看護師あるあるマンガ ナースの生活

第1回

お仕事あるある

「視線の先には?」

まだまだあるある!看護師エピソード!

  • 街中でいい血管を見かけると針を刺したくなる(25歳)

  • 血管を触っていると落ち着く(32歳)

  • 三色ボールペンなど、赤と青が並んでいるものを見ると動脈と静脈に見える(28歳)

  • 血管が出ていない患者さんがくるとナースが消えていく(35歳)

  • 人に針を刺すのは平気なのに刺されるのは苦手(22歳)

※2017年1月23日~27日配信 ナースぷらす+「看護師アンケート」(楽天リサーチ調べ)

看護師ってやっぱり楽しい! 現場のあるあるをチェック!

プロフィール

木下 晋也(きのした しんや)

漫画家

日常生活をテーマに、さまざまな人物を独特の感性とゆる~いタッチで描く、人気漫画家・木下晋也先生が、看護師の半径数メートルで起きる、あるあるな日常を描きます。クスっと笑えて、元気になれる作品は中毒性アリ! 夜勤で疲れたカラダにじんわりしみます。
1980年大阪生まれ。2006年「Comic ギャグダ」(東京漫画社)にて『ユルくん』でデビュー。2008年『ポテン生活』で第23回MANGA OPEN大賞受賞。単行本『ポテン生活』全10巻、『もここー』全2巻、『おやおやこども。』などが好評発売中。Docomoエンタメウィークで『マコとマコト』、ママテナで『おやおやこどもこども。』、ジモコロで『柳田さんと民話』など連載中。趣味はプロレス観戦。

木下晋也Twitter:https://twitter.com/kinositasinya