業界ニュース情報便

vol.139

感染症コンサルタントから現場ナースへのエール

世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、現代における感染対策の重要性をよりいっそう浮き彫りにしました。また、感染拡大当初は情報が錯綜する中で、「何が大切で、何がそうでないのか」を見極めることも必要でした。感染症看護の臨床を経て、現在はフリーの感染症コンサルタントである堀成美さんは、まさにそうした状況のなかで医療現場のために動いてきた一人。ここでは堀さんのキャリアを振り返るとともに、コロナ禍での奮闘の様子、そして現場ナースへのメッセージを語っていただきます。

看護師第1号として「実地疫学専門家」の道へ

——堀さんは、一般の大学を卒業してから看護の道に入ったと伺っています。どのような経緯だったのでしょうか。

高校に進学するタイミングでは、当初、看護師養成コースがある学校を選ぼうと思っていたんです。でも、母親から「いきなり将来を絞らないほうがいいよ」といわれたことで、「確かに。本当に看護師になりたければ後からでもキャリアチェンジできる」と思い直し、普通科に進学しました。その後、“街角の正義”を体現するような分野に興味を引かれ、大学は法学部に進学したのですが、そこのゼミで医療過誤について学んだことで、再び医療について深く考えるようになりました。弁護士になって「問題が起こってから介入すること」よりも、医療従事者になって「そもそも問題を起こさないこと」のほうが社会のためではないかと。そう思ったんです。

それでも大学卒業後の進路は迷いに迷い、結局は以前から興味のあったタイに留学。社会科学系の勉強をすることにしました。実は、大学在学中に結婚していたのですが、あのときは「離婚届けを出したいなら出して!」と言い放ち、反対する人が多い中、日本を出発しましたね(笑)。でも、結論としては行ってよかった。現地ではHIV/AIDSが大きな社会問題になっていて、そこで学んだもの、得たものが私の原点になったからです。おかげで「私が本気でやるべきことは法律の仕事ではなく医療だ」と確信できたので、留学を途中で切り上げて、日本に帰ってくることにしました。

日本に戻ってからは看護短大を卒業して、感染症看護、特にエイズのことに携わるためにはどうしたらいいかを模索しました。でも、そのときはなかなか道が見えてこなかったのと、看護短大在学中に子どもを産んでいたのとで、自宅に近い病院に入職することにしたんです。それでも、一人前の看護師になるためには修行が必要だと思い「一番大変な病棟に入れてください」と申し出たりはしました。

それからしばらくは、その病院で働いたのですが、あるとき「エイズに興味がある(変わった)看護師がいる」ということで、エイズ診療に力を入れている都立駒込病院からお誘いをいただき、非常勤として移ることになりました。なぜ非常勤を選んだかというと、異動がなく感染症外来に張り付くことができるからです。

——都立駒込病院の感染症外来では、どんな出会いがありましたか?

都立駒込病院の感染症外来でエイズの患者さんと継続的に関わっているときは、普通の病棟や診察室では聞けないような患者さんの胸の内を聞くことができました。ある患者さんから、「堀さん、余力があればエイズの予防に取り組んだほうがいいよ。ほとんどの人は、コンドームで予防できることは知っている。けれど、感染してしまう。結局、一過性のキャンペーンだけでは、後に続く患者さんを食い止められないと思うんだ」と言われたことは、いまでも記憶に残っています。

また当時、都立駒込病院感染症科にいらした、尊敬する感染症医の味澤篤先生も、こんなふうにおっしゃっていました。「堀さんはエイズのことに熱心だけれど、病院は感染した人を待つ場所。川下に流れてきた患者さんだけを見て、一生懸命に治療・ケアしている。本当は、川上でやれる人が必要だけれど、日本にはそういう仕事があまりないんだよね」と。都立駒込病院での仕事は楽しかったし、勉強にもなりましたが、その言葉を聞いてからは「川上」を目指すべきなのか悩みましたね。そして、そんななかで新たな示唆を与えてくださったのがアメリカ人医師のジョン・コバヤシ先生でした。

「アメリカにはフィールドエピデミオロジスト(疫学者)という職種があって、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)がそれを養成している。残念ながら日本からは原則としては採用していないけれど、日本の国立感染症研究所にも実地疫学専門家養成コース(field epidemiology training program;FETP)というよく似たものがある」。その話を聞いて心が躍りました。感染症と疫学の知識を駆使して感染予防のコンサルテーションを行ったり、感染症危機管理事例を探知して適切な措置を取ったりするための専門家を養成するプログラム(2年間)で、私がやりたいことにぴったりだったのです。

