業界ニュース情報便

vol.126

東京・港区で赤坂芸者衆を招いた感染症対策セミナーが開催

新聞やテレビのニュース等でも報じられておりましたが、1028日(水曜)に東京・港区で一風変わった感染症対策セミナーが行われました。

古くから市井の人々が使用していた「扇子」が、単に涼をとるための道具ではなく、会話中に口元をおさえることで、相手との空気感染を遮断する効果を挙げていることなどを検証。そして「扇子使いのプロフェッショナル」ともいえる地元・赤坂芸者衆が登壇し、華麗な踊りを披露したり、その伝統の扇子の使い方をレクチャーするなど盛りだくさんの内容でした。

医療や看護面だけでなく、日本の伝統文化を見直す意味でも有意義なセミナーとなりました。

セミナーを企画した看護師・堀成美さん

「ウイルス」の概念すらなかった江戸時代の感染症対策とは?

セミナーはヘルスケア分野にとどまらず経済交流、人的交流、文化芸術交流を通じた広い分野で取り組める予防の普及啓発にも取り組む一般財団法人・松本財団と港区のコラボレーションによって実現。

会場はJR田町駅そばの港区立伝統文化交流館(旧協働会館)。この趣ある和風で古風な建物にて一風変わった感染症対策セミナーが実施されました。

JR田町駅そばに建つ港区伝統文化交流館

一般財団法人・松本財団の松本謙一代表理事が挨拶

セミナーの第1部「感染症対策ヒストリア~江戸時代の感染症」では、現役看護師でありつつ、港区の感染症専門アドバイザーとして公共施設や学校、企業などで感染症対策を指導、支援している堀成美さんが、資料を配布しつつ、現在とは違い、「ウイルス」なる概念すらも存在していなかった江戸時代の感染症トリビアについて講演を行いました。

堀成美さんが「江戸時代の感染症トリビア」について講演

江戸時代がそれまでの時代と大きく異なるのは、徳川幕府の参勤交代制度により、交通網が発達。江戸の街に人口が集中し、全国各地で、かつてない人の行き来が始まることになります。そうなると日本の中心・江戸の街に全国各地の風土病をも含めて、当然、細菌やウイルスが蔓延することになります。

まだ上下水道は整っていなかった江戸の街では天然痘(疱瘡)、麻疹(はしか)、水疱瘡(水痘)などが流行。1862年には麻疹と同時に現在でいうコレラが大流行したという記録も残されています。

飛沫対策や、接触による感染などに関する知識が乏しい時代。家の玄関に柊(ひいらぎ)の葉っぱを吊るしたり、子ども麻疹(はしか)にかかった場合には、炊いたご飯を入れておくお櫃を頭に被せると症状が軽くなる、赤いモノを身につけることで病気を追い払うことができるなどなど、今では笑い話となってしまうような、限りなく「おまじない」に近い感染症対策も多かったようです。

堀さんが当時の錦絵などに描かれた市井の人々の姿をウオッチングした結果、当時の人々がかなりの頻度で「扇子」を使用していたことを発見。扇子は現在、100円ショップなどでも簡単に入手できますが、夏場を過ぎると売り場から姿を消してしまうことも多いようで、やはりその使用法は「涼むための道具」と認識されているようです。

ところが錦絵などをよく見ると、春夏秋冬関係なく、人々が密集した場所において、口元を扇子で隠す人々の姿が散見されます。

つまり扇子は当時、必ずしも涼をとるためだけでなく、羞恥心的な意味合いで口元を隠し、会話の最中、相手や自分の吐息や唾液などが飛散しないようにする「マナーの小道具」として利用されていたことが分かります。マスクがなかった時代ならではの「生活の知恵」とも言えるでしょう。

もちろん、扇子が即、マスクの代用品として利用できますという短絡的な話ではなく、マスクを着用できない飲食時などに、手元に扇子を置いておくだけで、飛沫対策としていろいろと利便性が高いということです。

堀さんは「アクリルパネル(の設置)は防御として最高なんですが、現実問題として喋りづらいし、食べづらい。人と人との間に壁があるというのは難しい。実際に食べたり飲んだりしている時には、私たちは喋っていないんですよ。食べ物や飲み物をゴクンと飲み込んだ後にこそ『ああ美味しいね、これ』とか言いつつ喋っている。そういう場面でハンカチで押さえたりする人も多いんですが、アイデアの一つとして扇子を利用する方法もありますよ、という話ですね」と説明しました。

会場では資料とともに、折り紙の要領で、1枚の抗菌加工された厚めの紙を山折り谷折りを繰り返し、ジャバラ折りにすることで扇子状へと仕上げる「飛ばしま扇子」が配布。参加者一同、興味津々にマイ扇子を組み立てていました。

赤坂芸者衆が華麗な踊りを披露!

