ママになっても働きたい!ブランクナースの復職レッスン

復職で時短勤務をするときのメリット・デメリット

第42回目

時短勤務の労働時間は原則1日に6時間。労働時間は短いものの、正社員と同じ扱いになるのが時短勤務です。幼い子どもを持つ看護師にとっては、家庭と仕事の両立を目指すため、勤務形態の選択肢に入りますが、働きやすさを感じる一方で心苦しさを抱えることも。
今回は時短勤務についてお伝えします。

時短勤務のメリット

時短勤務の目的は、看護師確保とワークライフバランスの推進といわれています。特に子育て中はいくら時間があっても足りないのが現状です。そのため、正社員を諦めてパートになるか、もしくは働くこと自体諦めてしまうことも少なくありません。

以前の看護師の働き方は、フルタイムもしくはパートといった選択肢しかありませんでしたが、現在は多様な勤務形態を導入する動きがみられています
時短勤務は通常の勤務より早く帰ることが可能なので、家族との時間や家事に費やすことができます。また、時間の使い方を工夫することによって勉強の時間にあてることもできるので、キャリアの継続が可能に。正社員の勤務時間では働けずパートを考えている方にはおすすめの勤務形態です。給与面ではフルタイムの人に比べると少なくなりますが、毎月の安定した給与、福利厚生、退職金制度などは正社員と同様の扱いになります。

\多様化する勤務形態/

・パート
・アルバイト
・派遣社員
・正社員~時短勤務・夜勤ナシなど~
・契約社員
・嘱託社員

など 

時短勤務のデメリット

復職後の時短勤務にありがちなデメリットを挙げると、フルタイムの人より早く帰ることになるので、何となく申し訳ない気持ちになってしまうこと。特に受け持ちなどの病棟業務では、日勤帯のスタッフに申し送りを行い、負担をかけてしまうことに後ろめたさを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
申し訳ないと気を遣いすぎてしまうあまり、「なぜこんなにも小さくなって謝っているのだろう」と復職したことに後悔してしまうことも。
時間内に終わらせようと焦ってしまうと、インシデントやアクシデントにつながる可能性もでてきますので、退勤の時間が迫っていても、落ち着いて業務にあたることを心がけましょう
また、給与、賞与にも違いがあります。医療施設によってさまざまですが、フルタイムと比べて平均5万円くらいの差があるといわれています。業務内容は大きな差がないことから、働き続けていくうちに給与面での悩みがでてくることがあります。

時短勤務をうまく活用!

復職後に時短勤務を開始してすぐにモヤモヤしてしまいがちなのが、「早く帰る」「業務を残す」「金銭面」などのこと。しかし、あなたが早く帰宅することで業務がまわらないということはありませんので、必要以上に責任を感じる必要はありません。
それよりも自分でできることをコツコツと正確にこなしていくことが大切です。そして退勤時には引き継ぎをしっかり行うなど、自分の退勤後に仲間が困らないよう、情報をきちんと伝えておくようにしましょう。

時短勤務は一時のこと。早く帰宅できるうちに、子どもと過ごしたり、家事をしたり、勉強に費やしたりと、時間を有効に使えるといいですね。

復職後に時短勤務を開始してすぐにモヤモヤしてしまいがちなのが、「早く帰る」「業務を残す」「金銭面」などのこと。しかし、あなたが早く帰宅することで業務がまわらないということはありませんので、必要以上に責任を感じる必要はありません。
それよりも自分でできることをコツコツと正確にこなしていくことが大切です。そして退勤時には引き継ぎをしっかり行うなど、自分の退勤後に仲間が困らないよう、情報をきちんと伝えておくようにしましょう。

時短勤務は一時のこと。早く帰宅できるうちに、子どもと過ごしたり、家事をしたり、勉強に費やしたりと、時間を有効に使えるといいですね。

プロフィール

中澤 真弥(なかざわ まや)

