サイト内の現在位置

訪問看護師になる前

最終学歴

専門学校 79% | 大学 13% | 短大 8%

専門学校が最も多い結果に!

最初の勤務先

一般病院 46% | 大学病院 42% | 専門病院 4% | 療養型病院 4% | 介護施設 4%

一般病院・大学病院からスタートする人が多いみたい!

専門学校を卒業した人が8割近く。新卒時の勤務先としては一般病院か大学病院へ入職した看護師さんが大多数のようです。
今回、アンケートに参加いただいた中には新卒時から訪問看護ステーションへという人はいませんでした。

転職回数

一般病院 46% | 大学病院 42% | 専門病院 4% | 療養型病院 4% | 介護施設 4%

一般病院・大学病院からスタートする人が多いみたい!

これまでの勤務先

一般病院 43% | 大学病院 24% | 介護施設 14% | 専門病院 10% | クリニック 7% | 療養型病院 2%

一般病院・大学病院からスタートする人が多いみたい!

全員が転職経験あり。わずかながら、1回目の転職で訪問看護ステーションへ入職した人も。
また、病院やクリニック、介護施設など多くの経験を積んでから訪問看護師に転身した、転職回数3回以上の人は全体の半数以上にのぼりました。

これまでに経験した科目TOP3

  • 内科
  • 混合病棟・消化器科・脳外科
  • ICU・循環器科

合計で20を超える科目名が挙がりましたが、最も多かったのは内科の勤務経験。4位以下には外科、救急、呼吸器科などが続きます。
毎日、息つく暇もないペースで働く看護師さんの姿が見えるよう。

訪問看護師になってから

訪問看護師になったきっかけ

在宅医療に興味があったから 96% | 日勤帯で働けるなど、労働条件がよかったから 71% | ご利用者さまに合わせた看護に取り組みたかったから 54% | 高齢者看護に興味があったから、高齢者が好きだから 33% | 看護師としてのスキルアップを目指して 29%

以前から在宅医療に興味があったという人が多数!

[その他、こんな意見も!] 結婚・出産などライフスタイルが変わったため/転居、介護など家庭の事情で/予防をやりたかったから

訪問看護師になる以前から在宅医療に興味があったと答える人が圧倒的!同時に、日勤帯で働けるなど労働条件の良さを挙げる人の多さも見逃せません。ワークライフバランスを取りにくい職業柄、訪問看護師としての働きやすさは魅力なんですね。

今のお仕事は何年目ですか?

0~3年	 54% | 4~6年 38% | 7~10年 8%

10年近いキャリアを持つ人も1割近く!

今回のアンケートに参加してくれた看護師さんは、半数以上が訪問看護を始めて0~3年という結果になりました。

反面、10年近いキャリアを持つ人も1割近く。訪問看護にはそれだけのやりがいがあるといえそうです。

訪問看護師の魅力とは

ご利用者さまとしっかり向き合えること 88% | ご利用者さまに合わせた看護に取り組めること 83% | ご利用者さまのご家族との関わりがより深くなれること 71% | ご利用者さまの想いに寄り添う看護に取り組めること 71% | 日勤帯メインで働けること 58%

ご利用者様のことを第一に考えた答えが大多数!

[その他、こんな意見も!] ご利用者さまやご家族から「ありがとう」の声をいただけること/土日が休みのことが多い/夜勤がなくても、給与がよいこと

気持ちの表現は違えど、「ご利用者さまとじっくり関われること」という回答が大多数を占めました。次のページからは、現役訪問看護師さんのコメントを紹介。訪問看護の喜びや苦労、衝撃のエピソードも含め、リアルな訪問看護の世界をご案内します!

もっと聞きたい!訪問看護師のいろいろ

「あなたが来てくれてうれしい」と言われたのがとても嬉しかった!

日々、患者さまの笑顔が見れることが何よりの喜びです。

心のケアまで、個別性に合わせた看護がしたい!

もっと病院との連携を深めたい!

友人から誘いを受けて訪問看護ステーションに転職しました。

K.Nさん 26歳  現在の職場に勤めて:4年  産休・育休の経験:なし

  • 訪問看護師になったきっかけを教えてください。

    病棟勤務の時にショートステイの患者さま、ご家族と関わる機会がありました。ご家庭によっては「もっと患者さまのケアに介入できないか」と思うことが多くあり、在宅医療、看護に携わりたいと思いました。

  • 訪問看護師になってギャップを感じたことはありますか。

    はい。自分1人での判断が怖かったが、上司や同僚にすぐ相談できる環境が整っていたことはよかった。

  • 訪問看護師になりたての頃の失敗談はありますか。

    ご利用者さまに対しての言葉遣いで、こちらの意図がうまく伝わらずに怒らせてしまったこと。すぐに上司に誤解を解いてもらい、同時に今後の対応を指導してもらいました。言葉遣いや、相手が理解しやすいようにするにはどうするべきか、とても慎重になりました。

  • 訪問看護師になってよかったと思う出来事を教えてください。

    最初は訪問に対して拒否的な姿勢だったご利用者さまが、「あなたが来てくれてうれしい」と言ってくれるようになったこと。

  • 訪問看護師ならではの衝撃的な体験はありますか。

    うかがってみたらとても狭いスペースで、それでも訪問入浴などができるんだ!と驚きました。

  • 訪問看護師としてこれからチャレンジしてみたいことは何ですか。

    訪問看護を一般に知らしめてほしい。テレビドラマなどで取り扱うなど。

  • どのような人が訪問看護に向いていると思いますか。

    1対1で患者さま、ご家族ときっちり関わりたいと考えている方

M.Mさん 37歳  現在の職場に勤めて:6年  産休・育休の経験:なし

  • 訪問看護師になったきっかけを教えてください。

    ワークライフバランスと体調・家庭状況から日勤のみの勤務を検討しました。病棟勤務では時間に追われ、患者さまと十分向き合う時間が取れないことに疑問と不満を感じていたため。