赤坂芸者衆の登場で会場は華やかなムードに

セミナーの第2部では「文化を楽しむ」として、港区きっての花街・赤坂で活躍する赤坂芸者衆による踊りが披露されました。

赤坂の名芸妓として知られ、2015年に文化庁長官表彰、2016年には芸者として初めて旭日双光章を受賞している赤坂育子さんをはじめ、真希さん、真由さん、こいくさん、小巻さん、ゆり佳さん、そしてお囃子の千こさんが登壇。長唄「君が代松竹梅」、小唄「山中しぐれ」、長唄「藤娘」、清元「申酉」、端唄「さわぎ」が続けて披露されました。

長唄「藤娘」が披露

なかなか間近で見る機会のない本格的な踊りに、セミナー参加者一同は感嘆するばかり。堀さんのセミナーで話題となったばかりの扇子は、芸者衆にとっても大事な道具。「扇子使いのプロフェッショナル」として美しい所作とともに、扇子の使い方を披露してくれたのでした。

芸者衆はまさに「扇子使いのプロフェッショナル」

歓談中、口元を隠す所作も無駄がなく美しい

3部では「扇子で予防」と題して、堀さんやセミナー参加者、そして赤坂芸者衆も交えての茶話会です。その場にて赤坂育子さんは「感染防止のコツというほどのモノではないのですが、普段から気をつけているのは、開いた扇子で口元を隠す場合、扇子を上向きに上げるのではなく、下に(吐息を)下げることですね。

自分の目にも(飛沫が)入ってしまいますから。お客様と2メートルの間隔を保ちつつ、ソーシャルディスタンスでお座敷に出るというのは難しいです。

ただ扇子で口元を隠したりとかだけでなく、扇子の上に乗せていただいて名刺をいただいたりとか、いろんな使い方ができました(笑)。古くからございます扇子は、皆さんもこれからご利用されると良いと思います」と語りました。

茶話会にて「扇子使い」を説明する赤坂育子さん

茶話会後の質問コーナーにて、感染症の専門家である堀さんが今、最も危惧していることとして、新型コロナ禍にあって病院に行くことを避けるようになったがために、子どもたちのワクチン接種率が低下していることを挙げました。

現時点で海外との行き来はかなり制限された状況ですが、来春に向けて制限が解除され出すと、一気に海外からの渡航客が増えることになります。子どもたちがワクチン接種をしていなかった場合、そこで風疹や麻疹(はしか)などに接してしまい、大変な危険にさらされることになります。

「今の時代だって、麻疹で1,000人から1,500人に1人の割合で死んじゃうんです。先進国でも麻疹が流行ると子どもが亡くなります。やっぱりワクチンはみんなで打ちたいんです。数字は申し上げませんが、子どもたちのワクチン接種率が下がっています。これは大変な問題です」(堀さん)

赤坂芸者衆と堀さん

日本人のほとんどが幼少時に接種するため、つい忘れがちですが、日本人の安全は幼少時におけるワクチン接種で守られている部分が大きいのも事実。

新型コロナウイルスの蔓延で、流れが断たれてしまったのは経済活動だけでなく、こうした日常の当たり前の習慣でもあります。堀さんがワクチン接種を呼び掛けつつ、約90分のセミナーは終了しました。

堀成美さんが監修&出演する「みなと保健所」の新型コロナウイルス感染症対策動画はコチラ

取材・文:高木圭介
写真:角田大樹

堀 成美

プロフィール

堀 成美

感染症対策コンサルタント/看護師

公益社団法人 東京都看護協会 危機管理室 アドバイザー/東京都港区 感染症専門アドバイザー/国立研究開発法人 国立国際医療研究センター/国際診療部 客員研究員国立感染症研究所 感染症疫学センター 協力研究員

1968年、神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高校卒業後、神奈川大学法学部法律学科に進学(給費生)。 在学中の研究テーマは医療過誤・国家賠償。

東京女子医大看護短期大学(現・看護学部)卒業後看護師として勤務。 民間病院勤務、がん・感染症センター東京都立駒込病院感染症科でエイズをはじめとする性感染症のケアに関わると同時に、地域における感染症予防を含めた「性の健康」教育を開始。