ただ一つ問題があって、当時のFETPの募集要項には、看護師を想定する文字はありませんでした。これは悲しかったですね。当時の募集は医師や獣医師を想定していたようで、看護職は私が入るまでは採用が無かったのです。しかし、診療するわけではないのだから、医師であろうがなかろうが関係ないだろうと。それで問い合わせたところ「応募してもいい」と言われたので、すぐに応募したら……。なんと合格したのです。私が看護師としては第1号なんですよ。チャンスを与えてもらって本当に嬉しかったですね。医師の研修生に負けないように頑張ろうと思いました。

——プログラム修了後も、堀さんのキャリアは波瀾万丈だったそうですね。

「とりあえず終わったけれど、さあ、どうしよう」と思っていたのですが、聖路加看護大学(現・聖路加国際大学)で看護教育に関わることになりました。「大学の教員」は自分では1mmも考えていなかった選択肢なので、まさに「想定外」です。これは聖路加の井部俊子さんとの出会いが大きかったですね。看護の王道を歩んできたわけではなく、かといって「聖路加カラー」に染まることもできないであろう私を面白がって、「(看護教育の領域でも)これまでのことにとらわれて自ら制限をかけないで、新しいことを進めていってほしい」と受け入れてくれたのです。

そこでは、学内に感染管理認定看護師養成コースを作ることをミッションとしていたのですが、諸々の事情で結果的にはこのコースは新設されず。なので、それを一区切りとして別の道を探ることにしました。

その後、私が大学を辞めたことを聞きつけた大曲貴夫先生と当時の総長が、国立国際医療研究センターに誘ってくれたのですが、通常、看護師が採用されるときは看護部所属になるところ、私としては看護部に入って働くのではなく、より大きな視点から感染症のことをやりたかった。それで、そのことを正直に伝えてみると……。大曲先生は「それでいい」と言って、新たに「感染症対策専門職」というポストを作ってくれました。院内にはすでに感染管理を専門とする看護師が複数いたので、院内の感染管理そのものにはコミットはせず、院外つまり、自治体や地域の医療機関、国際機関との連携、市民や報道むけの情報発信・リスクコミュニケーションなどを担当していました。
「国立国際医療研究センターの感染症対策専門職」というポジションや役割と、ここで手がけた仕事の数々は、間違いなく私の強みになっていると思います。

現場の看護師を孤立させてはならない

——ロールモデルがない中で培ってきた堀さんの感染対策に関する知識・能力を、今後どうやって社会に還元していこうとお考えですか?

さまざまなやり方が考えられますが、その一つとして会社を設立しました。業務内容を一言で言うと、感染症に関するコンサルテーションをアウトソーシングで提供するというものです。元の医療機関を引退した専門職や、フリーランスで活動をしたい人たちと一緒に教育活動を展開するプラットホームを作りたいと思いました。弁護士や税理士が会社などの顧問となって専門的業務を提供するケースは少なくありませんよね? その感染対策版と考えてもらえばいいと思います。

すでに病院などからお話をいただいていますが、私がいちばんやりたいと思っているのは、感染対策の教育プログラムを対象に合わせて作成・展開することです。汎用的なマニュアルはどこにでもありますが、たとえば「精神科でマスクや手洗いができない患者さんを相手にする場合はどうしたらいいか」といった個別具体的なものは、オンデマンドで対応するしかありません。そのときに現場に入り込んで、そこの人たちの困り事を拾い上げて、本当に役立つものを作っていく。これは私が大切にしている「対話型感染対策」のやり方でもあります。

現在はキャパシティいっぱいなので宣伝も積極的な業務を拡大もしていません。法人にすることで社会での活動のしやすさや、認知のされやすさはあると感じます。個人の努力で頑張るといったことではうまくいかないこともあるので、一つのターニングポイントになりました。

一般の人に向けたアプローチとしては、インターネットを活用した情報発信がおもしろいと思っています。そのため2020年4月から、日本科学未来館のサイエンスコミュニケーターの皆さんと一緒に、「ニコニコ生放送」で「わかんないよね新型コロナ~だからプロにきいてみよう~」と題した番組を40本以上も作り、視聴者の皆さんとリアルタイムでコミュニケーションを重ねてきました。これも「対話型感染対策」の一つのありかたですよね。

