サイト内の現在位置

看護師の資格を活かして介護施設で働く ナースのための介護施設転職ナビ 介護付き有料老人ホームへの転職をナビゲート!

介護施設研究

介護施設での看護師の仕事は、「ご入居者の健康管理」業務です。老人ホームは生活の場ですので、医師は常駐していない施設がほとんどです。主には、服薬管理、医師の指示に基づく処置(応急手当)、介護職への支援(重介護者への食事介助など)などを行っていきます。ご入居者さまの「日々の変化」を見守り、お元気な方には、健康に関する相談を受けたり、お話ししながら楽しく過ごしたりするのも大切な仕事です。

介護施設に興味はあるけれど… 仕事のイメージがつかめない 介護士さんとの連携って、実際はどうするの? 会社によってどんな違いがあるの? そんな看護師さんのために…プロのキャリアアドバイザーによる相談会をやっています。

介護施設における、看護師の役割

介護施設における、看護師の役割

介護施設
入居者様
看護師
介護士
健康に過ごしていただくためのサービスの提供
業務終了後は、引き継ぎを行う。
オンコールは介護士から来るので、
基本的に落ち着いて対応できる。
介護業務
食事や入浴、排泄などの
 介助、レクレーションなど
看護師業務
服薬管理、健康管理
※痰の吸引など

介護施設で働く看護師のある1日

9:00
出社
朝礼にて申し送り事項を確認します。
医療措置対応
経管栄養、バイタルチェックやインスリン、吸引等の医療措置を行うとともに、配薬の準備などを行います。
12:00
食事介助・配薬介助
15:00
レクリエーション介助
入居者様の部屋を巡回し、コミュニケーションをとっていきます。催し物を行い、団欒の場を築いていきます。
医療処置対応
17:00
帰宅
介護士、スタッフへ入居者様の状況がしっかり分かるように、申し送り事項を記入して、帰宅。
お電話でも相談受付中!携帯・PHSからもOK! 0120-838-153 【介護施設への電話転職相談】受付時間:平日9:30〜20:00まで(年末年始・祝日を除く)
介護施設に関心のある方は、まずはお電話でのご相談も承っています。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です。
必要があれば、介護施設に関する資料や求人情報をお送りすることも可能です。
お気軽にお電話ください。