業界ニュース情報便

vol.140

【注目!2021春ドラマ♪】「泣くな研修医」白濱亜嵐インタビュー!

EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐さんがドクター役でテレ朝ドラマ初主演!(提供:テレビ朝日)

注目の新・土曜ドラマ「泣くな研修医」(テレビ朝日系)が4月24日より放送スタート!本作の魅力や見どころ、撮影秘話を主演の雨野隆治役を演じるEXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐さんにインタビュー。
ナースぷらす読者へのメッセージも必見です!

土曜ナイトドラマ「泣くな研修医

  • ■あらすじ
    地方の大学医学部を卒業後上京し、都内総合病院の外科で研修医として働き始めることになった雨野隆二。1日も早く一人前の医師になることを目指していたが、救急搬送の患者さんを前に何もできずに落ち込む日々…。知識も経験もまったくない雨野が、“医師”という職業への熱意を胸に、同僚の研修医とともに成長していく姿を描く。
  • ■放送日:2021年4月24日(土)スタート/毎週土曜23:00~23:30放送
  • ■原作:中山裕次郎『泣くな研修医』(幻冬舎文庫)
  • ■脚本:樋口卓治
  • ■演出:豊島圭介、朝烏ツワ子、小松隆志
  • ■制作:テレビ朝日、MMJ

最新情報は「泣くな研修医」オフィシャルサイト をチェック!
キャスト:白濱亜嵐、野村周平、恒松祐里、柄本時生、眞島秀和、木南晴夏、山口智充ほか

<「泣くな研修医」第1話予告編はこちら!>

「兵隊」「伝書鳩」と呼ばれ先輩医師から怒られる毎日…リアルな研修医像を描く

正義感が強く頑張り屋な主人公、雨野隆治役を熱演

白濱亜嵐さん プロフィール

白濱亜嵐(しらはま・あらん):2012年11月、GENERATIONS from EXILE TRIBEパフォーマーとしてメジャーデビュー。2014年4月にEXILE新パフォーマーに決定し、EXILEに加入。GENERATIONSのリーダーも務め、EXILEと兼任しながら活動している。また、俳優としてドラマ「GTO」「M 愛すべき人がいて」、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」等に出演。2021年4月24日よりテレビ朝日系ドラマ主演「泣くな研修医」が放送開始。

地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修医となった雨野を待っていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師から怒られてばかりの毎日。
にじいろカルテ」に続き、本作もカッコいい医師を描く王道の医療ドラマではなく、自分の無力さにもがき、葛藤しながらも「医師」への強い思いと熱量を持って日々成長していく若者たちの青春群像劇です。

現役外科医、中山祐次郎氏の小説デビュー作にしてベストセラーとなった『泣くな研修医』(幻冬舎文庫)が原作の本作では、研修医の悩みや葛藤、それを乗り越えての成長が現役医師ならではのリアリティを持って描かれています。
主役の雨野隆治役を演じる、EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐さんに本作の見どころを伺いました。

研修医の悩みや葛藤、それを乗り越えての成長が見どころ

時にはタイプが真逆の同期達の間を取り持つことも…(提供:テレビ朝日)

――初めに作品の見どころを教えてください

さまざまな個性を持つ4人の研修医が、同期の仲間として、そしてライバルとして切磋琢磨しながら成長するところが一番の見どころです。理想に燃える研修医の成長ストーリーを楽しんでいただければと思います。研修医の苦悩や葛藤と向き合いつつも、決してシリアスになり過ぎず、ポップに描いているところも見どころです。笑えるシーンもたくさんあるので、ぜひ楽しんでください!

また、4月という、多くの人にとって新生活が始まる時期のドラマであるところもポイントです。新しい生活が始まる時期は、不安を感じる人も多いでしょう。作中で雨野がさまざまな苦労を乗り越えて成長していく様子を通じて、少しでも勇気を届けることができれば最高ですね。

――『泣くな研修医』の原作も読まれたそうですね。原作や初めて台本を読んだ時の感想はどうでしたか?

茶目っ気がありながらも「誰かの役に立ちたい」という一途な思いで医師を目指す、雨野のピュアな性格に心を打たれました。その一方で、研修医として右も左もわからない中で、葛藤したり悩んだりしながら、ライバルと切磋琢磨するところには共感を覚えました。色々な意味で自分と近いキャラクターだと思っています。

――どのようなところが近いキャラクターなのでしょうか。

雨野は同期の研修医の中ではいじられキャラでもあるのですが、僕も普段はグループで活動しているので、仲間にいじられる雨野に強い親近感を覚えました。また、雨野のキャラクターは少し見栄っ張りで大口を叩くという設定なのですが、そこも似ているかもしれません。僕自身、中学時代から周囲に『EXILEに入る!』と豪語していましたので、何となく親近感を感じますね。
しかし、大口を叩くというのは、ある意味で自分が弱いから無理をしている面もあると思います。その意味では、雨野は本当に人間味があふれるキャラクターだと感じます。

「1つ1つが真剣勝負」医療と音楽には共通項も

救急で運ばれてきた患者さんを前に、うろたえながらも真剣に向き合う雨野(提供:テレビ朝日)

――ほかにも雨野とご自分が重なると感じる部分はありますか?

