この病院のここがスゴイんです

社会医療法人緑泉会 米盛病院

1969(昭和44)年に米盛整形外科医院として開院した同院は、救急・急性期・回復期を担うグループ中核の専門病院として2014年に新築移転(305床)。整形外科と救急科を2本柱にICU、ハイブリッドER、民間医療用ヘリをも備え、離島を含む広域の救急受け入れや災害時対応も可能な病院となりました。「一秒を救う。一生をつなぐ」をコンセプトにベストを追求し続ける同院の「ここがスゴイ!」ところとは?

Let's Go

ここがスゴイ その1

鹿児島市の海近くに立地し、当地のシンボル「桜島」を正面に一望。開けた視界は、屋上のヘリポートを使うヘリコプターにとっても好適です。院内施設には、カフェやイタリアンレストランのテナントも。患者さんやご家族だけでなく、職員が一息つけるスポットにもなっています。

ここがスゴイ その2

同院所有の通称「レッドウィング」。多いときで月に20回、フライトドクターとフライトナースを乗せて出動しています。搬送されてきた患者さんは、専用エレベーターでヘリポートからERへ直行します。

ここがスゴイ その3

ラーニングセンターの講堂(276席)。座学・実技を問わずさまざまな研修に使われるほか、災害時は座席を収納して避難所に。酸素や吸引の配管設備も整っています。下は同センターの講義室(全8室)。このほか同センターには、病室や手術室を再現したシミュレーションルームも2室あり、学んだことを実践的に身につける体験型ラーニングが実施されています。

矢印

ここがスゴイ その4

check

ICUは10床すべてが個室。各個室を患者さんとご家族のプライベートな空間と考え、個室への専用通路も用意されています。

ここがスゴイ その5

全国でも数少ない「ハイブリッドER」。さまざまな検査・医療機器を備え、CT、血管造影、手術まで、この1室で完結します。同院にはこのほか、「ハイブリッドOR」を含む九つの手術室があり、年間約2,500件の手術が行われています。

矢印

ここがスゴイ その6

ゆったりとした雰囲気の職員食堂では、職種を超えた和気あいあいの交流も。メニューは300~500円台とお得ながら、食べ応えもしっかり。お弁当持参での利用もOKです。

ナビ子&トン子の取材メモ

“人こそ財産”と考え、人の育成を大切にする米盛病院は、働きやすい環境づくりも大切にしています。移転時には職員寮も新築し、7.5畳の1Kで賃料は月2万5,000円。院内には託児所を設け、24時間保育が行われています。ハイレベルな仕事環境と充実の教育体制のもとで長く働ける環境。仕事も家庭も全力投球したい看護師さんに、魅力的な環境ですね。

社会医療法人緑泉会 米盛病院

<所在地>
鹿児島市与次郎1-7-1
<診療科目>
整形外科/救急科/外科/脳神経外科/循環器内科/呼吸器内科/放射線科/リハビリテーション科/リウマチ科/麻酔科
この病院の求人を見る

この病院のここがスゴイんです! ほかの記事も読む

  1. 07 米盛病院
  2. 06 八尾徳洲会総合病院
  3. 05 メディカルトピア草加病院
  4. 04 松波総合病院
  5. 03 林眼科病院
  6. 02 青梅慶友病院
  7. 01 大阪暁明館病院