• 2021年8月19日
  • 2021年11月24日

仕事に行きたくないのはなぜ? みんなの対処法とNG行動も

 

社会人には、自己実現ができる・人脈が広がるなど、たくさんの魅力があります。しかし、仕事は前向きに取り組める時ばかりではありません。朝起きて「今日は仕事に行きたくないな」「いっそ会社を休んでしまいたい」と考えてしまうこともあるはずです。

ネガティブな気持ちを解決するためには、悩みと向き合い、冷静に対処することが大切です。本記事は、仕事に行きたくないと感じる主な理由と、適切な対処法について解説します。

仕事に行きたくない気持ちは誰にでもある! その理由は?

「仕事に行きたくない」という悩みは、社会人の多くが経験することであり、決して珍しくありません。ただし、理由はさまざまです。

一時的にそう感じているのか・日常的にそう感じているのかも人によって異なります。一般的には、どのような理由が挙げられるでしょうか。

「今日は」仕事に行きたくない

特定の理由により、一時的に仕事に行きたくないと感じることはよくあります。

○仕事でミスをした

仕事でミスをした翌日は、会社への足取りが重くなります。ミスに対して上司が激昂しているような場合、なおさら足が向きません。

フォローしてくれた同僚に対しても、ありがたいと思う反面、気まずさで顔が合わせづらくなります。

○やりたくない仕事がある

苦手なプレゼンテーションを行う日や、相性がよくないクライアントと会う日など、やりたくない仕事がある日は、仕事に行きたくなくなります。

欠勤者の穴埋めとして、通常とは異なる業務を行わなければならない時も、面倒だと感じてしまうでしょう。

○休み明けで気分が乗らない

「ブルーマンデー」といった言葉があるほど、休み明けに憂鬱を感じる人は多くいます。
正月休みやGWなどの大型連休明けは一層身体がだるく、仕事のリズムを取り戻すことに苦労します。

オン・オフの切り替えが必要なことは分かっていても、現実はなかなか上手くできません。

○天気が悪い

営業や配達などの外勤業務は、天気に仕事の効率が左右されます。梅雨時期はある程度の諦めがつくものの、雪の日や台風が直撃するような日は、さすがに仕事をしたくありません。

