サイト内の現在位置

治験コーディネーター(CRC)になろう!ナースのための治験業界転職ナビ 新薬の開発に貢献できる「治験業界」への転職をナビゲート!

Q1. 看護師ですが、企業で働いたことがないので不安です。

A1.

名刺の渡し方とか、電話のかけ方とか、不安なことはいっぱいあると思います。でも、ほとんどの看護師の方は企業で働いた経験はないはずです。多くの治験関連企業では入社時の研修において、名刺の受け渡しや電話対応などのビジネスマナーを学ぶ講習を用意しています。確かに不安だと思いますが、現時点であまり気にする必要はないと思います。

Q2. CRAとCRC、自分にはどちらが向いているのでしょうか?

A2.

どんな職業にも向き・不向きがあると思います。どちらが向いているかは、その方の考え方やお仕事に対する考え方によって異なってきます。お一人おひとりの考え方を伺った上で、アドバイスいたします。キャリアアドバイザーにご相談ください。

Q3. 女性の場合、結婚・出産後も仕事を続けられますか?

A3.

治験業界は総じて女性比率の高い業界です。もともと女性の多い看護師や薬剤師出身の方が多いからです。まさに女性のパワーで支えられた業界ですね。そのため他業界に比べると女性が長く続けられる環境を整えた企業が多いのも治験業界の特徴です。例えばCRAの場合、外勤や出張がどうしても伴うのですが、お子さまが小さい間は内勤の職務に配置するなどの措置をとっている企業もあります。

Q4. CRAやCRCに必要とされる資質とは?

A4.

治験や疾病・検査に関する学習意欲があることが大前提ですが、知識面では入社後に勉強する機会がたっぷりありますのでそれほど心配する必要はありません。知識以上に必要とされるものが、コミュニケーションスキルです。「自分の考え・意見が的確に伝えられるか」あるいは「相手の話をしっかりと傾聴できるか」。このような基本的なコミュニケーション能力が問われます。会社の代表として、医師や医療スタッフなど大勢の方と信頼関係を築く必要がありますからね。
また新薬開発の一端を担う仕事ですので、「生命に対する倫理観の強さ」も当然必要です。

Q5. CRAの場合、出張が多いと聞きました。出張の頻度はどの程度ですか?

A5.

治験を実施している医療機関は全国各地に散らばっていることが多いため、CRAの仕事には新幹線や飛行機などを使った出張が付き物です。 CRAを目指す方は、逆に出張を楽しむくらいの気持ちが必要かもしれません。出張のついでに全国の美味しいもの巡りを楽しんでいる方も多いようです。出張の頻度は企業によっても異なりますが、宿泊を伴うような遠方への出張は月に数回程度のケースが多いようです。

Q6. CRAとCRCの給与水準は?

A6.

CRAの場合、企業によっても異なりますが、治験業界未経験者の場合の初年度年収は諸手当込みで、400万円?500万円前後です。もちろんその後の活躍(昇給や昇格)によって給与もアップします。CRCの場合、300万円台後半?400万円台前半からスタートする企業が多いようです。

Q7. 語学力(英語力)は必要ですか?

A7.

特に英語力は必要とされていません。ただし、外資系の製薬会社の治験や国際共同治験も増えているため、優れた英語力を持つ方は将来的に幅広い仕事を任される可能性があります。

Q8. 治験業界にチャレンジする前に、何か勉強すべきことはありますか?

A8.

特に改まった勉強は必要ありませんが、最低限の知識だけは身につけておく必要があります。マイナビ看護師が開催している転職相談会やセミナーにまずはお越しください。お電話でもご相談を承っています。  

お電話でも相談受付中!携帯・PHSからもOK! 0120-838-153 【治験業界への電話転職相談】受付時間:平日9:30?20:00まで(年末年始・祝日を除く)
治験業界の関心のある方は、まずはお電話でのご相談も承っています。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も歓迎です。
必要があれば、治験業界に関する資料や求人情報をお送りすることも可能です。お気軽にお電話ください。