ママになっても働きたい!ブランクナースの復職レッスン

【復職対策】復職で失敗しないために注意したい「3つのポイント」

第40回目

「看護師の資格があるのだから」という過信から、なんとかなるだろうと復職にチャレンジ! しかし現実はそんなに甘くありません。今回は、復職で失敗しないために心がけたい3つの対策についてご紹介します。

復職で失敗しない①:「断る勇気をもつ」

ブランク後の復職は、なにかと焦りを感じてしまいがちです。実力以上の自分をつくろい、ときには疲弊しまうことも。私は、復職先した途端に働く条件に変更が出てしまったという経験があります。
人手不足により、希望していた休みが突如返上となり、子どもの行事に参加できなかったことがありました。しかし、なんとか早く職場になじみたいという思いから無理を続けていたら、それが積み重なっていき、だんだん家庭とのバランスがとれなくなっていました。その原因はもちろん、自分をよく見せたくて承諾してしまったこと。仕事を頼まれたときに曖昧な返事をしてしまったのも反省点です。その結果、シフトの変更や頼まれごとが多くなってしまいました。少しでもよく思われたくて頑張っていましたが、実は都合のいい復職看護師だったのかもしれません。
「曖昧な返事をしない」「断る勇気をもつ」「無理をしない」ことが仕事を継続するコツであり、失敗しにくい復職の土台を作ることができるのではないでしょうか。

復職で失敗しない②:「相手の都合に合わせない」

復職時に行った面談では、「病棟によってそれぞれ異なるので、シフトのことは相談しあってください」という返事だったので、臨機応変に対応してくれるのかと勝手に思い込んでいました。
しかし、後になってから、“病棟のことは病棟の人に”という看護部長の考えがあり、病棟ごとにルールが大きく違っていることがわかったのです。病院側が各病棟の内情を理解しないまま配属されるため、人の入れ替わりが多かったように思います。
復職で失敗しないための入り口は「面談」です。看護部長や看護師長など、トップに立つ方の人柄や雰囲気は、職場に全て表れているといっても過言ではありません。
希望する条件を聞き入れてもらえず、求人内容と大きく違いがあった場合には、出直すことを考慮するのも大切。入職できたとしても継続しなければ、また同じことの繰り返しです。素直に自分の意見を言うことが、復職に失敗しないためのコツ。相手の都合に合わせず、自分の環境と照らし合わせながら働く条件を提示していきましょう。

 

復職で失敗しない③:「自分を取りつくろわない」

過去の経験からですが、無意識にプライドが邪魔をしてしまったことがあります。
面談などで何か質問されるたびに「経験したことがあります」と言ってしまったため、プリセプターが付かないことになってしまったのです。事あるごとに昔のテキストを引っ張り出したり、新たに参考書を購入したりと、1人でできるようになるまでに時間がかかりました。
検査の見学に新人看護師が呼ばれるときも、私には声がかからなかったため、常にアンテナを張っていなければなりませんでした。物品や器械はもちろん、手技も変化し続けているため、経験があっても一から学ぶ姿勢とやる気を見せるのは大切だと重く受け止めました。
プライドが許さなくても、それは今だけのこと。知識や技術を習得するまではしっかり指導を受けることを念頭に置きましょう。

ブランクナースを応援!
マイナビ看護師の「復職・ブランクOKの求人特集」をチェック!

プロフィール

中澤 真弥(なかざわ まや)

看護師ライター

現役の看護師として働きながらフリーライターとして活動。ほかにも大学非常勤教員、パラアスリート専属ライター、カメラマンなど幅広く活動を広げる。また、3人の子育て中に復職、転職を経験したことから、女性のワークライフバランスや看護師の新たな働き方について講演、スピーチなどを行う。著書4冊。

ブランクナースの復職レッスン ほかの記事も読む

  1. vol. 復職で時短勤務をするときのメリット・デメリット
  2. vol.41 復職先がなかなか決まらないとき見直したいこと
  3. vol.40 【復職対策】復職で失敗しないために注意したい「3つのポイント」
  4. vol.39 復職にありがちなトラブルを乗り切る方法!
  5. vol.38 復職時、不安に感じた看護現場のギャップ「昔と今でこんなに違うなんて!」
  6. vol.37 看護師の復職「三大不安要素」を解決する方法
  7. vol.36 復職直後の不安を乗り切る3つの心構え
  8. vol.35 【看護師の復職】成功させるための情報収集法
  9. vol.34 復職前に受けておくと安心できる看護師支援セミナー
  10. vol.33 「自分らしい働き方」をかなえる勤務先の条件
  11. vol.32 パートから始めるブランク看護師のメリット
  12. vol.31 ワーク・ライフ・バランスを考えた転職が復職成功の秘訣!
  13. vol.30 復職前にもう一度確認したいスキル~静脈注射の成功のコツ~
  14. vol.29 復職で成功する人間関係の作り方
  15. vol.28 復職直後に「辞めたい」と思ったときの対処方法
  16. vol.27 【復職の不安解消!】必要なバイタルサインの学習法とは?
  17. vol.26 復職の不安を解消! ブランクナースが身につけておきたい復職スキル
  18. vol.25 復職前に確認しておきたい3つのポイント
  19. vol.24 復職するなら今! 子どもの入学に向けて復職準備をはじめよう
  20. vol.23 看護師が復職・転職する狙いめは「1月」!?
  21. vol.22 隙間時間でできる勉強方法~冬休み特別集中講座~
  22. vol.21 【いつやるの?】来春の復職計画は今年のうちにが◎!
  23. vol.20 タイプ別~ブランク後の復職診療科・部署の選び方
  24. vol.19 復職の不安は人付き合い? ストレスフリーな人間関係を築く方法
  25. vol.18 復職で希望条件に合った求人を見つけるポイント
  26. vol.17 復職の不安を解消する効果的な勉強法~夏の特別授業編~
  27. vol.16 ママ看護師直伝! 家事と仕事の時短テク3
  28. vol.15 不安解消! 復職して1週間でやるべき2つのポイント
  29. vol.14 復職はパートか正社員か? ブランクナースの成功する働き方選択
  30. vol.13 フォロー体制が整っている職場で復職の不安を解消!
  31. vol.12 ブランクナースの不安解消!成功する面接対策
  32. vol.11 これは持っているべき! 復職看護師さんの厳選7つ道具
  33. vol.10 ブランクの不安を解消するためにするべきこと~復職スムーズ計画!
  34. vol.9 復職1日目に好印象を与えるには
  35. vol.8 現役ママ看護師に聞いた「私はこうして復職しました!」エピソード
  36. vol.7 子どもが体調不良のとき、どうする!? 現役ママ看護師に聞いてみました
  37. vol.6 ママ看護師の復職にあたって、読むべき本や必要な勉強とは?
  38. vol.5 ブランク看護師 復職するときに気になるポイント3選
  39. vol.4 ママ看護師も安心! 魅力的な院内保育の条件とは?
  40. vol.3 男性看護師だからできる! 出産後の妻をサポートする3つの方法
  41. vol.2 復職先の人間関係が不安…復職で失敗しない方法とは!?
  42. vol.1 復職……でも、身体がもつか心配? 上手な体力温存のコツ