• 2022年4月15日
  • 2022年4月15日

医療クラークに資格は必要? 役立つ資格と転職に生かせる経験・適性も

 

病院をはじめとした医療機関では、医師や看護師、各専門職のほか「医療クラーク」も日々活躍しています。医療クラークは簡単にいうと「医療従事者・患者さんの事務サポート業務を行う医療事務従事者」であり、働くのに必要な免許や資格はありません。

しかし、医療クラーク求人の採用率を高め、即戦力として活躍できる人材を目指す場合は、何らかの資格を保有しておくことがおすすめです。

そこで今回は、医療クラークの概要から、業務に役立つ資格、転職が有利となる経験、医療クラークに向いている方の特徴まで詳しく紹介します。医療クラークとして働くことを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

医療クラーク(医師事務作業補助者)とは?

医療クラーク(医師事務作業補助者)とは、各病棟のナースステーションに駐在して、医師や看護師をはじめとした医療従事者のサポートを行う仕事です。具体的には、医師が行う事務作業の補助や看護師が行う医療行為の補助といった業務のサポートや、入院患者のカルテ整理・入退院の手続きといった事務業務を行います。

また、厳密にいうと医療クラークには「医師クラーク(医師事務作業補助者・以下、医師クラーク)」と「看護クラーク(外来・病棟クラーク・以下、看護クラーク)」の2種類に大別されます。いずれかによって働き方が大きく異なるため、あらかじめそれぞれがどのような活躍をするのかを把握しておきましょう。今回の記事では、医師クラークと看護クラークに分けて解説します。

なお、医師クラークに関しては、医師事務作業補助体制加算が算定されます。医師事務作業補助体制加算とは、2008年の診療報酬改定で新たに創設された制度の1つで、医師クラークの配置に際して国から人件費が補助されるという制度です。主に、総合病院や大学病院など医療規模が大きい病院が対象となっています。

制度が発足されて10年以上経った現在では、医療規模の大きい多くの病院において、「医師の負担を軽減するため」「人件費を国から補助してもらうため」に医師クラーク(医師事務作業補助者)を積極的に配置していることが特徴です。
(出典:厚生労働省「医師事務作業補助体制加算について 」

医師クラーク業務に役立つ資格

医師クラーク業務に役立つ資格

医師クラークは、主に医療現場で医師が行う事務仕事をサポートする仕事であるため、医療系国家資格がなくても働くことは十分に可能です。しかし、民間資格を取得しておけば就職や転職に有利になるだけでなく、働き始めてからスキルアップするまでのスピードも大きく短縮できるでしょう。

では、医師クラークを目指すためにはどのような民間資格の取得がおすすめなのでしょうか。ここからは、医師クラーク業務に役立つ資格を紹介します。

医師事務作業補助者検定試験

医師事務作業補助者検定試験とは、JSMA(技能認定振興協会)が主催・実施する検定試験です。検定試験に合格すれば、医師クラークとして必要な医療関連知識や技能スキルを持っていることを証明できる「ドクターズオフィスワークアシスト(R)」の称号が与えられます。

受験料 7500円(税込)
受験資格 不問
受験種目

学科試験/選択問題

実技試験/文書作成

合格基準

(1)各分野で約60%以上の得点率

(2)合計で約85%以上の得点率

※学科試験・実技試験ともに(1)(2)を満たす必要あり

合格率 約60%

医師事務作業補助者検定試験の試験内容(試験範囲)は、医学・薬学に関する基礎知識・医療に関する法律・介護保険制度・各種診断書/申請書作成についてなど幅広いことが特徴です。医師事務作業補助者の仕事をきちんと理解したうえで日々試験勉強を行えば、合格の可能性は格段に高まるでしょう。
(出典:JSMA 技能認定振興協会「医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト®)検定試験」

医師事務作業補助技能認定試験

医師事務作業補助技能認定試験とは、一般財団法人日本医療教育財団と公益社団法人全日本病院協会が共同で主催・実施する検定試験です。検定試験に合格すれば、医師クラーク(医師事務作業補助者)として必要な医療文書の作成・医療や医学に関する法律・知識と技能レベルを持っていることを証明できる「ドクターズクラーク(R)」の称号が与えられます。

受験料 9200円(税込)
受験資格

下記のいずれかに該当する者

  • 認定委員会が「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認める教育訓練を履修した
  • 医療機関において、医師事務作業補助職として32時間以上の基礎知識習得研修を含む6カ月以上の実務経験がある
  • 認定委員会から前各号に掲げるものと同等と認められた
受験種目