朝にカーテンを開けて、気持ちが一気に沈んでしまう人も多い傾向です。

○心身が疲れている

重要な商談や慣れない業務を行った翌日は、安堵感で疲れが一気に出ます。運よく休日ならばよいものの、出勤の場合は、朝の準備すらだるく感じるでしょう。

残業続きで疲れが溜まり、ある朝突然やる気を失ってしまう人もいます。

新卒はもちろん、ベテランの社会人でも気分の浮き沈みはあります。上記に当てはまる項目があれば、よくある悩みを抱えているということになるでしょう。

日常的に仕事に行きたくない

日常的に仕事に行きたくないと考える人は、職場環境や仕事内容など、本質的な悩みを抱えている傾向があります。

○人間関係が辛い

気難しい上司がいる・攻撃的な先輩がいるなど、人間関係で悩む人はたくさんいます。周囲と馬が合わずに、孤立してしまう人も珍しくありません。

人間関係は複雑なうえに、自分で選ぶことができません。毎日顔を合わせるだけに、嫌いなタイプがいると仕事に行くことが苦痛となります。

○通勤が苦痛

片道2時間立ちっぱなしなど、通勤が苦痛に感じるパターンです。電車内では他人と密着し、スマホや雑誌も見られません。

途中駅ではさらにギュウギュウに押し込まれます。「今日も混雑した中で仕事に行くのか」と考えただけで、うんざりします。

○仕事に飽きた

「ルーティンワークばかりで、仕事に飽きてしまった」といった悩みもよく聞かれます。やりがいや充実感がなければ、仕事のモチベーションを保つことは困難です。

生活のためだと自分にいい聞かせても、どうしても仕事に行く気になれない日はあるでしょう。

○仕事が忙し過ぎる

仕事自体が嫌いではないものの、忙し過ぎて悩んでしまう人もいます。人手不足の職場では、一人当たりの業務量が必然的に多くなります。

昼休憩も取れず仕事に追われれば、逃げ出したい気持ちにかられることは当然です。忙しさが給与に反映されればよいものの、現実は期待通りになりません。

○職場の雰囲気が悪い

ミスや失敗が許されないピリピリとした職場や、上司の顔色をうかがいながら働くような職場には、行きたくなくなるでしょう。

仕事のグチや会社の不満など、従業員がネガティブな発言ばかりしている職場もやる気がなくなります。職場の雰囲は、仕事をするうえで極めて重要です。

社会人生活を続けていると、色々なことに考えを巡らせるようになるでしょう。一度抱いた不満やストレスは日に日に膨らみます。

注意! 「仕事に行きたくない」は心と身体のSOS?

仕事に行きたくないと感じて体調を崩している女性

仕事に行きたくない気持ちは、心と身体のSOSである可能性があります。放っておくと事態が深刻化する場合もあるため、注意しなくてはなりません。

最も考えられるリスクが、うつ病や適応障害などのメンタルヘルスに関わる疾患です。過度なストレスや疲れが引き金になることが多く、一度発症すると慢性化しやすいことが特徴です。

下記の症状が当てはまる場合は、心や身体が限界に近づいている恐れがあります。

  • 倦怠感が続いている
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 仕事のことを考えると頭痛や吐き気がする
  • 食欲がなく体重が落ちている
  • 何をしても楽しい気分になれない
  • いつも焦りや不安を感じる

うつ病は、「完璧主義の人」や「理想が高い人」がなりやすいといわれます。周囲の期待に応えようとする、「がんばり屋の性格の人」も要注意です。

仕事に行きたくないという気持ちを、単に甘えているだけという人もいるでしょう。しかし、どれほど精神的に追い込まれているかは他人には分かりません。

体調を崩して仕事を長期離脱をすれば、周囲に迷惑をかけるばかりか、経済的にも困窮します。内面に耳を傾け、少しでも異常があれば、早めに専門家に相談する必要があります。

仕事に行きたくない時の対処法|3パターンに分けて解説

ガッツポーズをしている女性

仕事や会社について悩んでいたとしても、一日は確実に始まります。いつものようにやるべき業務があり、クライアントが待っている人もいるでしょう。

出勤時間が迫る中、どのような行動を取るべきでしょうか。ここでは、仕事に行きたくない時の対処法を3パターン紹介します。

行きたくなくても行く

体調不良や緊急時以外の一時的な理由の場合、仕事に行きたくない気持ちに折り合いをつけて、出社してみるという方法があります。仕事に穴をあけずに済むため、会社に迷惑がかからないことが最大のメリットです。

がんばって出社したことが、自信にも繋がります。再び同じようにネガティブな気持ちを抱くことがあっても、出社してしまえば気持ちが切り換わるだろうと開き直れるはずです。

ただし、無理して出社することによるデメリットもあります。不安定な気持ちで仕事をした場合、普段ではありえないようなミスを犯す可能性があります。上司にとがめられて萎縮してしまい、さらにミスを冒してしまうという悪循環です。

◯対処法のポイント

  • 元気になるきっかけを作る
  • 仕事をする目的を考える
  • ご褒美を用意する

行きたくなくても仕事に行く場合は、好きな音楽を聴いたり、ゆっくり朝食を食べたりして、元気になるきっかけを与えましょう。家族のためや欲しい物を買うためなど、仕事をする目的をはっきりさせればやる気が戻ります。

美味しいランチや高級スイーツなど、がんばる自分にご褒美を用意しておくこともよいアイディアです。前向きに仕事に取り組めるように、工夫を凝らして一日を乗り切りましょう。

思い切って休む

「無理に仕事に行ったところで効率が上がらない」と考えられる場合は、思い切って会社を休んでしまうという方法が有効です。平日ならば、混雑を避けてさまざまな場所へ出かけることが可能です。

余暇を楽しみ気持ちがリフレッシュできれば、働くことに対して前向きになれます。仕事の効率が上がることで、無駄な残業も減らせます。

ただし、自分が休むことで、フォローしてくれる人たちに負担がかかることは認識しておきましょう。日頃のタスク管理ができていないと、周囲に混乱をもたらす恐れもあります。

