スキルUP↑ 看護師コミュニケーション術・マナー講座

マナー講座

疼痛管理のマナー

疼痛の苦しみはあくまでも主観的なものであり、看護者側はその程度や疼痛の感じ方を患者さんと同じように捉えることは難しいもの。患者さんと信頼関係を築くためにも、主観的な訴えから必要な看護援助を判断することが大切です。

まずは疼痛を正確に捉えるためのアセスメントや学びを深める必要があります。今回は、疼痛管理のマナーについてご紹介します。

看護計画を取り入れながら疼痛管理をする

疼痛にはさまざまな分類がありますが、痛みの種類は大きく「侵害受容性疼痛」「神経因性疼痛」「精神心因性疼痛」の3つに分かれています。まずは疼痛がどの痛みであるのかを判断しましょう。

<侵害受容性疼痛>
口の中を誤って噛んだり、調理中に包丁で指を切ったりする「表在性疼痛」、足をくじいて捻挫したり、運動後に起こる筋肉痛などの「深在性疼痛」など、身体の組織が損傷することによって生じる痛み

 

<神経因性疼痛>
帯状疱疹後の神経痛や、下肢切断後に起こる幻肢痛など、神経経路の損傷や機能障害に起因する痛み

 

<精神心因性疼痛> 精神的なショックによる痛みやうつ状態など、神経経路には問題なく生じる痛み

まずは疼痛の原因をアセスメントし、それに伴う全身症状を把握します。患者さん自身も痛みの原因を知ることで、その後の予測ができ安心感にもつながります。

また判断基準として用いられている評価法には、患者さん自身が痛みのレベルを評価するNRS(Numerical Rating Scale)、10cmの直線上のどの位置に痛みがあるのかを示すVAS(Visual Analog Scale)、痛みの強さを言語として表すVRS(Verbal rating scale)などがあります。

<参考:痛みの評価法>
日本ペインクリニック学会「痛みの基礎知識」

治療方法としては薬物療法や神経ブロックによる鎮痛が行われますが、疼痛には個人差があり、体位や精神状態などにより日ごとに違いがあります。ただ単に痛みを抑えたり取り除いたりするだけでなく、アセスメントや統合的な評価を継続的に行う必要があります。

疼痛の観察・アセスメント・看護のポイント

疼痛の観察ポイントとしては、下記の評価を行う必要があります。

・痛みの部位:限局的、複数的

・痛みのはじまり:いつ痛みがあるのか、回数、間歇的・持続的、強さの変化など

・痛みの強さ:スケールを用いて評価する

・痛みの性質:体性痛、内臓痛、神経障害性疼痛であるか

・痛みの影響因子や生活への影響など

鎮痛薬を使用した場合には、開始時間、用量と副作用、薬剤の効果、持続時間などの評価が求められます。

急性疼痛の場合には、薬物療法と並行して痛みの緩和を図ることが優先されます。心因性疼痛の場合、薬物療法の効果がないことが多いため、時間をかけて患者さんの訴えを聞くなど心理学的療法も取り入れる必要があります。

また、術後疼痛管理では、なぜ痛みが出ているのかのアセスメントが大切です。例えば腹痛の場合、術後縫合不全や出血、感染、イレウスなどの合併症が考えられます。患者さんの痛みの訴えには十分注意が必要です。発見の遅れが命に関わることもあるため、早期発見・早期治療につなげましょう。

<術後の疼痛管理についてもっと詳しく>
術後回復が大切な理由
術後回復を促進するには?
疼痛コントロールのコツ
患者さんの回復意欲を高めるには?

\看護師のキャリアに悩んだら…専任アドバイザーに相談してみませんか?/

 

中澤 真弥

プロフィール

中澤 真弥

看護師ライター

現役の看護師として働きながらフリーライターとして活動。ほかにも大学非常勤教員、パラアスリート専属ライター、カメラマンなど幅広く活動を広げる。また、3人の子育て中に復職、転職を経験したことから、女性のワークライフバランスや看護師の新たな働き方について講演、スピーチなどを行う。著書4冊。