学科試験/択一式

実技試験/文書作成

合格基準 学科試験・実技試験ともに70%以上の得点率
合格率 約60%

医師事務作業補助技能認定試験の教育訓練ガイドラインは、医師事務作業補助体制加算の施設基準となる「基礎知識として必要な32時間以上の研修」に対応します。そのため、当検定試験に合格しているだけで就職や転職が有利になることは間違いありません。医師事務作業補助者検定試験とあわせて資格を取得していると、さらに活躍の場は広がります。
(出典:一般財団法人日本医療教育財団「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク®)」

医師事務作業補助者実務能力認定試験

医師事務作業補助者実務能力認定試験とは、全国医療福祉教育協会が主催・実施する検定試験です。合格することで付与される称号はないものの、医師クラークとして必要な文書作成能力や医療知識を持っていることが証明できます。

受験料

一般受験:7700円(税込)

団体受験:7200円(税込)

受験資格 不問
受験種目

学科試験/マークシート式

実技試験/文書作成

合格基準 6割以上の正答率
合格率 概ね60~80%

医師事務作業補助者実務能力認定試験の学科試験では、医療関連法規や医学・薬学・臨床検査における基礎知識、電子カルテシステムなどに関する問題が計20問出題されます。実技試験では、手書きでSOAP形式の診療録を作成する必要もあります。受験資格は問われず、合格率もさほど低くないため、過去問を繰り返し解くなどの試験対策を行えば誰でも合格のチャンスがあります。
(出典:全国医療福祉教育協会「医師事務作業補助者実務能力認定試験」

認定医師秘書(TM)医師事務作業補助業務実務能力認定試験

認定医師秘書(TM)医師事務作業補助業務実務能力認定試験とは、特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会が主催・実施する検定試験です。検定試験に合格することで、「認定医師秘書(TM)」の称号が与えられます。

受験料 8200円(税込)
受験資格

下記のいずれかに該当する者

  • 医療福祉情報実務能力協会が指定する教育機関において認定医師秘書講座の受講を修了している
  • 医療機関において、医師事務作業補助職として32時間以上の基礎知識習得研修を含む6か月以上の実務経験があり、かつ医療福祉情報実務能力協会が規定する「実務経験保有者」である
受験種目 学科試験・実技試験
合格基準 8割以上の正答率
合格率 約82%

認定医師秘書(TM)医師事務作業補助業務実務能力認定試験はほかの検定と違い、過去問のテキストは販売されていません。そのため、医療福祉情報実務能力が指定する通信講座を受講して試験勉強をする必要があります。
(出典:特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会「医師事務作業補助者 認定医師秘書TM」

看護クラーク業務に役立つ資格

看護クラーク業務に役立つ資格

看護クラークとは、主に看護師の業務補助を行う職業です。中でも外来クラーク・病棟クラークの2種類に分けられます。いずれにおいても無資格者でも目指すことは可能ですが、医師クラークと同様に就職・転職を有利にするなら民間資格の取得がおすすめです。

ここからは、看護クラーク業務に役立つ資格を5つ紹介します。

医療事務検定試験

医療事務検定試験とは、日本医療事務協会が主催・実施する検定試験です。合格すれば、医療保険制度に関する基礎知識から、医療事務における高度な実践スキルを有していることを証明できます。

受験料 7700円(税込)
受験資格 日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了し、高校・専門学校・短大・大学から、もしくは個人で受験申請を行った者
受験種目 学科試験・実技試験
合格基準 70%以上の得点率
合格率 92.2%

医療事務検定試験の合格率は例年高く、出題内容も基本的に「基礎的な知識」にあたるものが多いため、看護クラークを目指すなら必ず取得しておきたい資格といえるでしょう。
(出典:日本医療事務協会医療事務検定情報サイト「医療事務検定試験とは」
(出典:日本医療事務協会医療事務検定情報サイト「検定試験合格率」

医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験とは、一般財団法人 日本医療教育財団が主催・実施する検定試験です。合格すれば、医療クラークとして必要な知識や技能を有していることの証明となる「メディカルクラーク(R)」の称号が与えられます。

受験料 7700円(税込)
受験資格 不問
受験種目 学科試験・実技試験(1・2)
合格基準 70%以上の得点率
合格率 公式ホームページにて非公開

医療事務技能審査試験は受験資格が特に問われず、誰もが挑戦できるチャンスのある試験である一方で、受講修了すべき講座がないことから試験勉強は必須です。試験勉強に役立つテキストを活用したり、専門学校やスクールに通ったりするなどして合格を目指しましょう。
(出典:一般財団法人 日本医療教育財団「医療事務技能審査試験(メディカル クラーク®)」

