業界ニュース情報便

vol.107

熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞

2020年1月15日、「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」の表彰式と事例報告会が東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催されました。本イベントは、看護業務の効率化に関する取り組みを全国から募集し、ひときわ優れた事例を表彰するもの。ここではイベント当日の様子と、最優秀賞を受賞した熊本地域医療センターのユニークな取り組みを詳しく紹介します。

看護業務の効率化は喫緊の課題となっている

「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」は、厚生労働省からの委託事業として、公益社団法人日本看護協会が実施する一大イベント。「看護業務の効率化に関する優れた取り組みを広く周知し、全国の医療機関における労働生産性を向上させること」を最大の目的とし、看護業務における「ムリ」や「ムダ」をなくすことで、働き方改革、医療サービスの改善、医療安全といった幅広い効果を生み出すことが期待されています。

当日のプログラムは、開会式、表彰式、事例報告会の3部構成となっており、第1部の開会式では、日本看護協会会長の福井トシ子さん、厚生労働副大臣の橋本岳さんに加えて、選考委員会の代表者からもあいさつがありました。

日本看護協会会長の福井トシ子さんは、「マンパワーの確保だけでなく、看護業務の効率化も欠かせません。そのためには、日々の『現場における知恵の集積』が大切になってくるはずです」と話した。

「医療需要がさらに高まっていくことを考えれば、チーム医療のキーパーソンとなる看護師の業務について、他の産業のように効率化を図ることは欠かせません」と話した、厚生労働副大臣の橋本岳さん。

第2部の表彰式では、選考委員長を務めた九州大学名誉教授の尾形裕也さんが壇上に立ち、「わずか1カ月という短い募集期間ながら、全国から57件の応募がありました。普及のしやすさなども考慮しながら、11人の委員で厳正に審査しましたが、いずれの取り組みも非常に高いレベルであったことが印象的です」と総評。その後、最優秀賞の一般社団法人熊本市医師会熊本地域医療センターをはじめ、各賞を受賞した計10施設が表彰され、会場は大きな拍手に包まれました。

晴れやかな表情で表彰状を手にする受賞者たち。最優秀賞(1件)、優秀賞(4件)、奨励賞(3件)、特別賞(2件)のうち、最優秀賞と優秀賞の5施設が第3部で事例報告を行った。

日勤バーガンディ、夜勤はピーコックグリーン

さて、ここからは最優秀賞を受賞した熊本地域医療センターの取り組みを詳しく紹介していきましょう。

熊本地域医療センターは、かつて残業に疲弊する看護師が多く、それが原因で離職に至る例も少なくなかったといいます。恒常的に中途採用を行い、その教育のために実力のある中堅看護師が忙殺され、また退職につながる……。そんな「離職の悪循環」も生まれていました。

同センターでは、そうした悪い流れを「断ち切りたい」という思いから、職場の皆が集まる忘年会で若手看護師によるユニフォームのファッションショーを開催。ユニフォーム更新のタイミングに合わせて、実際に職場で採用するものを投票で選ぶことにしました。当初は六つの候補から一つを選ぶ予定でしたが、攻守がきれいに入れ替わるアメリカンフットボールから着想を得た院長が、日勤用と夜勤用のユニフォームを別々に選ぶことを提案。投票の結果、一番人気だったバーガンディが日勤用、次点となったピーコックグリーンが夜勤用に採用されました。

当初は、「コストがかかるのでは?」と懸念する事務職員もいたそうですが、リース契約にすれば、コストが抑えられるうえに在庫管理業務も削減できるとわかり、なんとか同意を得ることができたといいます。

ユニフォーム2色制を導入して以降は、勤務時間内外の区別が明確になり、看護師たちの意識も大きく変化。業務内容を吟味したり、交代可能な残務を助け合ったりすることで、定刻に退勤できる看護師が徐々に増えていきました。また、「どの勤務帯で働く看護師なのか一目瞭然」「夜勤明けと知らずに指示を出すことがなくなった」と医師からの評判も上々だったそうです。

