17時30分(休憩60分)
※オンコール:5回程度/月
休暇 土曜日 日曜日 祝日 年末年始休暇 有給休暇 慶弔休暇 出産・育児休暇

年間休日:122日

【取り組んでいる看護】◇疾患管理:脳の解剖生理や疾患を理解することで病状の悪化を予測し、的確な観察や介入が出来ることが求められます。当院では、脳に苦手意識を持たないように疾患管理に必要な知識や技術を修得できる教育プログラムを実施しています。また、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が所属し常に指導…

現在の検索結果
3件 (※非公開求人は除く)

  • 1

「エリア一番の人気病院で若干名募集」、「都心の人気クリニックで看護師1名のみ募集」といった人気求人の場合、「マイナビ看護師」に登録済みの方に優先的にご紹介してしまうこともあるためサイトには求人情報が掲載されないこともあります。

法人情報

名称 医療法人札幌麻生脳神経外科病院
本社所在地 北海道札幌市東区北22条東1丁目1-40 大きな地図で見る
企業の特色 【取り組んでいる看護】
◇疾患管理:脳の解剖生理や疾患を理解することで病状の悪化を予測し、的確な観察や介入が出来ることが求められます。当院では、脳に苦手意識を持たないように疾患管理に必要な知識や技術を修得できる教育プログラムを実施しています。また、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が所属し常に指導・相談ができる環境を整えています。
◇早期離床:ベッドから離れることができない状態が続くと、身体や認知機能等に弊害を生じます。そのため、座位の獲得を進め、トイレでの排泄や座って食事といった早期離床の取り組みを行い、患者様の生活の再構築に繋げます。教育プログラムでは、早期離床に加え実践の基礎となる呼吸や循環、実践の幅を広げるポジショニングやボディメカニクスに関する研修も行い、理論に基づく実践ができるよう取り組んでいます。
◇退院支援:「生活の場に帰る医療と看護」を提供する。院内研修では模擬合同カンファレンスを行い、地域がどのような情報や介入を求め、病棟看護師として入院中にどのような準備や介入が必要なのかを学びます。また、患者様やご家族役になることでカンファレンスに参加する患者様やご家族の気持ちを感じることもできます。