この著者の記事一覧

マナー講座 ほかの記事も読む

  1. vol.76 仕事で好感を持たれる言葉遣いのマナー
  2. vol.75 退職を円満にする「5つのステップ」
  3. vol.74 高齢の患者さんに口腔ケアを行う際のマナー
  4. vol.73 看護師必見!点滴管理の重要な2つのマナー
  5. vol.72 看護現場での「申し送り」ポイント
  6. vol.71 疼痛管理のマナー
  7. vol.70 WEB面接で気を付けたいポイント(第3回)~聴覚情報編~
  8. vol.69 WEB面接で気を付けたいポイント(第2回)~視覚情報編~
  9. vol.68 WEB面接で気を付けたいポイント(第1回)~事前準備編~
  10. vol.67 後輩指導のマナー
  11. vol.66 WEB面接のマナー
  12. vol.65 清拭のマナー
  13. vol.64 感染症予防の基本
  14. vol.63 食事介助のマナー
  15. vol.62 ナースコール対応のマナー
  16. vol.61 配膳のマナー
  17. vol.60 冷罨法・温罨法のマナー
  18. vol.59 軟膏塗布のマナー
  19. vol.58 パウチ交換(ストーマケア)のマナー
  20. vol.57 導尿のマナー
  21. vol.56 車いす移乗(全介助)のマナー
  22. vol.55 新人看護師・夜勤のマナー
  23. vol.54 不安や不満をクレームにしない接遇マナー
  24. vol.53 業務終了時のマナー
  25. vol.52 体調不良などで急なお休みをもらうときのマナー
  26. vol.51 休憩時間中のマナー
  27. vol.50 患者さんへの接遇マナー
  28. vol.49 坐薬挿入のマナー
  29. vol.48 体位変換のマナー
  30. vol.47 新人看護師のための年末年始・病院でのマナー
  31. vol.46 ドクターコールのマナー
  32. vol.45 血圧測定のマナー
  33. vol.44 ワゴン使用時のマナー
  34. vol.43 点滴管理のマナー
  35. vol.42 看護記録のマナー
  36. vol.41 提出物を出すときのマナー
  37. vol.40 夜勤のマナー
  38. vol.39 仕事を頼まれた際のマナー【先輩→後輩】
  39. vol.38 浣腸のマナー
  40. vol.37 足浴 (看護)の効果とは?温度や注意点も紹介
  41. vol.36 仕事を頼むときのマナー
  42. vol.35 気道吸引時のマナー
  43. vol.34 高齢者の食事介助のマナー
  44. vol.33 インスリン注射時のマナー
  45. vol.32 看護師のオムツ交換時の手順と注意点 (成人患者向け)
  46. vol.31 シリンジポンプ使用時のマナー
  47. vol.30 スムーズに退職するコツとマナー
  48. vol.29 意識障害がある患者さんの口腔ケア時のマナー
  49. vol.28 与薬時のマナー
  50. vol.27 シーツ交換時のマナー
  51. vol.26 転倒リスクがある患者さんに接するときのマナー
  52. vol.25 体温測定のマナー
  53. vol.24 上司・先輩と飲み会に行く時のマナー
  54. vol.22 患者さんの寝衣交換時のマナー
  55. vol.21 ナースステーションでのマナー
  56. vol.19 申し送りのポイント
  57. vol.20 「におい」に関するマナー
  58. vol.18 守秘義務のマナー
  59. vol.17 退職日のあいさつのマナー
  60. vol.16 初対面の方への「あいさつ」のマナー
  61. vol.15 SNSのマナー
  62. vol.13 上司に頼みごとを伝える際のポイント
  63. vol.14 看護師の身だしなみ
  64. vol.12 後片付けのルール
  65. vol.11 宴会の幹事を行う際の注意点
  66. vol.10 「二重敬語」を使っていませんか?
  67. vol.09 席を外すときのマナー
  68. vol.08 上司に使ってはいけないNGワード
  69. vol.07 正しいおじぎのマナー
  70. vol.05 上司とエレベーターに乗るときのマナー
  71. vol.06 正しいお酌の仕方
  72. vol.04 公私混同を避けるということ
  73. vol.03 約束の時間に遅れそうなときのマナー
  74. vol.02 クレームを言われたときの応対法
  75. vol.01 電話応対で大切な3つのマナー