ユニフォーム2色制が導入されたのは2014年のこと。投票という民主的な方法で選ばれたこともあり、改革はスムーズに実現できたとか。院内の随所にポスターを掲示することで、患者さんに対しても取り組みの意図を周知しているそうです。

「働いてよかった」と思える病院をめざして

とはいえ、ユニフォーム2色制の導入だけで、すべての課題が解決したわけではありません。例えば、緊急入院や急変があった場合の対応もその一つ。看護師が業務過多になりがちで、始業時間より20分以上早く出勤して引き継ぎを行うといった働き方が常態化していました。

そうした状況から抜け出すために、熊本地域医療センターが2017年から取り組みをスタートさせたのが、ポリバレントナースの育成とwalking conferenceの実施です。

ポリバレントナースとは、サッカーの「ポリバレントプレイヤー(複数のポジションをこなすことのできる選手)」をヒントにした言葉で、複数の部署で活躍できる看護師を意味します。つまり、各部署で経験できる業務を一覧にし、看護師一人ひとりの意向を確認したうえで、積極的に院内留学やジョブローテーションを実施。突発的な業務にも柔軟に対応できる看護師を育成していったのです。

一方のwalking conferenceというのは、引き継ぎを行う担当者が一緒に現場を回り、ベッドサイドで患者情報を確認するスタイルのこと。そうすることで、口頭や書面での引き継ぎよりも効率が良くなり、バトンタッチがスムーズになったといいます。そして、そうした取り組みが功を奏し、2018年には出勤時間の正常化と残業時間の削減を実現。深夜残業に至っては「ゼロ」を達成することができました。

「はじめのうちは、“人を入れては辞める”の繰り返しでした。『働いてよかった』と思ってもらえる病院をめざした取り組みが、こうして実を結んだことは本当にうれしく思います」と話す、看護部長の大平久美さん。

仕事のオン/オフをはっきりさせ、働く人の心を豊かにすることを目指した同センターの取り組みは、「2018年度の看護師離職率が10%を切る」という成果にもつながっています。また、取り組みのすべてが「大規模投資が不要でありながら、持続可能性や汎用性が高い」という点も、審査員に高く評価されていました。