医療モデルではなく、育ち・支援のモデルから健康教育を行うため、東京学芸大学大学院 修士・博士課程で教育領域のアプローチを探求。

この著者の記事一覧

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.148 【海外留学したい看護師さん必見!】1人年間1200万円、海外奨学金制度オンライン説明会を開催(笹川保健財団)
  2. vol.147 【読者プレゼント】 数量限定・木下晋也先生の特製パズル発売記念
  3. vol.146 新型コロナウイルスワクチン接種業務の看護師さん募集|マイナビ看護師
  4. vol.145 【波瑠さん出演・新月9ドラマ】夜間救急専門医の奮闘を描く!『ナイト・ドクター』
  5. vol.144 【イベントレポート】転職・異動前の心構え/新しい職場へ行く前のチェックポイント
  6. vol.143 「2021年看護の日トークイベント」レポート!認定看護師の活躍にフォーカス
  7. vol.142 【映画】ファーザー|主演男優賞ホプキンスが認知症の父親を熱演
  8. vol.141 5月9日オンライン開催!「看護の日」トークイベント
  9. vol.140 【注目!2021春ドラマ♪】「泣くな研修医」白濱亜嵐インタビュー!
  10. vol.137 新型コロナウイルスに直面する看護職の厳しい実態
  11. vol.138 「看護の日・看護週間」制定30周年・ナイチンゲール生誕200年記念式典レポート
  12. vol.139 感染症コンサルタントから現場ナースへのエール
  13. vol.136 「Nursing Nowフォーラム・イン・ジャパン」がZoomウェビナー形式で開催
  14. vol.135 訪問看護の経験を生かし、AIで介護福祉分野の課題解決に挑む!
  15. vol.134 介護現場の業務効率改善をCareViewer×Chatworkが実現!
  16. vol.133 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  17. vol.132 「第3回医療と介護の総合展(東京)」セミナーレポート
  18. vol.131 速報!2021年度【第110回】看護師国家試験、難しかった? SNSの反応は?
  19. vol.129 日本看護管理学会が異例のメッセージを発表「日本看護管理学会より国民の皆さまへ ナースはコロナウイルス最後の砦です」
  20. vol.130 【注目・新ドラマ2021】「にじいろカルテ」高畑充希×井浦新×北村匠海インタビュー!
  21. vol.128 【読者プレゼント】木下晋也の月めくりカレンダー2021
  22. vol.127 看護師がいま知っておきたい、持続可能な新型コロナウイルス感染症対策
  23. vol.126 東京・港区で赤坂芸者衆を招いた感染症対策セミナーが開催
  24. vol.124 「Nursing Nowキャンペーン公式ソング発表&看護の日制定30周年特別ドラマ完成披露」記者発表会レポート
  25. vol.126 【zoom】10月22日(木)21:00~22:15開催!オンラインダイアログ「COVID-19から考えるこれからの看護」
  26. vol.122 映画『春を告げる町』震災から6年、福島県双葉郡広野町から問いかける
  27. vol.123 映画『島にて』離島の生活に未来のヒントがありました
  28. vol.121 5月12日は「看護の日」今だからこそ「看護の心」「ケアの心」を
  29. vol.119 新型コロナウイルス感染症拡大による医療現場の今
  30. vol.120 【看護週間】「忘れられない看護エピソード」審査結果発表
  31. vol.117 医療現場の多様な性を考える―患者がLGBTだったらどう対応する?
  32. vol.115 【読者プレゼント10名】ナースキティぬいぐるみ2020|「看護の⽇」制定30周年×Nursing Nowキャンペーン記念
  33. vol.118 「Thank you」すべての医療従事者の方々へ|クラシコ
  34. vol.116 どんな動きも自由自在のユニフォーム! ストレスフリーをかなえてくれる“Smoove(スムーヴ)”
  35. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  36. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  37. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試験の合格状況|速報
  38. vol.111 【2020年合格速報】第109回 看護師国家試験の合格状況
  39. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  40. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  41. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  42. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  43. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  44. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  45. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  46. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  47. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  48. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  49. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  50. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  51. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  52. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  53. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  54. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  55. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  56. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  57. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  58. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  59. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  60. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  61. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  62. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  63. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  64. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  65. vol.84 5月12日「看護の日」
  66. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  67. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  68. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  69. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  70. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  71. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  72. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  73. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  74. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  75. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  76. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  77. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  78. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  79. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  80. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  81. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  82. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  83. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  84. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  85. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  86. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  87. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  88. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  89. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  90. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  91. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  92. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  93. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  94. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  95. vol.54 コミュニティナース/護身術
  96. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  97. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  98. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  99. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  100. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  101. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  102. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  103. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  104. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  105. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  106. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  107. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  108. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  109. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  110. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  111. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  112. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  113. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  114. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  115. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  116. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  117. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  118. vol.31 看護師の届出制度について/他
  119. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  120. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  121. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  122. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  123. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  124. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  125. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  126. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  127. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  128. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  129. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  130. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  131. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  132. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  133. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  134. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  135. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  136. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  137. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  138. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  139. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  140. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  141. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  142. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  143. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  144. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  145. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  146. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  147. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他
  148. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他