私が出会ったびっくりな患者さん

尿道カテーテルQ&A「おさらいしたい!尿道カテーテル挿入時・留置中の “感染対策上”の注意点は?」

第27回

『エキスパートナース』20183月号<尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A>より抜粋。「Q4おさらいしたい!尿道カテーテル挿入時・留置中の感染対策上の注意点は?」を紹介いたします。

南里純代
大阪市民病院機構 大阪市立十三市民病院 看護部主査(感染管理認定看護師)

尿路感染症は医療関連感染全体の30~40%を占め、そのうち約80%が尿道カテーテルなどの器具が原因となっています(p.58参照)。そのため、尿路感染症を起こさないためには、尿道カテーテルの適正使用と管理が最も重要になります。カテーテル関連尿路感染症(catheter-associated urinary tract infectionCAUTI)予防のためのポイント6を、以下に示します。

1.不要な尿道カテーテルの使用は避ける

尿道カテーテルの臨床上の主な適応は、以下の場合です。

①下部尿路閉塞を解消する場合
②泌尿器系あるいはそれに隣接する臓器の手術を行う場合
③長時間の手術、尿量モニタリングが必要な手術を行う場合
④重症患者において正確な尿量を測定する場合
⑤長時間、ベッド上安静が必要な場合 など

尿道カテーテルは必要時にのみ挿入し、継続の必要性を日々アセスメントする必要があります。医療者の利便性のため、失禁患者の看護の代替としての使用は避けなければなりません。

2.カテーテルの閉鎖は破らない

ランニングチューブと尿道カテーテルの接続部は、不必要な開放をできるだけ避ける必要があります。

尿検体採取時は採尿ポート(サンプルポート、図1)から採取を行います。入浴時においてもランニングチューブとカテ ーテルは接続したまま入浴します。

カテーテルの閉塞時など、カテーテルの交換が必要な際には蓄尿バッグを含めた一式(図2)の交換が必要です。蓄尿バッグを外した際に、尿道カテーテル内に微生物が侵入する可能性があるからです。開放式カテーテルと閉鎖式カテーテルを比較すると、留置後の細菌尿の検出期間に違いがあると言われています(表1/文献1)。感染予防の観点からは、閉鎖式カテーテルが推奨されます。