こうした取り組みを参考にして、看護師が働きやすい職場環境の整備に力を入れる医療機関が増えていってほしいですね。

取材・文:ナレッジリング
撮影:ブライトンフォト

業界ニュース情報便 ほかの記事も読む

  1. vol.114 転職活動中の方は必見!入職中の方にも★|看護師が今読みたい1冊!『科学的な適職』
  2. vol.110 映画『仮面病棟』坂口健太郎×永野芽郁が共演|現役医師が描くノンストップ脱出ミステリー!
  3. vol.109 患児の心を癒すファシリティドッグ&ハンドラーのお仕事とは?
  4. vol.108 クラシコ×ジェラート ピケのコラボウェア 2020年新作のキーワードは「新色・プリーツ・アイス柄」
  5. vol.113 【2020年合格発表】第103回 助産師国家試の合格状況|速報
  6. vol.112 【2020年合格発表】第106回 保健師国家試験の合格状況|速報
  7. vol.111 【2020年合格発表】第109回 看護師国家試の合格状況|速報
  8. vol.107 熊本地域医療センターが「看護業務の効率化 先進事例アワード2019」で最優秀賞を受賞
  9. vol.106 【2020年】第109回看護師・保健師・助産師国家試験の気になる合格率・ボーダは?
  10. vol.105 患者さんとのコミュニケーションをサポートする 新コンセプトのナースウェア「プロフェッショナルプライド」誕生
  11. vol.104 【直前対策】看護師国家試験の理想的な勉強法
  12. vol.102 イライラ・怒りをコントロール! ストレスフルな看護師が活用したい話題の「アンガーマネジメント」
  13. vol.103 医療現場で活用したい怒りを見方にする「アンガーマネジメント」
  14. vol.101 国試対策の理想的なスケジュール
  15. vol.100 【読者プレゼント】木下晋也 1コマ日めくり2020(カレンダー)
  16. vol.99 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(後編)
  17. vol.98 知っておきたい!看護師の「独立」という選択肢(前編)
  18. vol.97 ナガイレーベンと資生堂のコラボで誕生した 「肌がきれいに見える」ナースウェアとは?
  19. vol.96 新人看護師の転職ストーリー 経験者は語る!辞めたい理由と転職後の看護師人生
  20. vol.95 新卒でも挑戦可能!魅力いっぱい、訪問看護の世界
  21. vol.94 中堅看護師必見!チームの組織力を高める3つの方法
  22. vol.93 映画「家族を想うとき」~是枝監督も絶賛! 衝撃のラストは劇場で!
  23. vol.92 第109回看護師国家試験は2020年2月16日(日)
  24. vol.91 心が躍るような「意味のある花柄」って? ナースウェアブランドのサーヴォで、新作白衣の秘密に迫る
  25. vol.90 名匠ニコラ・フィリベール監督最新作『人生、ただいま修行中』インタビュー&聖路加国際大学の特別授業レポート
  26. vol.89 ジェラート ピケ×クラシコのコラボ! 仕事のモチベーションが上がる白衣の着心地を体験レポ
  27. vol.88 映画『人生ただいま修行中』看護師の卵40人の成長を記録した150日間の感動奮闘ドキュメント!
  28. vol.87 在宅における“理想の最期”を最新映画から学ぼう!
  29. vol.86 【レポート】ナース服は試着する時代に! 人気白衣ブランド「クラシコ」が期間限定ショップをオープン
  30. vol.85 看護職員を「今後増やす」、病院の3割超 訪問機能持つ病院は半数
  31. vol.84 5月12日「看護の日」
  32. vol.83 訪問看護師の仕事とは 最新映画から学ぶ在宅医療のリアル
  33. vol.82 「人間関係」で悩む看護師必見のアプリ登場! ―開発者インタビュー
  34. vol.81 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(後編)
  35. vol.80 日本初の国際看護学部が誕生/看護師国家試験で不適切問題
  36. vol.79 【2019年合格発表】第108回看護師・保健師・助産師国家試験の合格状況
  37. vol.78 「看護師辞めたい」のその前に!―辞めて後悔しないために知っておくべきこと(前編)
  38. vol.77 【2019年】第108回看護師・保健師・助産師国家試験、気になる合格率・ボーダは?
  39. vol.76 電子カルテ 統一化・標準化を求める動き/特定看護師の課題「医師の理解が得られていない」
  40. vol.75 病院の就業管理がスマホで可能に/特定看護師への期待と課題
  41. vol.74 地方で深刻な看護師不足-民間頼みの現状で、看護協会が紹介業務を強化も
  42. vol.73 訪問看護に新卒採用/「看多機」-介護も医療も自宅で
  43. vol.72 看護師不足は医師不足より深刻/遠隔死亡診断の動き加速
  44. vol.71 19種の勤務時間で働き方いろいろ!/看護学校入学者40才以上10倍
  45. vol.70 72時間ルール変更による夜勤負担を減らすには? みんなの夜勤手当はどれぐらい?
  46. vol.68 スマートベッドで負担軽減?/ナースコール対応、遅くなる理由
  47. vol.69 72時間ルール変更で「月夜勤増加&離職率アップ!?」
  48. vol.67 「特定行為研修制度」って何?