付け加えるなら、この番組は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる報道番組や、ワイドショーの情報発信に対するアンチテーゼという意味合いもありました。複数の番組に出演することになりましたが、それは誰かの役にたつような内容でもなく、視聴率を得るために不安を煽る作り込みになっていました。たとえば、ニューヨークやイタリアの医療現場で大混乱が起こっている映像を出してきて、「2週間後は東京もこうなるのでしょうか?」と悲壮な面持ちで質問される、といった具合でした。私は「それらの都市と東京では感染の状況も、それに対する措置も、何もかも事情が異なるのだから、そうなるとは言えません」というような回答をしましたが、番組の空気を完全に壊していましたね(笑)。以後お誘いはありません。番組の意図にそぐわないと、そういうことになるのでしょう。
でも必要なのは、一方的な煽りではなくて、疑問や不安があってもいいので、確かめながらそれを解決していく対話型のコミュニケーションなんです。

——堀さんは東京都看護協会危機管理室のアドバイザーも務めていますが、これはどういった経緯からですか。

面識のあった東京都看護協会の山元恵子会長に連絡を取ったのは、2020年3月下旬のことでした。COVID-19に対して現場の看護師たちが奮闘しているなか、そして、時には心ない人間から不当な差別的扱いを受けているなかで、看護師の職能団体である看護協会はどう看護の現場を守るのかを聞きたかったからです。物品や人員を提供するなどの支援策も大切ですが、それより何より「現場の人たちを孤立させない」「私たちが守りますよ」というメッセージを出していただきたかったのです。

医療従事者は看護や医学で学位を取る人が多いなか、山元会長は大学院で危機管理を専攻されていた。そして、東京都看護協会に危機管理室を設けていました。そこをベースに会員施設に対する物心両面のサポートを行うということだったので、私もアドバイザーとして関わることになりました。クラスター発生で大混乱した病院を診療再開まで持っていくなど、当時の東京都看護協会の頑張りはかなりのものだったと思います。現場の看護師を支えるという意味では、危機管理室に精神看護専門看護師をコンサルタントとして置き、各現場のメンタルサポートにあたらせたことは、特にファインプレーだったのではないでしょうか。

COVID-19だけを特別視しすぎず、日々の感染症対策を徹底しよう

——COVID-19の感染対策として、現場の看護師が特に気を付けるべきポイントは何でしょうか。

COVID-19だからといって何も目新しいことはなく、手袋+マスクという標準予防策、そしてアルコール消毒による手指衛生と環境衛生、これらを正しい方法で徹底すれば、そう恐れることはありません。クラスターが発生しているような現場を見ると、人手不足や個人個人で知識や手技がバラバラだったり、ウイルスが持ち込まれたら広がりそうな条件があるところが多くありました。

ためしに、日本でのCOVID-19の初感染例のことを思い出してみてください。患者さんは武漢渡航歴があり、発熱。「インフルエンザかな?」と思ってクリニックを受診したのですが、インフルエンザは陰性で自宅に帰されました。でも、症状が改善しないので今度は病院を受診し、今度は肺炎像が確認されたために入院。その後COVID-19の確定診断が下されました。

この患者さんを受け入れたクリニックや病院の人たちは、確定診断まではCOVID-19だと思って特別な警戒をしていたわけではありませんよね? でも、ここからCOVID-19の感染が広がるようなことはありませんでした。なぜかというと、インフルエンザのシーズンで、感染予防の意識が高まっていたからです。きっと「熱がある方は先に申し出てください」とか、「お見舞いはご遠慮ください」とか、そういう対策もしていたでしょう。呼吸器系の感染症かもしれない、と思ったらやる対策を続けていれば、結果的に同じように広がる他の感染症の対策にもなる、ということがわかります。

——最後に、全国の看護職に向けてメッセージをお願いします。

看護職の特徴は、医療現場に限らずさまざまな場所で働いている点だと思います。地域の保健所にも、介護施設にも、会社にも、学校にも、社会のあちこちに看護職がいます。だからこそ、COVID-19のような社会的な問題に立ち向かうときは、「自分の職場」という垣根を越えて看護職同士がつながり、ネットワークを作ることが大切ではないでしょうか。そして、私はそこにこそ希望を見出しています。

