サイト内の現在位置

治験コーディネーター(CRC)になろう!ナースのための治験業界転職ナビ 新薬の開発に貢献できる「治験業界」への転職をナビゲート!

治験業界研究

ひとつの医薬品が誕生するには、長い研究開発期間を必要とします。その間、細胞や動物で、様々なテストを繰り返し、有効性の確認と安全性の評価を行います。そして、最後の段階で人を対象に行う試験が「治験」(ちけん)です。治験では、患者さまを対象に治療を兼ねた試験を行っています。
これからご紹介する「CRA(臨床開発モニター)」「CRC(治験コーディネーター)」は、治験で大きな役割を果たす職種です。

  • 新しい薬ができるまで
  • 治験の流れ(3つのプロセス)
  • 治験のルール=GCP
  • CROとSMO
  • CRAとは?(臨床開発モニター)
  • CRCとは?(治験コーディネーター)

CRC(治験コーディネーター)とは?

CRCとは、Clinical Research Coordinator:治験コーディネーターの略称です。
治験責任医師の指示のもと、医学的判断を伴わない治験業務の支援を行います。
実際に行う職務には、治験準備業務及び治験支援業務があります。
新薬の誕生を待ち望んでいる患者様の一番近くで、新薬開発に貢献する職種です。

CRC(治験コーディネーター)の役割

治験準備業務
  • ・治験実務計画書の把握
  • ・治験資材の確認等、治験依頼者との調整
  • ・院内説明会の開催および関係者との役割分担 確認
  • ・来院スケジュール表、その他必要資材の準備
治験支援業務
  • ・同意説明、同意取得の補助業務
  • ・治験実施計画書に沿った来院日・検査スケジュールの管理
  • ・検査データの収集および管理
  • ・被験者のケア
  • ・症例報告書(CRF)の作成支援
  • ・有害事象への対応
  • ・原資料閲覧(SDV)への対応

CRC(治験コーディネーター)のやりがい(一例)

CRC経験者からよく聞く「やりがい」とは…
  • ・治験に参加した被験者さんから『参加してよかった!』と言われた時。
  • ・ひとりひとりの被験者様とじっくり関われること。
  • ・院内の通常業務の中に治験をうまく組み込めるようコーディネートし、関係者の皆様の評価を頂いた時。
  • ・様々な立場、職種の方と一緒に仕事をするので、これまで以上に世界が広がること。
  • ・治験のことなら、あなたに聞けば安心だねと関係者の方から言ってもらえる時。
CRC経験者が語る「仕事の苦労」
  • ・施設の中では最初は部外者なのでコミュニケーションは重要。
  • ・医師等院内スタッフ、患者さま、製薬会社のモニター等多くの方と接するので、調整が大変だが、頼りにされることも多い。
  • ・書類を多く作成するようになったので最初は戸惑いがあった。

CRCのある1日

8:45
出社
新着メールを確認・返信。他のCRCとの情報交換やミーティング等を行う。担当施設へ直行することもあります。
11:00
担当施設まで移動/ランチタイム
スケジュールを確認して、本日のアポイント先である担当施設(医療機関)へ出発します。
13:30
担当施設に到着/業務の準備
来院予定の被験者のカルテをチェックします。また被験者の来院時間を医師や看護師に報告し、前回来院時の検査結果確認、治験薬の準備などを行います。
14:00
被験者と面談/医師の診察
被験者と面談し、有害事象の有無や服薬状況を確認。被験者への気遣いも大切な仕事です。その後、医師からの依頼により被験者への治験の補足説明を行います。
医師の診察後、再び被験者と面談し、服薬方法の指導や次回来院日時を設定します。また治験協力費の支払い手続きも行います。
15:00
診察後の処理・報告など
カルテ記載内容の確認し、医師へ業務報告を行います。また、CRAへ被験者の状況を報告します。その後、症例報告書への記載、次回訪問日時を報告します。
17:00
帰社
帰社後、新着メールを確認・返信、必要書類の作成。日報を提出して、この日は業務終了。
お電話でも相談受付中!携帯・PHSからもOK! 0120-838-153 【治験業界への電話転職相談】受付時間:平日9:30?20:00まで(年末年始・祝日を除く)
治験業界の関心のある方は、まずはお電話でのご相談も承っています。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です。
必要があれば、治験業界に関する資料や求人情報をお送りすることも可能です。お気軽にお電話ください。