  49. vol.66 要注意! 看護師も気をつけたい「6月病」とは?
  50. vol.65 潜在看護師、短時間から復職/注目の栄養サポートチームって?
  51. vol.64 被災地で心のケア/ウェア型生体センサー
  52. vol.63 終末期リハビリ/「患者さんの暴力」に病院はどう対応すべきか?
  53. vol.62 国試出題傾向変更で批判殺到/医療的ケア児の通う学校に看護師
  54. vol.61 色効果が患者さんに好影響/児童養護施設
  55. vol.60 看護師の夜勤短縮/自宅で看取り
  56. vol.59 最新治療を動画配信/栄養チューブの誤挿入
  57. vol.58 全国初「医療コンシェルジュ」/新事業・看護師出向
  58. vol.57 大卒プラス2年で看護学学士/看護師国試の新傾向
  59. vol.56 過酷さ増す看護師の労働環境/他
  60. vol.55 犯人は患者さん!? 身近にせまる「看護師ストーカー」
  61. vol.54 コミュニティナース/護身術
  62. vol.53 学費と給料から考える、看護師のコスパ
  63. vol.52 医療現場の未婚化加速/他
  64. vol.51 准看護師の応募者が減少/夜間巡視を助けるライト
  65. vol.50 看護協会が提言する「病院で働く看護職の賃金のあり方」とは?
  66. vol.49 新卒看護師育成で定着率アップ/特定行為に係る看護師の研修制度
  67. vol.47 保育所整備などで働く看護師をサポート/養成課程を一部共通化
  68. vol.48 和歌山県・看護学部新設/週1時間から働ける
  69. vol.46 看護師の「9割超」が身体、精神の疲労を訴える/「高学歴看護師」が増加
  70. vol.45 「災害ナース」の事前登録制度が開始/看護師教育の年限4年を要望
  71. vol.44 看護師の離職率/求人倍率最高も、ミスマッチで就職には繋がらず
  72. vol.43 看護師の「夜勤72時間ルール」が変わる
  73. vol.42 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ2
  74. vol.41 診療報酬改定は看護現場に直結! 超高齢化社会到来で変わる看護師ニーズ1
  75. vol.40 15年連続年休取得の割合50%割れ/他
  76. vol.39 2016年度診療報酬改定 看護師への影響は/他
  77. vol.38 入院患者の満足度、過去最高に/他
  78. vol.37 がん細胞を分離・回収する装置開発/他
  79. vol.36 卵巣がん新薬、腫瘍消失効果確認/他
  80. vol.35 X線胃がん検診、当面は「毎年も可」/他
  81. vol.34 脂肪肝治療のカギとなる物質発見/他
  82. vol.33 災害医療分野の人材養成プログラム開始/他
  83. vol.32 心臓マッサージに新提言/他
  84. vol.30 人工血液の臨床試験開始/他
  85. vol.31 看護師の届出制度について/他
  86. vol.29 糖尿病の貼り薬、開発か/他
  87. vol.28 SOSを発信できるアプリ開発/他
  88. vol.27 痰の自動吸引システム開発/他
  89. vol.26 「心の病」労災認定、過去最多/他
  90. vol.25 准看護師から看護師への道広がる/他
  91. vol.24 新型出生前診断、35歳以下でも判定可能か/他
  92. vol.23 肥満による乳がんのリスク2.25倍に/他
  93. vol.22 認知症ケアの「ユマニチュード」とは?/他
  94. vol.21 血管の位置を確認できる装置、開発/他
  95. vol.20 医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理/他
  96. vol.19 「舌下免疫療法」公的保険対象に/他
  97. vol.18 世界初、精神疾患に関わる遺伝子の働きが明らかに/他
  98. vol.17 生理的なプロセスで眠りをもたらす睡眠薬/他
  99. vol.16 子育て中の看護師に朗報、新保育制度開始/他
  100. vol.14 突発性難聴に対する新たな治療方法が明らかに/他
  101. vol.15 PNSの導入で新たな課題が浮き彫りに/他
  102. vol.13 針なし注射器の開発に成功。実用化への期待高まる/他
  103. vol.12 看護職員の7割以上が疲労感、3割が「切迫流産」に/他
  104. vol.11 看護職員の腰痛訴え85%以上に/他
  105. vol.10 アルツハイマー病、一滴の血液で診断可能に/他
  106. vol.09 スマートフォンで患者の危険を素早く察知/他
  107. vol.08 感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす/他
  108. vol.07 見舞い用の花、持ち込み禁止の見直しも/他
  109. vol.05 「勤務編成の基準」ガイドライン策定の実現について/他
  110. vol.06 特定行為にかかわる看護師の研修制度、検討事項も多く/他
  111. vol.03 診療報酬改定をきっかけに病院の大リストラがはじまる/他
  112. vol.04 日本での外国人看護師の受け入れ条件は厳しすぎる?/他
  113. vol.01 注目される「看護専門外来」は、高度化する医療を支える礎に/他
  114. vol.02 いま問われる、男性看護師との円滑なコミュニケーション/他