なお、休みが有給扱いにならない場合は、給料が減ってしまう点に注意してください。

◯対処法のポイント

  • 休みはリフレッシュすることに専念する
  • 休みを「先行投資」だと考える
  • 夜は早めに就寝する

休みを有効活用するために、「仕事」の2文字を頭の中より消し去ることがポイントです。趣味やスポーツに没頭して、存分にリフレッシュしましょう。

欠勤することに罪悪感を覚える人は、「よい仕事をするための先行投資」だと考えると、心置きなく休めます。楽しい一日を過ごしたら、夜は早めに就寝して生活リズムを整えます。

リモートワークに切り替える

通勤が苦痛だと感じている場合や、職場の雰囲気が悪いと悩んでいる場合は、リモートワークに切り替えてみましょう。近年はリモートワークを採用する会社が増えており、週に2~4日でも実現できれば、ストレスを大幅に軽減できるはずです。

自宅で仕事をすれば、周囲の人たちにやる気を削がれることはありません。時間の節約にも繋がることも、リモートワークのメリットです。通勤時間を仕事に充てられるため、拘束時間も減らすことができます。

一方で、リモートワークは「気が緩みやすい」というデメリットがあります。ついスマートフォンや雑誌を眺めてしまったり、お昼休憩を長く取り過ぎてしまったり、仕事が捗らない人もいるでしょう。コミュニケーション不足により、業務の行き違いが起きる恐れもあります。

◯対処法のポイント

  • スケジュール管理を徹底する
  • 仕事に集中できる環境を作る
  • チャットツールを積極活用する

ダラダラと仕事をしないように、一日のスケジュールを事前に立てましょう。集中できる環境を作り、プライベートとの線引きも行います。自宅で仕事部屋が確保できない人には、コワーキングスペースがおすすめです。

コミュニケーションを深めるために、チャットツールも積極活用しましょう。

仕事に行きたくない時のNG行動4選

仕事に行きたくないと感じている女性

仕事に行きたくない気持ちが大きくなったとしても、あくまで落ち着いて対処しましょう。客観的な視点を欠いた言動が、後悔やトラブルに繋がるケースは珍しくありません。

ここでは、知っておくべき「仕事に行きたくない時のNG行動」を4パターン解説します。

無断で欠勤する

NG行動の中でも、最も避けるべき行動が無断欠勤です。欠勤連絡をした際に、上司に文句をいわれたり、理由を疑われたりすることもあるでしょう。

しかし、無断欠勤は「仕事を放棄すること」と同じであり、社会人としての信用を確実に失います。会社としても、仕事の段取りを組みな直さなければならず非常に迷惑です。無断欠勤を繰り返した場合は、懲戒処分の対象になることもあります。

電話口であれこれといわれることが嫌な人は、要件のみをコンパクトに伝えましょう。一人で連絡することが不安な人は、家族に近くにいてもらうと安心できます。また、会話をする気力がない人は、せめて欠勤する旨をメールで送りましょう。

突発的に退職する

仕事に行きたくない気持ちが大きくなったとして、突発的に退職することがやめましょう。辛い状況にあるにせよ、感情に任せて行動してはよい結果には繋がりません。

突発的に退職した場合、残された職場の人たちに多大な迷惑がかかります。クライアントを抱えている場合は、挨拶や引継ぎもなく担当が変わることになるため、不信感を持たれるでしょう。最悪の場合、契約を解除される恐れがあります。

退職して収入が途絶えれば、自分や家族の生活に影響が出ます。自己都合による退職は、失業保険がすぐに給付されないことも知っておくべきです。

退職はいつでもできます。まず、冷静に当日をどう乗り切るべきかを考えましょう。時間的な猶予が欲しい場合は、思い切って休むことをおすすめします。

自暴自棄な行動を取る

手抜きをしたり悪態をついたりと、自暴自棄な行動を取ることで周囲を引こうとする人もいます。一生懸命やったにも関わらず評価されなかったり、責任ばかりを押しつけられたり、会社では理不尽だと思えることが少なくありません。