医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験とは、一般社団法人 医療秘書教育全国協議会が主催・実施する検定試験です。合格することで付与される称号はないものの、医療秘書実務分野における専門知識や高度なスキルを有していることを証明できます。3級・2級・準1級・1級の4段階に分けられており、準1級からは難易度が大幅に上がることが特徴です。

受験料

3級:4000円

2級:5100円

準1級:5800円

1級:6500円

受験種目 学科試験・実技試験
合格基準 各領域において60%以上の得点率(全級共通)
合格率 公式ホームページにて非公開

医療秘書技能検定試験の3級は「医療秘書として各領域の基礎的な知識を有し、一般的な業務を遂行できる」である一方、1級となれば「医療秘書として各領域の高度な知識を有し、複雑多岐な専門業務を遂行できる」が基準となっています。また、飛び級も不可となっているため、まずは3級を取得して経験を積みながら上級を目指すのもよいでしょう。
(出典:一般社団法人 医療秘書教育全国協議会「医療秘書技能検定試験」

医事コンピュータ技能検定試験

医事コンピュータ技能検定試験とは、一般社団法人 医療秘書教育全国協議会が主催・実施する検定試験です。合格者に付与される称号はないものの、看護クラーク業務に必要なコンピュータの入力業務に要する知識とスキルを有していることを証明できます。3級・2級・準1級の3段階に分けられており、準1級は難易度が高まることも特徴です。

受験料

3級:6400円

2級:7500円

準1級:8600円

受験資格 不問
受験種目 学科試験・実技試験
合格基準 各領域において60%以上の得点率(全級共通)
合格率 公式ホームページにて非公開

近年、電子カルテシステムの導入に伴う連携システムの導入や、診療報酬請求事務(レセプト業務)の電子化が普及しており、コンピュータ技能は必須となりつつあります。幅広いシーンで活躍できる看護クラークを目指すなら、当検定試験のチャレンジがおすすめです。
(出典:一般社団法人 医療秘書教育全国協議会「医事コンピュータ技能検定試験」

ビジネス文書技能検定

ビジネス文書技能検定とは、公益財団法人 実務技能検定協会が主催・実施する検定試験です。合格すれば、文章のやり取りに必要な表現・定型文を用いた文書を作成できる高度な能力を有していることを証明できます。3級・2級・準1級の3段階に分けられており、1級は難易度が大幅に上がることも特徴です。

受験料

3級:2800円(税込)

2級:4100円(税込)

1級:5800円(税込)

受験資格 不問
受験種目 学科試験・実技試験
合格基準 各領域において60%以上の得点率(全級共通)
合格率

3級:約79%

2級:約64%

1級:約33%

ビジネス文書技能検定は、医療業界のみならずすべての業界で活躍する社会人に役立つ資格であり、診断書などあらゆる文書を作成する必要がある看護クラークにとっては資格の保有が大きなアピールポイントとなるでしょう。
(出典:文部科学省後援 ビジネス系検定「ビジネス文書検定とは」

医療クラークへの転職に生かせる経験

医療クラークへの転職に生かせる経験

医療クラークは、たとえ無資格・未経験であっても、下記のような経験があれば就職・転職においてアピールポイントとして存分に生かすことが可能です。

  • 看護師経験
  • 医療事務経験
  • 一般事務経験

ここからは、各経験がどういった仕事内容なのか、どのように生かすべきかを紹介します。

看護師経験

看護師経験とは、その名の通り看護師としての経験を指します。近年では、これまで看護師として活躍していた方が医療クラークにキャリアチェンジする事例も増加しました。

医療クラークは、日々発生する医師や看護師の細かな業務をサポートするため、常に現場の最前線で活躍してきた看護師としての経験が非常に役立ちます。一般的な医療クラークの働き方をしつつ、看護師経験のある医療クラークだからこそできる仕事も多いでしょう。

看護師経験をアピールポイントとして医療クラークを目指すなら、「看護師として主にどのような仕事をこなしてきたのか」「ほかの医療クラークとは違って、どのような活躍ができるか」を具体的に伝えるようにしましょう。

医療事務経験

医療クラークと同様に、医療機関で働く医療従事者を陰から支える職業として「医療事務」が挙げられます。医療事務は基本的に病院の会計窓口で患者さんから診察料や薬代を受け取るほか、レセプト業務を行う仕事で、ナースステーションに駐在する医療クラークとは少し働き方が異なります。