命こそ関係しませんが、医療現場と音楽の創作活動には共通項もあります。医療現場では1つ1つが負けられない試合であり、真剣勝負ですが、それは音楽活動にも重なるからです。曲を1曲作って世に出すためには、本当に多くの人の努力が必要です。そうした中で、1曲であっても”捨て曲”を作るわけにはいきません。1曲1曲が負けられない勝負である点は、どこか医療と通じるのではないでしょうか。

――おじ様が医師でおば様が看護師だそうですね。役作りにあたってアドバイスをもらったりしたのでしょうか?

正月に親戚が集まった時に、おじやおばから話を聞くことはありましたが、特に今回のドラマのために時間を作ることはありませんでした。2人ともまだ現役で働いているので多忙で、なかなかゆっくり話す時間が作れなかったからです。
ですが、家族が体調不良のときは必ず相談に乗ってくれますし、祖父が入院したときもおじが主治医になってくれました。そういうときは本当にありがたいですね。

また、姉の夫の兄も僕の1つ年上で医師なのです。まさに少し前まで研修医だったわけですから、ぜひ今度会った時は研修医時代の話を聞いてみたいですね。

――2回の入院経験があると聞きました。どのような状況だったのでしょうか。

1回はひざの怪我で、もう1回は髄膜炎でした。特に髄膜炎のときは頭痛がひどく、大変な思いをしました。当時、1週間ほど前から頭痛があったのですが、同居していた姉が留守の日に、あまりの痛みに気絶して倒れてしまったのです。あらかじめマネージャーに頭痛のことを伝えていたので、救急外来に連れて行ってもらい大事には至りませんでしたが、ウイルスの量が減るまで1週間半ほど入院になりました。
入院中のことは痛みが強すぎてよく覚えていませんが、医師や看護師の方は忙しそうなのに親身に寄り添ってくれて、とても心強かったのを覚えています。

――医療には多くの専門用語がありますが、セリフを覚えるのは大変でしたか?

自分の中に無いワードや行動を一から覚えるので、やはり難しかったですね。僕はどちらかというとセリフを覚えるのが得意な方なのですが、医療の専門用語を覚えるのはとても苦労しました。そこで、まずはその医療用語の意味を調べることから始めました。やはり意味を理解した上で言葉を覚えた方が、ぐっと覚えるのが楽になるからです。

患者と先輩医師の板挟みになる研修医の悩みを描く

同期達と共に、宿直室でも医学書を開き学び続ける日々(提供:テレビ朝日)

――役作りの工夫について教えてください。

医療に関する勉強をするというよりは「研修医とはどのような人か」「どのような生活を送っているのか」について力を入れて調べました。具体的には本を読んだり、研修医の書いているブログを読んだり、youtubeも活用しましたね。とても参考になりました。

――研修医のどのようなところが大変だと感じましたか?

やはり一番大変なところは、患者さんと先輩医師の間で”板挟み”になることではないでしょうか。患者さんと上司にあたる医師との間で板挟みになって悩む研修医というのは、この作品のひとつの見どころにもなってくると思います。

――ドラマを通じて医師や医療職への印象は変わりましたか?

大きく変わりました。一番変わったのは、医師にも研修医という未熟な時期があると知ることができた点です。てっきり医師は国家試験に合格した時点で一人前の医師になれるのかと思っていましたが、まったくそうではないとわかりました。僕自身、これまで病院で医師に質問をしていたとき、もしかしたら相手が研修医だったこともあったのかな、と思いましたね。

――作品を楽しむポイントがあれば教えてください。

やはり同期の研修医4人のやり取りでしょうか。本当に楽しくて、撮影現場でも度々、笑い声が起こっていました。特に、研修医役の1人である野村周平さんはプライベートでも交流があるため、共演できたのはうれしいですね。テンポよくセリフが飛び交う研修医同士のやり取りはぜひ見て欲しいです!