  • 訪問看護師になってギャップを感じたことはありますか。

    はい。治療をする病院と生活をする在宅での違い。

  • 訪問看護師になりたての頃の失敗談はありますか。

    ご家族に近い精神状態になってしまいましたが、所長のサポートがあったことで切り抜けられました。

  • 訪問看護師になってよかったと思う出来事を教えてください。

    患者さまの人生経験を聞かせていただくこと。これから人生を終える方々の残りの生活に寄り添えること。「あなたが来てくれて良かった」「あなたの事務所は素敵な人ばかりで楽しい」とほめていただいたこと。日々、患者さまの笑顔が見れることが何よりの喜びです。

  • 訪問看護師ならではの衝撃的な体験はありますか。

    大雪で交通機関も止まる中の訪問で、患者さまにタオルで頭を拭いてもらったこと。

  • 訪問看護師としてこれからチャレンジしてみたいことは何ですか。

    これから訪問看護の世界に入りたい看護師の方々へ、訪問看護の魅力を伝えたいです。

  • どのような人が訪問看護に向いていると思いますか。

    笑顔が素敵で「人」が好きな方は訪問看護に向いていると思います。

M.Mさん 30歳  現在の職場に勤めて:2年  産休・育休の経験:なし

  • 訪問看護師になったきっかけを教えてください。

    「在宅でできる限り最後まで」と思う方に役立つ看護をしたかったから。

  • 訪問看護師になってギャップを感じたことはありますか。

    はい。病院では医師や先輩看護師の指示に沿って処置をすることが多いが、在宅ではチームとして医師と話をすること。

  • 訪問看護師になってよかったと思う出来事を教えてください。

    お看取りをしたご利用者さまのご家族からお手紙をいただいたとき。「あなたが来てくれて幸せな最期でした」と言われたとき。

  • 訪問看護師ならではの衝撃的な体験はありますか。

    点滴台がなくてハンガーを代用して点滴をしました。

  • 訪問看護師としてこれからチャレンジしてみたいことは何ですか。

    ターミナル期でご自宅に戻られるご利用者様、ご家族に「家に帰れて良かった」と思ってもらえるよう、生活環境の調整、医療処置、心のケアまで個別性に合わせた看護がしたい。

  • どのような人が訪問看護に向いていると思いますか。

    人が好きな人。協調性がある人。明るく、思いやりのある人。

O.Mさん 38歳  現在の職場に勤めて:6年  産休・育休の経験:あり(現職で育休含む1年間)

  • 訪問看護師になったきっかけを教えてください。

    末期に興味があったため。病院でお亡くなりになる患者さんとそのご家族を見て、「心電図のアレストを待つだけなら家でも良いのでは」「なぜエンゼルメイクのときにご家族は入れないの?」と思ったのがきっかけ。

  • 訪問看護師になってギャップを感じたことはありますか。

    はい。清潔操作。病院は使い捨てが多いが在宅ではコストも考えると、そうはいかない。

  • 訪問看護師になりたての頃の失敗談はありますか。

    初めて訪問したお宅で「お通じ出ましたか? お食事は食べましたか?」と聞くところを、緊張から「お通じ食べましたか?」と言ってしまいました。お客さまにもご家族にも笑われました。

  • 訪問看護師になってよかったと思う出来事を教えてください。

    終末期にホスピスを考えていた方が「あなたたちがいるなら家で看取るわ」と言い、永眠されたときも「家で看取って本当によかった。私も夫も幸せ」と言ってくださったこと。また、私たちの仕事を見たご利用者さまの娘さんが、看護師の資格や介護の資格を取って在宅医療に貢献していること。

  • 訪問看護師ならではの衝撃的な体験はありますか。

    私の訪問中にお客さまの愛犬が心肺停止。動物病院へ同行しました。

  • 訪問看護師としてこれからチャレンジしてみたいことは何ですか。

    もっと病院との連携を深めたい。教育の面でも介護職と連携を深めていきたい。

M.Kさん 42歳  現在の職場に勤めて:2年  産休・育休の経験:あり(現職以前に5ヶ月間)

  • 訪問看護師になったきっかけを教えてください。

    以前から在宅医療に興味があったものの、具体的なことがわからず戸惑っていましたが、友人から誘いを受けて訪問看護ステーションに転職しました。

  • 訪問看護師になってギャップを感じたことはありますか。

    はい。移動が自転車なので、思いのほか雨風が大変だった。

  • 訪問看護師になりたての頃の失敗談はありますか。

    病院と似た感覚で、衛生材料をポンポン捨てていました。しかし、先輩にご自宅ではご利用者さまがご自身で購入しなければならないことを教えてもらい、コスト意識を認識することで「もったいない」意識を持つことができました。

  • 訪問看護師になってよかったと思う出来事を教えてください。

    病院では「飲酒や喫煙がダメ!」と前提になっていることもOKという状況に寄り添えることです。アルコール性の肝硬変から肝がんになり、ターミナル期に入っていても飲酒を希望していた方に、「適量を考えながら飲みましょう」と言うことで、その人らしい最期を迎えさせてあげられたことです。

  • 訪問看護師ならではの衝撃的な体験はありますか。

    独居の方がベッドから滑るように転落され、ベッドの下に潜り込んでしまって助けを求められたことがありました。姿が見えないのに「助けて」という、か細い声が聞こえたときは驚きました。

  • どのような人が訪問看護に向いていると思いますか。

    人とのかかわりに恐怖感がなければ、大丈夫だと思います。

pagetop