どちらかといえば医療クラークは、医師の秘書や看護師のサポート役に徹することが基本ですが、ときには医療事務のように窓口に立って受付業務・会計業務をしたり、レセプト業務を作成したりすることが求められるケースもあります。医療事務の経験者なら「医療クラークの付随業務」をすべて効率よくこなすことができるでしょう。

医療事務経験を強みとして医療クラークを目指すなら、「医療事務の経験があるため、業務の合間を見て細かな雑務をこなすことが得意」など、医療事務経験をどのように生かせるかを具体的に伝えることがポイントです。

一般事務経験

一般事務経験は医療業界でなくても生かすことのできます。

医療クラークは、一般事務員と同様に「常に周囲に気を配るスキル」や「PCの入力スキル」が大前提として求められます。また、1日を通してこなさなければならない細かな業務が多く発生することから、「時間配分を意識した正確なスケジュール管理能力」も重要です。

一般事務では、どの業界においても上記のスキルはおのずと身につきます。そのため、「医療事務職」ともいえる医療クラークも、一般事務経験があることは大きなアピールポイントとなるでしょう。

一般事務経験をアピールポイントとして医療クラークを目指すなら、「一般事務職として勤務していた頃は、日々〇〇や〇〇といった業務を主に行っており、優先順位をつけて勤務時間内にすべてを終わらせることが得意でした」など、行っていた業務に加えてどこに強みがあるかを伝えるとよいでしょう。

医療クラークに向いている方の特徴 

医療クラークに向いている方の特徴

医療クラークは医療機関の最前線で活躍する医師や看護師、各種医療専門職と比較して、無理のない安定した働き方ができるため、医療クラークへのキャリアチェンジを検討している方も少なくありません。

医療クラークはどのような方に向いているのかを紹介します。

紹介する特徴に当てはまらないからといって諦める必要はありません。実際に働いたり、資格取得に向けて勉強をしたりするうちに、適性が身につくケースもあるので、諦めずにチャレンジしてみましょう。

コミュニケーション能力が高い

医療クラークとして活躍している方は、コミュニケーション能力が高いことが特徴です。コミュニケーション能力といっても、単純に話を盛り上げる力や、誰とでも仲良くできる力というわけではありません。相手の思考を読み取る力、距離を縮める力が特に重要です。

細かな業務をスムーズにこなさなければならない医療クラークは、常に医師や看護師と連携し、状況を理解して自立的に動く必要があります。

また、病院に訪れる患者さんの中には、身体的な不調を抱えているだけでなく、誰にもいえない不安や、精神的不調を抱えているケースも珍しくありません。言葉にして伝えなくても、相手の気持ちや求めていることを想定できる方は、医療クラークとして十分に活躍できるでしょう。

ホスピタリティが高い

ホスピタリティが高い、他者への思いやりの心がある方は、医療クラークに向いています。

前述の通り、医療クラークは現場の最前線で活躍する医師や看護師、各種医療専門職のサポートに徹します。また、ときには何らかの不調を抱えた患者さんに対応することもあるでしょう。

このとき、医療クラークは相手の状況や環境を考慮したうえで、気配りをしたり言葉を選んだりする能力も求められます。細かな業務をこなすからこそ、柔軟な気配りや思いやりは欠かせません。他者を思いやる心がある方は、医療クラークの仕事に適性があるでしょう。

医療業界への関心が高い

医療クラークは、患者さんへの治療や処置に直接的に関わることはありません。しかし、病院を利用する患者さんやその家族にとっては、医療従事者・病院スタッフの1人です。ときには、患者さんやその家族から医療に関して何らかの相談を受けることもあるでしょう。

そのため、医療業界への関心が高い方、医療従事者として業務に携わりたい方におすすめの仕事です。

医療は日々進歩しています。それに伴い、法律や保険制度も定期的に改正されます。医療業界への関心が高く、新たな情報を日々アップデートできる医療クラークは、長く活躍し続けられるといえるでしょう。

まとめ

医療クラークは、「医療従事者・患者さんのサポートを行う医療事務従事者」であり、大きく「医師クラーク」と「看護クラーク」の2種類に分けられます。双方の業務内容は異なります。

いずれも、働くうえで必要な免許や資格はありませんが、就職や転職を有利に進めたい・効率よくスキルアップを目指したいという場合は、民間資格の取得がおすすめです。医師クラークと看護クラークの種類によって取得したほうがよい資格が異なるため、まずは、医療クラークとしてどのような働き方がしたいかを考えましょう。

著者プロフィール