しかし、自暴自棄な行動を取るほど状況は悪化します。これまで協力してくれた人たちを、知らないうちに傷つけてしまうこともあるでしょう。職場に居場所がなくなれば、退職を余儀なくされます。

辛い気持ちがあり、自分でどのようにアクションすればよいのかが分からない場合は、家族や同僚に一度相談してみましょう。パワハラや不当な扱いに悩んでいる場合は、社内の相談窓口、もしくは労働組合が運営する労働相談センターを利用することが適切です。

我慢を続ける

無断欠勤や突発的な退職は避けるべき一方で、我慢を続ければよいというわけでもありません。先に述べたように、心や身体のSOSに耳を傾けずに働き続ければ、やがて限界が訪れます。

「嫌いな上司が、部署異動でいなくなる」といった幸運なケースを除き、基本的に辛い状況は放っておいても解消されません。人間関係に悩んでいるなら、相手への見方を変えたり、接し方を工夫してみましょう。

苦手な業務がある場合は、得意な人に依頼するという方法もあります。辛い状況を変えるために、できる行動や一つずつ積み重ねることが大切です。

仕事に行きたくない日が続くなら|休職や転職も

休職してリフレッシュする女性

さまざまな対処法を実践しても、仕事に行きたくない気持ちが続くこともあります。また、一時的に前向きな気持ちを持てたとしても、原因が根本解決されなければ、遅かれ早かれ同じ悩みに直面します。

仕事に行きたくない日が続くなら、以下の対処法を検討しましょう。

休職してしばらく仕事から離れる

疲れ過ぎていてネガティブな思考しかできない場合や、うつ病の予兆が見られる場合は、休職してしばらく仕事から離れましょう。

休職の最大のメリットは、日にちや時間の制約を受けずに休養に専念できることです。一時的ではあるのの、職場の人間関係も断てるためストレスも溜まりません。

デメリットとしては、キャリアを形成するうえで不利になることが挙げられます。休職期間中は実績がなくなり、周囲に遅れを取るためです。休職することに会社の理解がなければ、評価を下げられるリスクもあります。

◯対処法のポイント

  • 早期に休職を申し出る
  • 業務の引継ぎを確実に行う
  • 協力者に感謝を伝える

会社側の都合も考えて、休職は早めに申し出ることがマナーです。抱えている業務は、責任を持って確実に引き継ぎましょう。被害者意識があったとしても、協力者への感謝の気持ちを忘れてはなりません。

転職して環境を変える

仕事の悩みが複数ある場合や、業種自体が自分に向いていないと感じる場合は、転職を検討しましょう。理想を求めて仕事を変えることは、今や珍しくありません。

転職は、職場環境をリセットできることが最大のメリットです。経験や能力を活かせる仕事に就ければ、キャリアアップにも繋がります。

ただし、仕事や現場のルールを一から覚え直すことになるため、一定の苦労があるでしょう。また、現状よりも年収が下がる可能性もあります。

◯対処法のポイント

  • 計画性を持って行動する
  • 転職支援サービスを利用する
  • 確実な退職方法を知っておく

方向性を見据えた行動計画を立てなければ、キャリアに傷をつけかねません。在職中に情報収集を行うとともに、資格が必要ならば事前に取得しましょう。

転職支援サービスにてキャリアカウンセラーのサポートを受ければ、転職活動をスムーズに進めることが可能です。会社との退職交渉が難航しそうな場合は、退職代行サービスを利用することも一つの方法です。

まとめ

仕事に行きたくない気持ちは、社会人ならば誰にでもあります。一時的・日常的に感じるかは人によって異なるものの、いずれにしても悩みは早めに解決することが大切です。

行きたくなくても行く・思い切って休む・リモートワークに切り替えるなどして、適切に対処しましょう。勢い余って無断で欠勤したり、自暴自棄な行動を取ったりすることはNGです。

また、仕事に行きたくない気持ちが続く場合は、休職や転職を検討してみてください。マイナビ看護師では、看護師の方向けに求人紹介・転職活動のサポートを行っております。転職者様が現在抱える悩みを解決できるよう、今後のキャリアも含めたご相談・ご提案をさせていただきますため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

(監修:マイナビ看護師キャリアアドバイザー)

著者プロフィール