サイト内の現在位置

治験コーディネーター(CRC)になろう!ナースのための治験業界転職ナビ 新薬の開発に貢献できる「治験業界」への転職をナビゲート!

治験業界研究

ひとつの医薬品が誕生するには、長い研究開発期間を必要とします。その間、細胞や動物で、様々なテストを繰り返し、有効性の確認と安全性の評価を行います。そして、最後の段階で人を対象に行う試験が「治験」(ちけん)です。治験では、患者さまを対象に治療を兼ねた試験を行っています。
これからご紹介する「CRA(臨床開発モニター)」「CRC(治験コーディネーター)」は、治験で大きな役割を果たす職種です。

  • 新しい薬ができるまで
  • 治験の流れ(3つのプロセス)
  • 治験のルール=GCP
  • CROとSMO
  • CRAとは?(臨床開発モニター)
  • CRCとは?(治験コーディネーター)

治験の流れ(3つのプロセス)

治験は主に3つのプロセスに分かれています。

フェーズ1
第Ⅰ相試験
少人数の健康な成人を対象に、ごく少量から少しずつ新薬の候補物質の投与量を増やしていき、安全性について調べます。また、どのくらいの速さで体内に吸収され、どのくらいの期間でどのように体外に排出されるのかも調べます。
フェーズ2
第Ⅱ相試験
比較的少人数の患者さまを対象にして、病気の程度によってどのような効き目を発揮するのか(有効性)、副作用はどの程度か(安全性)、またどのような使い方(投与量・間隔・期間など)をしたらよいか、といったことを調べます。通常いくつかの投与量を用いて比較検討しますが、その際にプラセボも加えるのが一般的です。また現在使われている標準的な医薬品がある場合には、それと比較することもあります。
フェーズ3
第Ⅲ相試験
第Ⅱ相試験で得られた有効性、安全性、使い方を最終的に確認するのが第Ⅲ相試験です。医薬品として使われることを想定して、実際の治療に近い形で多数の患者さまに参加してもらいます。症例数の限られる抗がん剤の場合は第Ⅲ相試験をスキップすることもあります。
治験に参加する患者さまのメリットとしては、
①現在の薬では治らない場合、新しい治療方法を受けるチャンスとなる。
②治験に関連する薬と検査代金は製薬会社が負担する。
…等々が挙げられます。また治験に参加することによって、同じ病気で苦しむ人達や次世代の子供たちに対して貢献することにもつながります。
お電話でも相談受付中!携帯・PHSからもOK! 0120-838-153 【治験業界への電話転職相談】受付時間:平日9:30?20:00まで(年末年始・祝日を除く)
治験業界の関心のある方は、まずはお電話でのご相談も承っています。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です。
必要があれば、治験業界に関する資料や求人情報をお送りすることも可能です。お気軽にお電話ください。