取材・文/ナレッジリング(中澤仁美)

堀 成美

プロフィール

堀 成美

感染症対策コンサルタント/看護師

公益社団法人 東京都看護協会 危機管理室 アドバイザー/東京都港区 感染症専門アドバイザー/国立研究開発法人 国立国際医療研究センター/国際診療部 客員研究員国立感染症研究所 感染症疫学センター 協力研究員

1968年、神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高校卒業後、神奈川大学法学部法律学科に進学(給費生)。 在学中の研究テーマは医療過誤・国家賠償。

東京女子医大看護短期大学(現・看護学部)卒業後看護師として勤務。 民間病院勤務、がん・感染症センター東京都立駒込病院感染症科でエイズをはじめとする性感染症のケアに関わると同時に、地域における感染症予防を含めた「性の健康」教育を開始。

医療モデルではなく、育ち・支援のモデルから健康教育を行うため、東京学芸大学大学院 修士・博士課程で教育領域のアプローチを探求。

この著者の記事一覧

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.142 【映画】ファーザー|主演男優賞ホプキンスが認知症の父親を熱演
  2. vol.141 5月9日オンライン開催!「看護の日」トークイベント
  3. vol.140 【注目!2021春ドラマ♪】「泣くな研修医」白濱亜嵐インタビュー!
  4. vol.137 新型コロナウイルスに直面する看護職の厳しい実態
  5. vol.138 「看護の日・看護週間」制定30周年・ナイチンゲール生誕200年記念式典レポート
  6. vol.139 感染症コンサルタントから現場ナースへのエール
  7. vol.136 「Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン」がZoomウェビナー形式で開催
  8. vol.135 訪問看護の経験を生かし、AIで介護福祉分野の課題解決に挑む!
  9. vol.134 介護現場の業務効率改善をCareViewer×Chatworkが実現!
  10. vol.133 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  11. vol.132 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  12. vol.131 速報!2021年度【第110回】看護師国家試験、難しかった? SNSの反応は?
  13. vol.129 日本看護管理学会が異例のメッセージを発表「日本看護管理学会より国民の皆さまへ ナースはコロナウイルス最後の砦です」
  14. vol.130 【注目・新ドラマ2021】「にじいろカルテ」高畑充希×井浦新×北村匠海インタビュー!
  15. vol.128 【読者プレゼント】木下晋也の月めくりカレンダー2021
  16. vol.127 看護師がいま知っておきたい、持続可能な新型コロナウイルス感染症対策
  17. vol.126 東京・港区で赤坂芸者衆を招いた感染症対策セミナーが開催
  18. vol.124 「Nursing Nowキャンペーン公式ソング発表&看護の日制定30周年特別ドラマ完成披露」記者発表会レポート
  19. vol.126 【zoom】10月22日(木)21:00~22:15開催!オンラインダイアログ「COVID-19から考えるこれからの看護」
  20. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  21. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  22. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  23. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  24. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  25. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  26. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  27. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  28. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  29. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  30. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  31. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試の合格状況|速報
  32. vol.111 【2020年合格速報】第109回 看護師国家試験の合格状況
  33. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  34. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  35. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  36. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  37. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  38. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  39. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  40. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  41. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  42. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  43. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  44. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  45. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  46. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  47. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  48. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  49. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  50. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  51. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  52. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  53. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  54. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  55. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  56. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  57. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  58. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  59. vol.84 5月12日「看護の日」
  60. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  61. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  62. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  63. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  64. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  65. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  66. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  67. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  68. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  69. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  70. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  71. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  72. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  73. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  74. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  75. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  76. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  77. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  78. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  79. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  80. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  81. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  82. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  83. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  84. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  85. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  86. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  87. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  88. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  89. vol.54 コミュニティナース/護身術
  90. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  91. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  92. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  93. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  94. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  95. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  96. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  97. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  98. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  99. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  100. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  101. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  102. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  103. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  104. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  105. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  106. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  107. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  108. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  109. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  110. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  111. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  112. vol.31 看護師の届出制度について/他
  113. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  114. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  115. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  116. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  117. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  118. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  119. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  120. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  121. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  122. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  123. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  124. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  125. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  126. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  127. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  128. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  129. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  130. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  131. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  132. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  133. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  134. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  135. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  136. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  137. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  138. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  139. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  140. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  141. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  142. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他