コミュニケーション術 ほかの記事も読む

  1. vol.79 職場における結婚報告のマナー
  2. vol.78 強い不安を感じている患者さんへの接し方
  3. vol.77 後輩と性格や考え方が合わないとき
  4. vol.76 年下の先輩看護師と接するときに気を付けることは?
  5. vol.75 要領の悪い後輩にどう接するべき?
  6. vol.74 マスク着用下で高齢の患者さんと接するコツ
  7. vol.73 怒りっぽい患者さんへの対応の仕方
  8. vol.72 訪問看護での、患者さんとのコミュニケーション術
  9. vol.71 後輩とうまく付き合うコツ
  10. vol.70 先輩に報告・連絡・相談をするとき
  11. vol.69 忙しそうな先輩に相談をしたいとき
  12. vol.68 プリセプターとして後輩と接するときに気をつけること
  13. vol.67 先輩から注意を受けたときの対処方法
  14. vol.66 言い訳が多い後輩とのコミュニケーション方法
  15. vol.65 先輩に不快感を与えてしまう態度とは
  16. vol.64 忘れっぽい患者さんとの接し方
  17. vol.63 服薬拒否がある患者さんとの接し方
  18. vol.62 退院する患者さんへの接し方
  19. vol.61 患者さんを平等に扱うためのポイント
  20. vol.60 泣いてしまった子どもの患者さんへの接し方
  21. vol.59 患者さんの訴えを的確に把握するためのコミュニケーション方法
  22. vol.58 患者さんとのコミュニケーションを円滑にする声のトーン&表情
  23. vol.57 人間関係が悪い職場でのコミュニケーション術
  24. vol.56 処置の説明に納得してくれない患者さんへの対応
  25. vol.55 患者さんからのお問い合わせ電話対応ポイント
  26. vol.54 面会時に騒がしい患者さんの対処法
  27. vol.53 働きやすい職場にする、シフト表の作り方
  28. vol.52 上司から信頼されるコミュニケーションのコツ
  29. vol.51 話が長い患者さんの対応の仕方
  30. vol.50 緊張している患者さんへの対応方法
  31. vol.49 幼児に対するコミュニケーションのポイント
  32. vol.48 外国の患者さんとのコミュニケーション方法
  33. vol.47 何も訴えてこない患者さんの思いを引き出す方法
  34. vol.46 嫌みや悪口を言う上司への対応方法
  35. vol.45 アドバイスをする際に気をつけたいコミュニケーションのポイントとは?
  36. vol.44 退職時のあいさつで気持ちを上手に伝える方法
  37. vol.43 マスクをして会話をするときの注意点
  38. vol.42 理解度が不明な後輩への接し方
  39. vol.41 患者さんの話を聞くときの位置について
  40. vol.40 患者さんを待たせてしまうときのコミュニケーション方法
  41. vol.39 先輩たちから愛される後輩になるには?
  42. vol.38 先輩からのアドバイスを上手に受け止める方法
  43. vol.37 高齢者の接し方~会話編~
  44. vol.36 上司への上手な意志の伝え方<個人面談編>
  45. vol.35 威圧的な上司とのコミュニケーションはどうする?
  46. vol.34 先輩に仕事の相談をするときに気をつけたいこと
  47. vol.33 注射・採血時に患者さんの不安を和らげるコミュニケーション方法
  48. vol.32 効果的な術前オリエンテーションの方法
  49. vol.31 プリセプターと上手に付き合うコツ
  50. vol.30 気力を失い、言葉数が少ない患者さんとの接し方
  51. vol.29 患者さんに言ってはいけないNGワードとは?
  52. vol.28 増加するモンスターペイシェントへの上手な対応
  53. vol.27 患者さんが安心して話せるアナムネーゼのポイントとは
  54. vol.26 苦手な先輩の克服法
  55. vol.25 伝わらない医療用語に気をつけましょう
  56. vol.24 難聴の患者さんとのコミュニケーション術
  57. vol.23 患者さんの家族との良好な関係づくりの方法
  58. vol.22 患者さん同士のトラブル仲介法
  59. vol.21 患者さんの話の聞き方~基本編~
  60. vol.20 興奮している認知症患者さんへの対応
  61. vol.19 人間関係が気まずくならない注意・指摘の方法
  62. vol.18 新人にストレスを与えていない? コミュニケーションチェック
  63. vol.17 生活指導を受け入れてくれない患者さんへの対応
  64. vol.16 新人看護師の上手な褒め方
  65. vol.15 連絡ミスを防ぐためのポイント
  66. vol.14 相手に誠意を伝える謝罪方法
  67. vol.13 患者さんと会話が続かないときはどうする?
  68. vol.12 上司の愚痴にどう向き合う?
  69. vol.11 相手が納得しやすい「伝え方」2つのポイント
  70. vol.10 第一印象を左右する!? アイコンタクトの取り方
  71. vol.09 上司・先輩からの「お願いごと」上手な断り方
  72. vol.08 新人指導で相手のモチベーションを上げるには
  73. vol.07 新人指導で言ってはいけないNGワードとは?
  74. vol.06 上司のやり方が納得できない!そんなときどうする?
  75. vol.05 患者さんの状況を的確に把握するためのポイント
  76. vol.04 どうしても苦手な患者さんの対応はどうする?
  77. vol.03 心配や不安をかかえる患者さんへの対応 2つのポイント
  78. vol.02 それって看護師の仕事?? 患者さんに業務外のことを要求されたときの対応法
  79. vol.01 多忙な上司・先輩への業務報告 「伝え方」2つのポイント