――最後に、4月から新たな環境で働き始める新人医師や新人看護師へメッセージをお願いします。

4月から新人研修医、あるいは新人看護師として働き始める皆さんは、きっとたくさんの不安を感じていることだと思います。ですが、ぜひがんばってください、ときには先輩から厳しいことを言われるかもしれませんが大丈夫。絶対に、あなたよりも雨野の方が何倍も怒られています(笑)。

僕自身は本当に医療従事者の方たちに感謝していますし、ドラマを通じて少しでもその感謝を伝えることができればいいと願っています。医師や看護師の皆さんには「あなたたちがいてくれるからこそ、僕らが笑顔で過ごすことができています」という感謝をぜひとも伝えたいですね。

「泣くな研修医」ポスタービジュアル。4月24日からオンエア予定。

取材・文/横井かずえ
撮影/高嶋 一成[colors]

横井 かずえ

プロフィール

横井 かずえ

ライター

1977年生まれ。北海道出身。明治大学法学部卒業。ワインとビールをこよなく愛する2児の母。大学卒業後、医薬品専門新聞社(株)薬事日報社に入社。新聞記者として13年間、日本医師会、日本薬剤師会、厚生労働省などを担当。2013年独立。フリーランスとして活動を始める。現在は、医療・介護を中心としたフリーライターとして医師・看護師・介護職向け雑誌やサイトコラムを中心に執筆中。
モットーは「笑顔のこぼれるインタビュー」。

オフィシャルサイト: https://iryowriter.com/

この著者の記事一覧

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.149 【映画】ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA―ミナマタ―』
  2. vol.148 【海外留学したい看護師さん必見!】1人年間1200万円、海外奨学金制度オンライン説明会を開催(笹川保健財団)
  3. vol.147 【読者プレゼント】 数量限定・木下晋也先生の特製パズル発売記念
  4. vol.146 新型コロナウイルスワクチン接種業務の看護師さん募集|マイナビ看護師
  5. vol.145 【波瑠さん出演・新月9ドラマ】夜間救急専門医の奮闘を描く!『ナイト・ドクター』
  6. vol.144 【イベントレポート】転職・異動前の心構え/新しい職場へ行く前のチェックポイント
  7. vol.143 「2021年看護の日トークイベント」レポート!認定看護師の活躍にフォーカス
  8. vol.142 【映画】ファーザー|主演男優賞ホプキンスが認知症の父親を熱演
  9. vol.141 5月9日オンライン開催!「看護の日」トークイベント
  10. vol.140 【注目!2021春ドラマ♪】「泣くな研修医」白濱亜嵐インタビュー!
  11. vol.137 新型コロナウイルスに直面する看護職の厳しい実態
  12. vol.138 「看護の日・看護週間」制定30周年・ナイチンゲール生誕200年記念式典レポート
  13. vol.139 感染症コンサルタントから現場ナースへのエール
  14. vol.136 「Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン」がZoomウェビナー形式で開催
  15. vol.135 訪問看護の経験を生かし、AIで介護福祉分野の課題解決に挑む!
  16. vol.134 介護現場の業務効率改善をCareViewer×Chatworkが実現!
  17. vol.133 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  18. vol.132 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  19. vol.131 速報!2021年度【第110回】看護師国家試験、難しかった? SNSの反応は?
  20. vol.129 日本看護管理学会が異例のメッセージを発表「日本看護管理学会より国民の皆さまへ ナースはコロナウイルス最後の砦です」
  21. vol.130 【注目・新ドラマ2021】「にじいろカルテ」高畑充希×井浦新×北村匠海インタビュー!
  22. vol.128 【読者プレゼント】木下晋也の月めくりカレンダー2021
  23. vol.127 看護師がいま知っておきたい、持続可能な新型コロナウイルス感染症対策
  24. vol.126 東京・港区で赤坂芸者衆を招いた感染症対策セミナーが開催
  25. vol.124 「Nursing Nowキャンペーン公式ソング発表&看護の日制定30周年特別ドラマ完成披露」記者発表会レポート
  26. vol.126 【zoom】10月22日(木)21:00~22:15開催!オンラインダイアログ「COVID-19から考えるこれからの看護」
  27. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  28. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  29. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  30. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  31. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  32. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  33. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  34. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  35. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  36. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  37. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  38. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試験の合格状況|速報
  39. vol.111 【2020年合格速報】第109回 看護師国家試験の合格状況
  40. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  41. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  42. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  43. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  44. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  45. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  46. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  47. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  48. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  49. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  50. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  51. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  52. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  53. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  54. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  55. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  56. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  57. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  58. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  59. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  60. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  61. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  62. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  63. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  64. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  65. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  66. vol.84 5月12日「看護の日」
  67. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  68. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  69. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  70. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  71. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  72. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  73. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  74. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  75. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  76. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  77. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  78. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  79. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  80. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  81. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  82. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  83. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  84. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  85. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  86. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  87. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  88. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  89. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  90. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  91. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  92. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  93. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  94. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  95. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  96. vol.54 コミュニティナース/護身術
  97. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  98. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  99. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  100. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  101. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  102. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  103. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  104. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  105. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  106. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  107. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  108. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  109. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  110. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  111. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  112. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  113. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  114. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  115. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  116. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  117. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  118. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  119. vol.31 看護師の届出制度について/他
  120. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  121. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  122. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  123. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  124. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  125. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  126. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  127. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  128. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  129. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  130. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  131. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  132. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  133. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  134. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  135. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  136. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  137. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  138. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  139. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  140. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  141. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  142. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  143. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  144. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  145. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  146. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  147. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  148. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  149. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他