1 採尿ポート(サンプルポート)からの採取

適切な検体採取のため、無菌的に尿を採取する必要がある

2 閉鎖式カテーテルのセット

1 開放式カテーテルと閉鎖式カテーテル留置後の細菌尿の検出期間の違い

3.尿道カテーテルの挿入は清潔操作で行う

挿入前に手指衛生を行い、滅菌手袋を着用します。挿入は、滅菌器具を用いて無菌手技により行います。

手指衛生は手袋を脱いだあとも必要です。尿道カテーテル挿入の実施者は、正しい挿入技術と、尿道カテーテル挿入時の合併症に関する知識の習得が必要です。

4.交差感染を予防する

まず、手袋、エプロン、ゴーグルを着用します。

尿回収時、排液口が容器に触れないように注意します(図3)。回収容器は異なる患者間で、同じ容器を使い回さないことが必要です。

排液後、排液口は清潔なガーゼやアルコール綿で拭くなどして、尿の溜まりを除きます(図4)。

3 尿の回収

4 排液口を拭く

5.尿の逆流防止

蓄尿バッグが膀胱よりも低い位置になるように固定します(図5)。

なお、車椅子への移動時には、あらかじめ蓄尿バッグを空にしてから移動します。その後、蓄尿バッグを引きずらないように、膀胱よりも低い位置に固定します。

5 蓄尿バッグの固定位置

6.適切な尿道カテーテルの選択

尿道カテーテルの種類には「材質」「形状」「サイズ」があります。それぞれの特徴を理解し、選択する必要があります(表2/文献2)。

尿道カテーテルのサイズは尿道の外傷を極力少なくするため、尿量が確保できる可能な限り細いサイズ(一般的には1416Fr程度)を選択します。

2 カテーテルの材質と特徴


[引用文献]
1.馬場真子,祖父江正代:膀胱留置カテーテル.後藤百万 編,排尿管理の技術Q&A 127,メディカ出版,大阪,2010:82
2.膀胱留置カテーテル挿入.ナーシング・スキル日本版,エルゼビア・ジャパン.最終更新日2017.12.25.
[参考文献]
1.満田年宏 訳・著:カテーテル関連尿路感染予防のためのCDCガイドライン2009.ヴァンメディカル,東京,2010.
2.病態別ガイドライン Ⅰ 尿路感染症防止,尿道カテーテル管理.国公立大学附属病院感染対策協議会 編,病院感染対策ガイドライン 改訂第2版.じほう,東京,2015:101-108.

[PROFILE]

南里純代(なんり・すみよ)

大阪市民病院機構
大阪市立十三市民病院 看護部主査
(感染管理認定看護師)

 

2010年感染管理認定看護師認定。2016年名古屋市立大学大学院博士前期課程修了。院内感染対策担当者を務める。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)照林社
[出典]エキスパートナース20183月号
P.56~「尿道カテーテル 挿入・継続・抜去の根拠Q&A


使える!看護テクニック ほかの記事も読む

  1. 第27回 尿道カテーテルQ&A「おさらいしたい!尿道カテーテル挿入時・留置中の “感染対策上”の注意点は?」
  2. 第26回 尿道カテーテルQ&A「尿道カテーテル留置時は尿の何をどう観察する?」
  3. 第25回 尿道カテーテルQ&A「尿道カテーテルが“困難”な場合、どうする?」
  4. 第24回 尿道カテーテルQ&A「尿道カテーテル挿入・留置時の尿道損傷、どう防ぐ?」
  5. 第23回 まず大前提として確認しよう! “なぜ尿道カテーテルを入れているの?”
  6. 第22回 尿道カテーテル[挿入][継続][抜糸]の根拠Q&A
  7. 第21回 患者の睡眠ケア Q7身体的予防策③【“治療薬を原因とする不眠”を防ぐためには、どう投与するとよい?】
  8. 第20回 患者の睡眠ケア Q6身体的予防策②【転倒を避けるために、睡眠薬はどのように使用するとよい?】
  9. 第19回 患者の睡眠ケア Q5 身体的予防策①【夜間頻尿に対応するためにできる工夫は?】
  10. 第18回 患者の睡眠ケア Q4環境整備 【入眠しやすい環境づくりとは?】
  11. 第17回 患者の睡眠ケア Q3 ケアの進め方 【昼寝て夜起きる患者】
  12. 第16回 患者の睡眠ケアQ2 睡眠障害のアセスメント 【患者が 「眠れない」と訴えるとき】
  13. 第15回 今はこうする! 患者の睡眠ケアQ&A【巻頭言+Q1なぜ睡眠障害は問題となる?】
  14. 第14回 【まとめ】これからのERAS®&ESSENSE!
  15. 第13回 項目10【全体】“いまの周術期患者教育”はこのように行う!
  16. 第12回 項目9【術後】「リハビリテーションは術当日から! 目標設定が大切」
  17. 第11回 項目8【術後】「不要なカテーテル類は早く抜く!」
  18. 第10回 項目7【術後】「血糖管理は180mg/dL以下かつ低血糖を回避」。血糖値変動の感覚を磨こう!
  19. 第9回 項目6【術後】早期経口摂取は大切! …でも本当に摂取できる?
  20. 第8回 項目5【術後】術後の痛みのコントロールはナースが担う役割!
  21. 第7回 項目4【術中、術後】輸液量は大丈夫? 過剰でもダメ、不足でもダメ!
  22. 第6回 項目3【術前から術直後】ほかにも知りたい! ナースにできること
  23. 第5回 項目2【術前】術前の輸液療法は不要。経口補水療法を使おう!
  24. 第4回 項目1【術前】下剤処置は“必要最低限”のみ施行する!
  25. 第3回 [総論]なぜ、いま術後回復の考え方が大切?(後編)
  26. 第2回 [総論]なぜ、いま術後回復の考え方が大切?
  27. 第1回 術後のつらさを改善する【10項目】ナースができる!「 ERAS ®」