看護師ライター

現役の看護師として働きながらフリーライターとして活動。ほかにも大学非常勤教員、パラアスリート専属ライター、カメラマンなど幅広く活動を広げる。また、3人の子育て中に復職、転職を経験したことから、女性のワークライフバランスや看護師の新たな働き方について講演、スピーチなどを行う。著書4冊。

ブランクナースの復職レッスン ほかの記事も読む

  1. vol.43 ブランクからの復職にぴったりな看護師求人
  2. vol.42 復職で時短勤務をするときのメリット・デメリット
  3. vol.41 復職先がなかなか決まらないとき見直したいこと
  4. vol.40 【復職対策】復職で失敗しないために注意したい「3つのポイント」
  5. vol.39 復職にありがちなトラブルを乗り切る方法!
  6. vol.38 復職時、不安に感じた看護現場のギャップ「昔と今でこんなに違うなんて!」
  7. vol.37 看護師の復職「三大不安要素」を解決する方法
  8. vol.36 復職直後の不安を乗り切る3つの心構え
  9. vol.35 【看護師の復職】成功させるための情報収集法
  10. vol.34 復職前に受けておくと安心できる看護師支援セミナー
  11. vol.33 「自分らしい働き方」をかなえる勤務先の条件
  12. vol.32 パートから始めるブランク看護師のメリット
  13. vol.31 ワーク・ライフ・バランスを考えた転職が復職成功の秘訣!
  14. vol.30 復職前にもう一度確認したいスキル~静脈注射の成功のコツ~
  15. vol.29 復職で成功する人間関係の作り方
  16. vol.28 復職直後に「辞めたい」と思ったときの対処方法
  17. vol.27 【復職の不安解消!】必要なバイタルサインの学習法とは?
  18. vol.26 復職の不安を解消! ブランクナースが身につけておきたい復職スキル
  19. vol.25 復職前に確認しておきたい3つのポイント
  20. vol.24 復職するなら今! 子どもの入学に向けて復職準備をはじめよう
  21. vol.23 看護師が復職・転職する狙いめは「1月」!?
  22. vol.22 隙間時間でできる勉強方法~冬休み特別集中講座~
  23. vol.21 【いつやるの?】来春の復職計画は今年のうちにが◎!
  24. vol.20 タイプ別~ブランク後の復職診療科・部署の選び方
  25. vol.19 復職の不安は人付き合い? ストレスフリーな人間関係を築く方法
  26. vol.18 復職で希望条件に合った求人を見つけるポイント
  27. vol.17 復職の不安を解消する効果的な勉強法~夏の特別授業編~
  28. vol.16 ママ看護師直伝! 家事と仕事の時短テク3
  29. vol.15 不安解消! 復職して1週間でやるべき2つのポイント
  30. vol.14 復職はパートか正社員か? ブランクナースの成功する働き方選択
  31. vol.13 フォロー体制が整っている職場で復職の不安を解消!
  32. vol.12 ブランクナースの不安解消!成功する面接対策
  33. vol.11 これは持っているべき! 復職看護師さんの厳選7つ道具
  34. vol.10 ブランクの不安を解消するためにするべきこと~復職スムーズ計画!
  35. vol.9 復職1日目に好印象を与えるには
  36. vol.8 現役ママ看護師に聞いた「私はこうして復職しました!」エピソード
  37. vol.7 子どもが体調不良のとき、どうする!? 現役ママ看護師に聞いてみました
  38. vol.6 ママ看護師の復職にあたって、読むべき本や必要な勉強とは?
  39. vol.5 ブランク看護師 復職するときに気になるポイント3選
  40. vol.4 ママ看護師も安心! 魅力的な院内保育の条件とは?
  41. vol.3 男性看護師だからできる! 出産後の妻をサポートする3つの方法
  42. vol.2 復職先の人間関係が不安…復職で失敗しない方法とは!?
  43. vol.1 復職……でも、身体がもつか心配? 上手な体力温存のコツ