ママになっても働きたい!ブランクナースの復職レッスン

復職時におさえておきたい履歴書の書き方

第48回目

復職を果たすためには、履歴書が通らなければなりません。でも、いざ履歴書に向かうと、「何をどう書いたらいいの?」と悩んでしまう人も多そう。そこで今回は、復職に向けた”履歴書の書き方のポイント”を伝授しましょう。

採用側が履歴書で重要視することは?

「看護師は働く場に困らない」と言われたりもしますが、これはあくまで一般論。人気のある病院だと、看護師が不採用になるケースも決して珍しくはありません。そして、そうならないためにしっかりおさえておきたいのが、履歴書の書き方です。「たかが紙一枚」と思うかもしれませんが、履歴書は採用する側が「面接するかどうか」を決めるための判断材料。自分の人となりや思いを込めた一枚に仕上げる必要があります。

復職の場合、採用する側が特に重視するのは、「なぜ今の時期に復職を希望したか」や「どのような条件で働くことができるのか」といった志望動機。採用担当者は、その内容から「仕事に対する熱意」や「採用ニーズにマッチした人材かどうか」を読み取ろうと考えているため、「復職したい理由」を明確かつ具体的に記載することを心がけてください。また、それまでの経験にあわせて配属先を考慮してくれる場合もあるので、前の職場ではどの科に所属をしていたのか、どんな職務を経験したのか、どんな学びがあったのかなどについても、あわせて記載するといいでしょう。

病院にとっても自分にとっても、”いい条件”を提示できる内容に

とはいえ、志望動機について悩みすぎると、そこで手が止まって、履歴書作成が進まなくなってしまうことも。ポイントは、①これまでどのような経験を積んできたのか、②どんな強みがあるのか、③(応募先の)どこに魅力を感じて選んだのか、④どんなことに貢献できるのかなどを盛り込んで、自分の意志や思いを伝えること。例えば、「自宅からも、子どもの送り迎えにも立地がいいので、これから先のことを考えて長く勤められる場所を希望していました。前職では小児科に勤務し、診療に対する知識や技術はもちろん、子どもたちとのコミュニケーション能力も身についたと自負しています。そうした経験、スキルを生かして〜」といったように、病院にとっても自分にとっても、”いい条件”を提示できる内容にするといいでしょう。

繰り返しになりますが、志望動機はかなり重要視され、採用する側は必ず目を通すので、しっかりと考えをまとめてから書くことが大切です。

書き直しを避けるため、すべての項目を下書きしておきましょう

履歴書は正確に、そして不備がないように確認をしましょう。履歴書を送る際は、履歴書だけではなく、看護師資格のコピーや職務経歴書が必要な場合もあるので、その点にも注意してください。

また、何も準備をしないうちから直接履歴書に書き込むと、途中で間違えたり、内容が浅くなったりすることが多々あります。そのたびに書き直していると集中力が途切れてしまうので、記入前の履歴書をコピーし、すべての項目を下書きしてから清書することをおすすめします。

ブランクナースを応援!
マイナビ看護師の「復職・ブランクOKの求人特集」をチェック!

プロフィール

中澤 真弥(なかざわ まや)

看護師ライター

現役の看護師として働きながらフリーライターとして活動。ほかにも大学非常勤教員、パラアスリート専属ライター、カメラマンなど幅広く活動を広げる。また、3人の子育て中に復職、転職を経験したことから、女性のワークライフバランスや看護師の新たな働き方について講演、スピーチなどを行う。著書4冊。

ブランクナースの復職レッスン ほかの記事も読む

  1. vol.49 復職時に実践してほしいメモのコツ
  2. vol.48 復職時におさえておきたい履歴書の書き方
  3. vol.47 復職の不安を解決してくれるおすすめの本
  4. vol.46 子どもの年齢と復職のタイミングとは?
  5. vol.45 復職時に持っておきたいおすすめアイテム
  6. vol.44 夜勤のある病院への復職
  7. vol.42 復職で時短勤務をするときのメリット・デメリット
  8. vol.43 ブランクからの復職にぴったりな看護師求人
  9. vol.41 復職先がなかなか決まらないとき見直したいこと
  10. vol.40 【復職対策】復職で失敗しないために注意したい「3つのポイント」
  11. vol.39 復職にありがちなトラブルを乗り切る方法!
  12. vol.38 復職時、不安に感じた看護現場のギャップ「昔と今でこんなに違うなんて!」
  13. vol.37 看護師の復職「三大不安要素」を解決する方法
  14. vol.36 復職直後の不安を乗り切る3つの心構え
  15. vol.35 【看護師の復職】成功させるための情報収集法
  16. vol.34 復職前に受けておくと安心できる看護師支援セミナー
  17. vol.33 「自分らしい働き方」をかなえる勤務先の条件
  18. vol.32 パートから始めるブランク看護師のメリット
  19. vol.31 ワーク・ライフ・バランスを考えた転職が復職成功の秘訣!
  20. vol.30 復職前にもう一度確認したいスキル~静脈注射の成功のコツ~
  21. vol.29 復職で成功する人間関係の作り方
  22. vol.28 復職直後に「辞めたい」と思ったときの対処方法
  23. vol.27 【復職の不安解消!】必要なバイタルサインの学習法とは?
  24. vol.26 復職の不安を解消! ブランクナースが身につけておきたい復職スキル
  25. vol.25 復職前に確認しておきたい3つのポイント
  26. vol.24 復職するなら今! 子どもの入学に向けて復職準備をはじめよう
  27. vol.23 看護師が復職・転職する狙いめは「1月」!?
  28. vol.22 隙間時間でできる勉強方法~冬休み特別集中講座~
  29. vol.21 【いつやるの?】来春の復職計画は今年のうちにが◎!
  30. vol.20 タイプ別~ブランク後の復職診療科・部署の選び方
  31. vol.19 復職の不安は人付き合い? ストレスフリーな人間関係を築く方法
  32. vol.18 復職で希望条件に合った求人を見つけるポイント
  33. vol.17 復職の不安を解消する効果的な勉強法~夏の特別授業編~
  34. vol.16 ママ看護師直伝! 家事と仕事の時短テク3
  35. vol.15 不安解消! 復職して1週間でやるべき2つのポイント
  36. vol.14 復職はパートか正社員か? ブランクナースの成功する働き方選択
  37. vol.13 フォロー体制が整っている職場で復職の不安を解消!
  38. vol.12 ブランクナースの不安解消!成功する面接対策
  39. vol.11 これは持っているべき! 復職看護師さんの厳選7つ道具
  40. vol.10 ブランクの不安を解消するためにするべきこと~復職スムーズ計画!
  41. vol.9 復職1日目に好印象を与えるには
  42. vol.8 現役ママ看護師に聞いた「私はこうして復職しました!」エピソード
  43. vol.7 子どもが体調不良のとき、どうする!? 現役ママ看護師に聞いてみました
  44. vol.6 ママ看護師の復職にあたって、読むべき本や必要な勉強とは?
  45. vol.4 ママ看護師も安心! 魅力的な院内保育の条件とは?
  46. vol.5 ブランク看護師 復職するときに気になるポイント3選
  47. vol.3 男性看護師だからできる! 出産後の妻をサポートする3つの方法
  48. vol.2 復職先の人間関係が不安…復職で失敗しない方法とは!?
  49. vol.1 復職……でも、身体がもつか心配? 上手な体力温存のコツ